ビットコインの基礎知識

ビットコインで買い物をするときに注意!クレジットとの違いを開設

更新日:

クレジットの与信枠とビットコインの違いはクレジットとデビットの違いと同じ

ビットコインの利用方法の一つとして、お買い物やサービスとの交換ができるというものがあります。
一般的に投資商品であれば現金との交換性はあっても、モノと交換することは基本的にはできません。

証券が同じように投資商品でも現金としての通貨的な価値を持たないように、モノやサービスとの交換はできないというのが基本的な考え方でしたが、ビットコインに関しては世界中のものやサービスと交換することができます。

現金決済と違う点は、ネット通販のようにクリックだけで決済が完了するころですが、クレジットカードとも違い、自分のウォレットに入っている額面しか使用できないようになっています。
つまりその面においてはデビットカードのほうが近いということになってしまいます。しかしデビットカードは基本的に同一の通貨でなくてはいけません。

この間に存在するといっても過言ではないビットコインについて解説します。

クレジットカードとビットコインの決済方法による違いとは

クレジットカードもビットコインも海外との取引から国内におけるサービスとの交換にいたるまで、様々な場所やシチュエーションで利用されています。

特にビットコインはここ最近で利用できる店舗が急増している状況となっています。
一方でクレジットカードはもともと人の信用の度合いを測る存在として利用されるため、資金力が豊富で経済的信用が高い人が利用できるように開発されたものでもあります。

したがって仮想通貨としてこれからの通貨の代替的な意味合いで作られたビットコインとはその成り立ちが違うことになります。
しかし現実の世界ではビットコインよりも個人の信用を利用するクレジットのほうが普及しています。もちろん扱う側にとってのリスクは購入者が代金を払わないことであるので、信用の高い人を選ぶ傾向にあります。

その結果最近登場した仮想通貨よりも広く世界で使われるようになっています。ここでは利用している人が多いクレジットカードと、最近盛り上がっているビットコインの決済の違いについて解説します。

クレジット残高は借金と一緒、ビットコインの残高はその時の時価総額の残高

一般的にクレジット決済を行うと、クレジット会社が月末締めしたものを販売店の売り上げとして支払います。
販売店はそれを売掛金として計上しておき、後程すり合わせを行います。この時クレジットを発行している会社の残る、利用者が支払うべき代金と手数料の合計が残高となります。

つまりクレジットカードは一時的にほかのだれかに支払いを肩代わりしてもらっている状況であるということです。
したがってその残高はカード会社に借金をしている状況ともいえるでしょう。一方ビットコインはそれ自体が通貨としての価値を持った投資商品です。そのため価値が上昇すれば支払能力も増えることになります。

したがって問題となるのはその時の時価が高いのか安いのかによって必要なビットコインの量が変わるということです。
ビットコインで支払いをする際は、それ専用のアプリを使うことになります。

ウォレットからその対象のウォレットへビットコインを送金することになりますが、自分でビットコインいくら分なのかを計算する必要がありません。

自動で日本円を入力すると何ビットコインなのかすぐに計算してくれます。したがって支払金額が同じでもビットコインの価格次第では増減があるということです。

ビットコインはクレジットカードのような信用枠がないことが重要

ビットコインは自分のブロックチェーンという技術によってその価値を証明しています。
世界中のPCのハードドライブを利用することによりオンラインオフラインともにその価値を計算することができます。一方のクレジットカードは、利用する人の信用性が価値になっている商品です。

つまり使用者が資産家であっていくらでも持っているのであれば利用可能枠はその分だけ広げることとなります。
この信用枠の大きさがその人のクレジットの大きさということになります。つまりこの2つの枠の利用で重要なことは、個人や企業の信用を価値にしたものがクレジットカードで、ビットコインはそれ自体の信用に対してつけられる価格であるということです。

したがってクレジットのようにビットコインには信用として利用できる枠は存在しません。

クレジットとビットコインの決済時の手数料の違い

前述の様にクレジットカードとビットコインでは決済時にどの信用度合いを使うかによって利用できる価値が違うことを解説しましたが、間にどのような企業が入っているかに関しては、手数料にも違いが出てきます。

もちろんそれはクレジットを発行している発行体として収益を上げるためには販売額からの手数料の徴収も必要であれば、利用者からの分割手数料や金利の徴収などを行い企業として収益を上げます。

この点は管理している企業や利用されている通貨という点で異なるので一概ではありませんが、それでも間に入る企業数が減ることで手数料はどんどんかからなくなります。

クレジットの手数料とビットコインの手数料の違いは利用者にはあまり目に見えない

クレジットカードとビットコインの販売時にかかる手数料の大きな違いとしてまず挙げられるのは、手数料を店側と利用者側のどちらが支払うのかということです。
クレジットカードの場合は支払いを受ける企業が負担をしており、回収率が低くなるにつれて負担率が上がる仕組みになっています。

したがって同じような業種であっても企業として信頼されているほうが回収手数料も安く上がっているということです。
実質的に利用者が負担をするのは分割支払い時の金利や分割手数料のみということになります。ビットコインの手数料は、相手のウォレットにビットコインを送ることと理論は同じなので、ビットコインを送る側、つまり購入者が負担をすることになります。

もちろん販売額の何%という決まりではなく、決済1回につきいくらという割合なので、決済する回数を減らすことで手数料を安くすることもできます。
さらに必要な金額も、相手に振り込むのと同様な状況のため、数百円で決済が可能なことが非常に多いです。

クレジットカードの決済方法はさまざまな企業に導入されており内容もさまざま

クレジットカードでの決済は企業側に手数料を負担させる形で成り立っていますが、近年では決済サービスを代行したり、機械を開発してクレジット会社とは別に決済の身に特化した企業が出てきています。

皆さんも買い物などをされる際にはレジを利用しますが、以前はレジスターとクレジットように機会がそれぞれあって別に決済をするという形でしたが、近年ではタブレットやスマホにリンクさせる形で通信をさせ、決済を完了することができるようになっています。

これによりアパレルや飲食のお店ではクレジットの導入がスムーズに進むこともあり、初期投資が少ない導入事例として注目されています。

ビットコインを導入することにより、決済時の手数料が安いばかりか、換金する際の手数料も取引所によっては0.15%程度の手数料で済むため、クレジットを導入するよりも格安になる傾向があります。

ここではそれぞれの形式によってどのような違いが出るかについて解説します。

クレジット決済は「スクエア」「コイニ―」など様々であるがビットコインはお金そのものである

ビットコインを決済に利用するメリットとして、販売側にかかる手数料が安く済むということがあります。
一般的なクレジット決済と比べて負担する割合が3%ほど違えば、年間の売り上げに対する割合も非常に大きくなります。もちろんクレジットカードを導入する理由として、ビットコインよりも利用者が非常に多いということを忘れてはなりません。

利用者数が全くといっていいほどクレジットカードに及ばないため、導入するのは比較的浸透が早い都市部からになります。

またクレジット決済にはそれぞれの端末を利用したスクエアという企業やコイニーという企業が提供しており、BtoCやBtoBの分野で特色を発揮しています。これらの企業は扱うクレジット会社によってかかる手数料も異なるため調査が必要になるので注意しましょう。

ビットコインであれば利用する取引所自体は違いますが、基本的にはかかる手数料が非常に安いということは共通しています。したがって都市部であればビットコインでの決済でも困ることは少ないでしょう。

ビットコイン決済とクレジット決済にはどちらにもメリットがある

クレジット決済とビットコイン決済では、手数料が低いという点ではビットコインに対してメリットが大きいようですが、利用者数が多いという点ではクレジットカードの利点があるようです。

どちらが一概に良いとは言い切れませんが、導入費も安く済むのでインターネットでお買い物をするようなことが多いのであればビットコインを入手しておくのもよいでしょう。

またクレジット決済では何に特化した企業を選ぶかによって手数料が違う場合もあるので、よく調べてからの導入が必要です。これからビットコインで決済できる店舗がさらに増えることによりクレジットカードを上回る日が来るかもしれません。

結局どの取引所が良いの?仮想通貨取引の選び方&最新おすすめランキング

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.