仮想通貨取引所

Bittrexのアカウントから出金できないトレーダーが続出している問題に見る海外の仮想通貨取引所を利用するリスク


出典:bittrex
中国のBinance(バイナンス)や韓国のBithumb(ビッサム)、香港のBitfinex(ビットフィネックス)、アメリカのGDAX(ジーダックス)など、世界には優に100を超える数の仮想通貨取引所があります。それらの人気取引所では日々数万BTCもの取引出来高が記録されており、世界中の投資家から大いに支持されていることがよく分かります。

しかし、これから仮想通貨取引を始めようと思っている方には、海外の仮想通貨取引所を利用するのは考え直した方が良いと助言いたします。

というのも、世界トップクラスの取引量・人気を誇っているアメリカの仮想通貨取引所・Bittrex(ビットレックス)に関して、近頃ユーザーの間で悪評が広まっているのです。「ツールが使いにくい」とか「レイアウトがダサい」といった単なる個人的な愚痴ではなく、仮想通貨取引の資産運用を営む上で多大な支障を及ぼす問題が指摘されています。

海外の仮想通貨取引所に興味のある方は、口座開設する前にぜひ本記事をご一読ください。

Bittrexとは?


出典:bittrex
Bittrexは、世界最大のアルトコイン取引所・Poloniex(ポロニエックス)やcoinbase(コインベース)と並び、圧倒的な人気を誇っているアメリカの仮想通貨取引所です。設立は2014年。定番のビットコインをはじめ、イーサリアムやライトコイン、ブラックコイン、ユービックなど多彩なアルトコインを取り揃えています。

ICOを終えたばかりの話題の仮想通貨もいち早く取り扱っているため、24時間あたりの仮想通貨取引量が世界ナンバーワンを記録することも珍しくありません。まさに、世界中のトレーダーから支持されている仮想通貨業界の帝王的存在です。

Bittrexが評価されている理由をまとめると、主に以下の3つが挙げられます。

  • 取扱銘柄数が豊富
    約200種類もの将来性抜群な仮想通貨の取引が可能。日本国内の仮想通貨取引所の中にはビットコインの他にほんの数種類しか仮想通貨を取り扱っていないところが珍しくないため、アルトコインを取引したい方にとって非常に重宝します。
  • 流動性が高い
    Bittrexでは、一日に20万BTC以上の取引が行われています。流動性の高さは値動きの大きさ、そして優れた約定力につながり、日々取引を繰り返すデイトレードにうってつけです。
  • チャートが使いやすい
    仮想通貨の値動きを図示したチャートに、移動平均線やMACDなどの各種テクニカル指標を適用することができます。値動きの確認しか出来ない取引所が多い中、テクニカル分析にも対応しているのは非常に便利。利用料はもちろん無料なので、安心して活用できる魅力があります。

これだけのメリットを見たら、「なんだ、日本国内の仮想通貨取引所よりBittrexの方が圧倒的に良いじゃん」と思うかもしれませんね。しかし、海外の仮想通貨取引所には思いもよらぬ致命的なデメリットがあるということをこれからご説明しましょう。

Bittrexで続出しているトラブル

まず、Bittrexのデメリットとして主に以下の3点が挙げられます。

  • 手数料が高い
    Bittrexでは、全ての取引に0.25%の手数料がかかります。国内の仮想通貨取引所ではビットコイン・アルトコイン共に取引手数料無料というところもあるので、このトレードコストは軽視できない負担になります。
  • ハッカーの標的にされている
    世界的注目度を誇っている人気取引所だけあって、Bittrexのサーバは日々ハッカーの攻撃に晒されています。2017年11月下旬にもDDoS攻撃を喰らい、一時サイトが不安定になったことがありました。つい最近も韓国の大手仮想通貨取引所・ユービットが北朝鮮からのハッキングによって破産に追いやられたばかりなので、セキュリティに力を入れているといっても一抹の不安がよぎります。
  • 日本語・日本円に未対応
    海外の仮想通貨取引所は、日本人トレーダーを優遇するようなことをしていません。サイトは全て英語あるいは現地の言語で記述されており、日本語に対応しているところはほぼ皆無です。そして日本円にも対応していないので、一旦海外通貨に交換してから入金する必要があり非常に手間がかかります。

そして数か月ほど前から、Bittrexでユーザーのアカウントが次々に凍結されるという謎の事態が頻発するようになりました。これは、セキュリティの強化およびコンプライアンスの順守のために、本人確認を行っていないアカウントやマネーロンダリングが疑われるような怪しいアカウントに対して停止措置をとったことが原因でした。

それなら本人確認をすれば良いのですが、なんとBittrexでは本人確認書類としてパスポートしか認めていないのです。運転免許証や健康保険証しか持っていない方にとってはたまったものではありません。しかもその後Bittrexサポートに連絡する必要があり、英語を話せない方は最悪出金不能に陥ってしまうリスクがあります。

認証基準の甘いBasic Accountに切り替えて少額ずつ(一日あたり0.25BTCが上限)引き出していくという方法もあるようですが、どちらにせよ大手取引所のやることとは思えないほど杜撰な対応と言えるでしょう。

ちなみにBittrexでは、2017年12月24日現在でも新規アカウントの作成が不能になっています。

出典:bittrex

増加するトラフィックに対応するためにシステムのアップグレードが必要であり、当面新規ユーザーの登録を見合わせるとのことです。影響のあったアカウントは全体の一部とはいえ、今回の事件でBittrexが一法人として失ってしまった信用は甚大です。

日本人トレーダーでも安心して使える国内仮想通貨取引所

このように海外のサービスは基本的に不親切であり、親身なサポート体制に慣れている日本人トレーダーにとって戸惑うことが少なくありません。仮想通貨で資産運用を行うなら、取引環境のクオリティだけでなく、安心して利用し続けられる社会的信頼性を軽視することは出来ないでしょう。

アメリカや中国、韓国など多くの国々で大規模なハッキング事件が頻発している中、堅実に安定したシステムを守り続けている日本の仮想通貨取引所の偉大さがよく分かります。取引所選びに迷った時は、ぜひ以下の記事を参考にして自分に合った仮想通貨取引所を探してみてください。

国内主要販売所・取引所の特徴11項目を徹底比較!

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨取引所

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.