ビットコインの基礎知識

意外と身近なビットコインの入手方法!ネットで使える仮想通貨の魅力とは

更新日:

イベントや集まりの時に便利な仮想通貨のおいしい使い方

書き出し文章:仮想通貨ビットコインといえばだれでも儲かっている投資商品なのだというイメージを持つのではないでしょうか。
日本で人気になった一番の理由はビットコインの異常なまでの値上がりが大きな役割を果たしていることは間違いないでしょう。保有しているだけでも値上がりが大きければさらに購入者が増えることは間違いありません。

ビットコインの魅力としてもう一つう大きい点が、ほぼ無料で手に入る可能性があるところです。
自分がもつPCの計算力で収益を上げることも可能です。

入手方法は意外と簡単な3つのパターンに分けられる

ビットコインを始めるには、普通の証券会社のように口座を開設して取引を開始することが可能です。
投資商品としての魅力に関しては、やや長期保有となることもありますが、すぐに人気が下火にならないことがある程度の持続性を残している証拠でしょう。さらにビットコインには他人から譲渡を受ける形で始めることもできます。

この点に関しても株式投資と同じですが、利便性が高くなっています。
ビットコインを入手する方法さえ理解しておけば、誰が初めてもさほど難しい話ではなくなってきています。しかし理解していなければ間違った方法で損をしてしますこともあります。

誰でも簡単にビットコインオーナーになれる3つの方法を紹介します。

「外貨を買うように購入する」「誰かからビットコインを送ってもらう」「新しくビットコインを掘り当てる」

初めての取引をされる方にはイメージしづらいかもしれませんが、ビットコインを入手するには買う、もらう、掘る、の3つの方法があります。

まず買うに関してですが、これはほかの投資商品と全く同じように取引所で口座開設をして、その口座に現金を入金してビットコインへと交換するという方法です。そして値上がりすると決済して儲かるという仕組みになっています。
これは非常に単純ですが、資金が必要となるため、ただでは始められません。しかし中には無料で始められる方法があります。

それは2つめに紹介する、他のだれかすでにビットコインを保有している人から自分のウォレットに送金してもらうという方法です。
これは取引所に口座開設をした際には同時にビットコイン専用の財布であるウォレットという機能が追加されますが、このウォレットのすごいところは、誰にでも簡単に現金価値のあるビットコインを送金したり、受け取ったりすることが可能ということです。

しかも世界中のウォレットを持っている投資家が対象となるので、海外に住んでいる家族などに資金を送金する際などは、換金手続きが不要なうえに、そのまま現地通貨として決済することが可能なので、非常に利便性が高いです。
また株式等とは違い、その国の中でのみの価値ではなく世界的に同様の価値で運用されていることから、海外での取引にも向いています。

言い換えるならば金を誰にでも遅れるイメージでしょうか。それほど使えるところが増えているということになります。
3つ目に紹介するのは、ビットコインを自分のパソコンの計算力を活かして採掘する(マイニングする)という方法です。これは一番もっともらしい方法ですが、ビットコインには、ブロックと呼ばれるその取引を記録した塊のようなものがあります。

ビットコインには番号はありませんが実質的には一つ一つが管理されているようにブロックがあり、これまでの取引の記録をしているものがブロックになります。
これを演算して不正がないかどうか暗号を解読することによってその報酬としてビットコインを受け取るというものです。単純には労働をしている対価として受け取るような形です。このようにビットコインを始めるには3つの簡単な方法があります。

複数の人からの集金はビットコインを利用したほうが利便性が高いことも

ビットコインの特徴として、他人から送金してもらうことができるというものがあります。
単純に投資として始める際に素手の保有している人からもらうことも可能ですが、通貨としての価値がある側面も有しています。つまり支払い能力がある財産的価値があるということになりますが、これを集金に利用することも可能です。

現金であれば直接会って回収するか、銀行送金をしてもらうことになりますが、それほど高額でもないのに振り込みの動作を行うということは面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。
ビットコインであればその価値分のコインをウォレットへ送金するだけで完了するので、スマホでも完結できます。

これが利便性が高いことなのですが、馴染みのない方にはややこしく感じるかもしれません。

イベントや飲み会の時などの集金はビットコインだと簡単に送るだけなので現金を集めるより簡単で便利

ビットコインを送るということは、自分が保有している、または他人が保有しているビットコインを送りあうことで取引が完了するということになります。
もちろんアナログ的に直接会ってお金を渡せば済むことですが、遠くなるとそれも難しくなってしまします。

ビットコインであれば相手が外国人などで日本円での換算価値がいまいちイメージしづらい時などは特に価値が同じなので理解しやすくなり、受け取りが容易になります。

こうした個人間のやり取りでもビットコインであればキャッシュレスで行うことができるため、現金授受よりも簡単に行うことができます。こうした面からビットコインでの授受を行うことで取引履歴を簡単に確認できることもあり、お金の授受が簡単になります。

送金手数料が安いことも大きなメリットになる

先述のように、ビットコインは支払いの能力を有しています。つまり世界中で通貨として使うことができる能力があるということになります。
こうした特性を生かすのであれば、ネット通販などで買い物をした際は、ビットコインで支払うことも選択肢として挙げられるでしょう。
自分が行った取引をビットコインで決済出来れば、海外の商品でも同じ通貨で購入しているような感覚となり、買い物の世界が広がる可能性を広げています。

こうした際にもビットコインの送金手数料が安いことがメリットとして挙げられます。ではなぜ安く済むのでしょうか、解説します。

ビットコインは送金手数料が安いこととその理由について

日本の銀行で送金をしようとすると、金額にもよりますが400円から海外送金であれば2000円ほどかかることもあります。
これを日々の取引で利用していたら大きな金額になってしまします。その分銀行側の利益となり、負担する側には大きな負担となります。ビットコインであれば40円ほどで海外でも国内でも送金が完了するので、手数料が安く済みます。

送金手数料が安い理由はその帳簿の管理技術にあります。ビットコインではブロックチェーン技術を用いて世界中で分散して管理していますが、銀行では膨大な取引情報を中央で一括管理していることもあり、その費用の差が大きな手数料の差となっています。

マイニングで新しいビットコインを掘り当てると資金量アップ

ビットコインはこれまで買うかもらうかの選択肢があることを解説してきましたが、自分で採掘する方法もあります。
マイニングといいますが、先述のブロックチェーン技術の一環で、分散台帳の演算を行い整合性を保つ作業を行います。この作業を行うことによりブロックチェーンによって管理されている台帳が改ざんされるリスクを大幅に軽減しています。

マイニングとはどのようなものでどのように掘り当てるのか

マイニングとは自分のPCのCPUを使ってブロックに記録されて暗号化あされている情報を公開鍵を利用して平文化し、同じ値が得られるかどうかを演算することで報酬が得られる作業です。
ブロックチェーン技術では公開鍵を利用して同じ値が求められない場合は改ざんされているということになります。

この演算には単価が決められているため、複数の演算を並行して行うことでより収益が上がるようになっています。
単独の採掘よりも世界のPCを利用したチームでの採掘を行うほうが効率がよく、初期投資も少なくすみます。そのため世界中とつながり、いかに負担を減らすことができるかについて理解を深めると効率よく採掘ができます。

ビットコインの入手方法は意外に簡単でも初心者は資金を出すほうが安全

ビットコインを入手する方法について解説をしましたが、買う、もらう、発掘するという基本的な動作を繰り返すことで保有量を増やしていくことができます。
保有量を増やすときのコストを減らすことによって利益を増加させることができます。したがって初期投資は回収しやすい、買う、もらうほうに注力したほうが収益性は高くなり、元手を作ってから発掘へ向かうとよいでしょう。

どれも小額で始められてリスクが低いものでもあるので、初めて見るには簡単な方法と言えるでしょう。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.