ビットコインの基礎知識

ビットコインはポイントやゲーム内通貨とどう違うのか?

更新日:

ポイントはレートが固定されていて、ゲーム内通貨は使用範囲が限定される

多くの店舗やネットショップでも使うことができる仮想通貨の代表格ビットコイン。
各社が提供するポイントやゲーム内通貨とはどのような違いがあるのでしょうか。身近なものと比べることで、よりビットコインの特徴を知ることができます。

ここでは譲渡や売買ができることやレートが常に変動すること、ポイントやゲーム内通貨との違いについて紹介します。

ポイントは他人への譲渡や売買ができないので自分で使うしかない

多くの人が何らかのポイントを貯めて生活の中で使っていますが、ポイントとビットコインはどんな点が違うのでしょうか。
ポイントにはない長所をビットコインはいくつも持っており、違いを知ることでビットコインの利便性の高さを改めて認識できます。ここでは、ビットコインは他人へ譲渡できますがポイントは譲渡ができない違いについて確認していきましょう。

ビットコインは他人へ譲渡できるが、ポイントは他人へ譲渡できない

ビットコインとポイントの違いはいくつかありますが、その中の1つに他人への譲渡があります。
楽天スーパーポイント・Tポイント・dポイント・WAON・Pontaなどのさまざまなポイントがありますが、基本的に他人への譲渡はできず、ポイント付与者が利用しなければなりません。

「楽天スーパーポイントが2,000ポイントあるから▲▲さんにチャージするよ」
「Tポイントが1,000ポイントあるけど使わないからあげるよ」
「Pontaが800ポイントあるけど使わないので●●さんのPontaにまとめてあげるよ」

のように誰かにポイントをあげたり、まとめること自体できないようになっています。

もちろんポイントを他人と売買することもできません。
一方、ビットコインは買い物などで自分で使うこともできますし、他人に送金して送金者に使ってもらうこともできます。新規ウォレットを開設すれば簡単に世界中の相手に手数料ゼロ円でも送金することが可能です。

「●●さんに10ビットコインをあげるから好きに使ってよ!」
「今後価値が上がるかもしれないのでプレゼントに1ビットコインあげる!」のように自由にやり取りができます。

ビットコインの残高や取引履歴などはすべてオープンにされますが、個人情報は使わずオープンになるのも暗号情報のみですので、「誰が誰にいくら送金した」「誰がいくら持っている」というのを他人が知ることはできません。

ポイントは交換レートが決まっているがビットコインは常に変動する

ポイントと現金の交換レートは常に固定されているため、1ポイントが100円や200円、1,000円などの価値に上がることはありません。しかし、ビットコインは現金との交換レートが常に変動するため、1ビットコインの価値が上がることも下がることもあります。

交換レートが変動するからこそ、タイミング次第で価値を高めて使うことが可能です。

ポイントは「1ポイント=1円」など交換レートが常に固定されている

楽天スーパーポイント・Tポイント・Pontaポイントなど、多くのポイントが店舗での買い物やネットショッピングなどの際に支払いに充てることができます。支払いに充てられないポイントに関しても、電子マネーに交換して買い物の際に使うことが可能です。
ポイントはレートが固定されているため、常に交換価値は一定です。

例えば、楽天スーパーポイントもTポイントもPontaポイントも「1ポイント=1円相当」のレートになっており「100ポイント=100円、1,000ポイント=1,000円」として使うことができます。

ほとんどのポイントが1ポイント=1円相当ですが、なかには2ポイント=1円相当のものもあり、基本的にポイント発行元のポイント規則が変わらない限りレートが変わることはありません。

固定レートなので「●●ポイントあるから▲▲円として■■に使おう」と計算しやすいメリットがある一方で、価値が上がらないというデメリットがあります。

ビットコインと現金との交換レートは常に変動している

各社が提供するポイントは固定レートなため、ポイントの価値が変わることは基本的にありません。
しかし、ビットコインと現金との交換レートは常に変化をしています。例えば2017年7月11日17時現在の1ビットコインは272,300円ほどで、6月28日は271,000円ほどでした。

6月15日は257,000円近くまで下がったこともありますし、昨年10月には6万円台だったこともあります。
ビットコインは為替や株などと同じで、需給バランスによって価格が常に変動しています。そのため、1ビットコインの価値が高い時もあれば低い時もあるため、価値が高い時に使ったり現金に換金すれば大変おトクです。

仮に10ビットコインを持っていて、1ビットコイン=20万円であれば「10ビットコイン×20万円=200万円」の価値があり、1ビットコイン=8万円であれば「10ビットコイン×8万円=80万円」の価値となります。
常にレートが変動するビットコインは固定レートのポイントと違い、ビットコインを購入した時よりもレートが上がればトクしますし、レートが下がれば損をしてしまいます。

「価値が上がる」メリットもあれば、「価値が下がる」デメリットもあるということです。
できる限りレートが低い時に購入して高い時に使ったり換金すれば、何倍〜何十倍もの価値になります。

ゲーム内通貨とポイントにはどんな違いがあるのか?

多くの人がスキマ時間を利用してスマホのアプリゲームをしており、1人で何種類ものゲームを同時に進めている人もいます。

プレイして条件をクリアするごとにゲーム内通貨が貯まり、ゲーム内のさまざまなことに使用できます。ゲーム内通貨と各社のポイントは似ているような感じがしますが、どういった違いがあるのでしょうか。

ゲーム内通貨とポイントの違いとは?使える場所・使える範囲が違う

現在多くのゲームでゲーム内通貨が発行されており、武器や防具などのアイテムを買うことができます。
ゲームを1ステージクリアしたり敵を倒すなど、条件をクリアすると通貨が貰えてどんどん貯まっていき、操作するキャラクターの強化や特別なキャラクターを登場させることができます。

ゲーム内通貨とポイントは「何かに使える」「何かを買うことができる」という点は一緒ですが、「使える範囲」が違います。
ゲーム内通貨はあくまでもそのゲーム内でしか使うことができず、現実社会では使うことができません。どれだけゲーム内通貨をたくさん保有していたとしても「ゲーム内通貨1,000で日用品を買おう」「もうゲームをしなくなったが通貨が1万余っているため洋服を買おう」などすることはできません。

ポイントの場合はゲーム内で使えるものはほとんどありませんが、現実社会の買い物やサービスの支払いに充てることができます。
ポイントの発行元や獲得した会社、サイトだけでなく、多くの実店舗やネットショップで利用できます。ゲーム内通貨とポイントとでは使える場所・使える範囲が異なります。

現実社会で使えるビットコインはゲーム内通貨の進化系!?

ビットコインはゲーム内通貨とある意味似ている部分があるため、ゲーム内通貨の進化形と言えるかもしれません。
なぜ、ビットコインはどんどん広まり、買い物やサービスの支払いなどにも使えるのでしょうか。また、ゲーム内通貨はなぜ現実社会では使えないのでしょうか。

ビットコインはゲーム内通貨とある意味似ている点もある

ビットコインはゲーム内通貨と同じように、まずはアカウントなどを作成する必要があります。

その後に現金をビットコイン(ゲーム内通貨)に替えて、自分の口座で管理されます。このようにある意味似ている点がありますが、ビットコインは国内でも海外でも交換せずに使えるグローバル通貨で現実社会でも使える仮想通貨です。

お金と交換可能になって初めて「お金」としての価値を持つ

ビットコインのように、お金と交換できるようになって始めて現実社会において価値を持ちます。
その点、ゲーム内通貨はお金と交換ができませんので、現実社会においては価値がなく役立ちません。

いずれはゲーム内通貨もお金と交換できるようになったり、ビットコインの方がお金よりも価値が高くなり、現在使っているお金がお金という概念を持たなくなる可能性もあるでしょう。
現時点においてはお金と交換できるものだからこそ、「お金」としての価値を持って使うことができます。

ビットコインは自由に広い範囲で使えて価値も変動する

いかがでしたでしょうか。
ビットコインはポイントのように譲渡できないということがなく、いつでも好きな人に送金することが可能です。交換レートも常に変動し、店舗やネットショップなど使える場所もたくさんあります。

ポイントやゲーム内通貨とも似ている点はありますが、「使える範囲が広い」「価値が変わる」「グローバルに使用できる」などの異なる特徴も非常に多くあります。ビットコインが気になる方は、さらに多くの特徴を把握した上で購入を検討してみてもいいかもしれません。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.