ビットコインの基礎知識

「FACTOM(ファクトム)」はビットコインを凌ぐ?進化型仮想通貨!

更新日:

FACTOM(ファクトム)は取引の高速化が進む仮想通貨の風雲児と成り得るのか?

出典:factom

ビットコインが2009年に衝撃的デビューを飾り、現在「暗号通貨」、「仮想通貨」と呼ばれる新型通貨は世界中の投資家から熱い注目を集めるまさに世界共通通貨のひとつと考えられるまでに成長しました。(※Factoidの販売は2015年5月15日に終了しました。)
「暗号通貨、仮想通貨と言えばビットコイン」の風潮は非常に強く、ビットコインの独壇場であると言っても過言では無い時代が続いています。
しかし最近ではビットコイン以外の「アルトコイン」として一括りにされている仮想通貨の動きが活性化し始めています。

2015年4月にリリースされた仮想通貨FACTOMは、その独創的な発想と他に類を見ないシステムが大きな話題となりました。
ここでは、アルトコインのひとつ、FACTOMを取り上げて紹介していきます。

スピード社会に適応した仮想通貨FACTOM(ファクトム)とはどういったものなのか?

革命的な決済システムとして考案された仮想通貨ですが、処理速度が向上するインターネット取引では常に「最先端の処理システム」が求められ、仮想通貨もその洗礼を受けています。

注目されるにつれそのシステムセキュリティーに挑戦するハッカーは増加し続け、より安全なシステムの構築が必要となります。
市民権を得て普及浸透するほどにそのプレミアム感が失われ、絶大な支持を得ているビットコインを凌駕する多様性を持ち合わせたシステムをマーケットは貪欲に求めているのです。

この開発競争の中から生まれた新時代の仮想通貨FACTOMとはどういったものなのでしょうか?

仮想通貨FACTOM(ファクトム)の実態とはいったい何であるのか?

仮想通貨の概念からみるとFACTOMは厳密には仮想通貨ではありません。
ビットコインのブロックチェーンシステムから派生したデータ管理システムの名称で、そのシステム利用料はEntry Credit(エントリークレジット)で支払われますが、これはFactoid(ファクトイド)でのみ購入できます。

現在、仮想通貨としてアルトコインにカテゴライズされ、更には「FCT」という単位で取引されるFACTOMですが、市場で取引されているのはEntry Creditを購入出来るFactoidです。
独立した仮想通貨では無くビットコインから派生した仮想通貨の亜種と言えるでしょう。

FACTOMを理解するために、まずビットコインのブロックチェーンのシステムを簡単に説明します。

従来型の情報管理システムでは管理者が存在し情報管理を一手に担っています。
この集中管理型では外部からの進入等でデータが改竄された場合、管理者が改竄の事実を発見しバックアップデータからデータを復旧するため、膨大な時間と労力が必要となります。

しかしブロックチェーンは1つのデータを同時に複数のコンピュータに分散管理するので、常にバックアップがアクティブな状態で運営されています。たとえ一部の端末のデータが改竄されても、他の端末との整合が取れないことからデータの改竄が露見するシステムです。

改竄されたデータは他の端末との整合が取れないため、棄却され整合の取れたデータのみが採用されます。多数決で決議を取るシステムをイメージすると判り易いです。

採用されたデータはブロックと呼ばれ、構成は次のとおりです。

〇トランザクション:ユーザー間の取引決済の情報。
〇ハッシュ:ハッシュ関数を利用して演算された不規則な文字や数字の羅列。(ブロックを連鎖させるために必要となります。)
〇ノンス:ハッシュを演算するのに1度だけ使用する数字。

この3つの要素でブロックは構成されています。

採用されたブロック(データ)は過去のブロックとハッシュで繋がれ連鎖していきます。
連鎖することでブロックの過去の取引履歴が証明されるのです。

ブロックを連鎖するために連鎖先のブロックのハッシュ、連鎖元のブロックのトランザクション、ノンスの3つを利用します。

ノンス以外は変更出来ないために、条件を満たしたハッシュが算出できるまでノンスの数値を変更させながら演算を続けることになります。
演算に成功し新たなブロックを連鎖させることに成功すれば、労働の対価としてPow(Proof of work)と呼ばれる報酬を得ることができますが、その演算には膨大な労力が必要なことから、鉱物資源を採掘することになぞらえて「マイニング(採掘)」と呼び、演算作業者をマイナーと呼んでいます。

ブロックチェーンのシステムでは膨大な量の取引を行うために1つのブロック(データ量)の大きさには制限が掛けられています。
現在のブロックの大きさの上限は1MB(1,000KB)とされているのですが、取引の激しいブロックは既に沢山のデータが連鎖されているために、上限値に迫ろうとしています。

ビットコインが抱える「マイナーへ支払われるマイニング手数料」、「ブロックチェーンのデータ量」などの問題点を解決するべく開発されたプラットフォーム「ビットコイン2.0」こそがFACTOMなのです。

FACTOM(ファクトム)が掲げる進化した分散型情報共有システムの特徴とは?

FACTOMの実態が仮想通貨では無く、ブロックチェーンを進化させたビットコイン2.0と呼ばれるデータ管理のプラットフォームであることは先述しました。
ビットコイン中心の取引が行われている仮想通貨市場で、なぜEntry Credit購入用のFactoidが大きく注目され取引されているのでしょう。
ここでは、具体的なFACTOMの特徴を紹介します。

FACTOM(ファクトム)の新システムは情報共有システムの多様化を図れるのか?

FACTOMはファクトムプラットフォームで構成される「ファクトムサーバー」、「エントリーブロック」、「ディレクトリブロック」、「ビットコインのブロックチェーン」の要素で成立し運用されています。

FACTOMのデータ管理の流れ

1. サービス利用者が利用料を支払いデータをファクトムサーバーにアップします。
2. アップされたデータは、ファクトムサーバーで暗号化されます。
3. 暗号化されたデータはエントリーブロックに保管されます。
4. 保管された暗号データは、ディレクトリブロックで分類されます。
5. 分類されたデータを取引データ(ハッシュ)としてブロックチェーンに記録します。

FACTOMはデータ管理の中央に管理者が存在するのが、ビットコインとの違いです。
大量のデータを独自のシステムで管理することができるFACTOMは、「あるデータが確実にそこに存在していたことを証明できる」つまり第三者の公証人を介さずにスピーディーに存在証明ができる点で様々な分野からの注目を集め、企業や金融機関、公的機関での取引に採用されることが期待できます。
事実マイクロソフト社との提携で注目を集めました。

ビットコインは高いセキュリティが保障され、為替変動の影響を受け難く両替手数料も発生しないメリットがあるのですが、匿名性が高いあまり資金の流れが不透明となり取引内容が把握できないことからマネーロンダリングに加担しているという印象が強く、これによって企業や国家間での取引には採用され難いデメリットもあります。

FACTOM(ファクトム)が仮想通貨市場で注目を集める要因と今後の市場規模とは?

公証システムや土地取引など、一般生活を送るのに関係がない分野に特化して見えるFACTOMのシステムは、一見閉鎖的にも思えますが2015年のリリースから急速にそのシェアを伸ばしています。

マイクロソフト社を筆頭に、大手企業との提携も順調に進み順風満帆で快進撃を続けていると言えるでしょう。

分散型公証システムFACTOM(ファクトム)の利用料金支払い通貨Factoid(ファクトイド)が普及した訳とは?

既に紹介したようにFACTOMの分散型公証システムは、高い安全性と公共性を兼ね備えた新時代の情報管理システムと言えるでしょう。
このシステムはデータの登録だけではなく、更新履歴を見ることで元のデータからどのような経緯を経て現在に到るかの情報を得ることができ、そのメリットは絶大です。

従来システムよりも安全で確実なデータ管理が可能となり、データの内容は開示されても改竄することは不可能なことから、例えば不動産に対する担保設定や所有権など現在は法務局で行われている手続きなどがインターネット上で迅速に行える様になります。
つまり煩雑な手続きを大幅に省き、低コストで迅速に変更履歴の記録や管理が可能となるのです。

ファクトムハーモニーと呼ばれる住宅ローン市場に適応したブロックチェーン技術の開発時には、ベンチャーキャピタルから約8億円を超える出資を受けています。

更に著名な投資家達が出資するなど、FACTOMの独創的な技術力には大きな注目が集まっています。

現在市場で取引価値が活性化しているFACTOMですが、システムの可能性を察知した投資家たちが、FACTOMの利用代金支払い通貨Factoidの需要拡大を見込んで、活発に取引していることが最大の要因と言えるでしょう。

今後の需要拡大が見込まれるFACTOM(ファクトム)通貨Factoid(ファクトイド)の発行枚数とは?

FACTOMは資金調達のために2015年4月~5月の限定期間、クラウドセールスでFactoidを先行発売し約4,400,000FCT弱が販売されました。
それ以降の新規販売は行われていませんが、マイニング報酬として発行され続けているために現在約9,000,000FCTのFactoidが発行されています。

FACTOMが発行上限を設定していないため、今後もマイニング報酬として発行され続けることが予想されます。同時にFACTOMの普及と供に、システム使用料の消費が上昇することも予想され均衡は保たれると考えられます。

仮想通貨市場でのFACTOM(ファクトム)通貨Factoid(ファクトイド)の取り扱い価格や値動きの現状は?

2015年のリリースから投資家の期待を受けた形で、順調に値を伸ばしているFACTOM通貨Factoidは数多いアルコトコインの中でも、優良成長通貨と言えるでしょう。
大手企業との提携、ベンチャーキャピタルや投資家からの出資が相次ぎ、リリース以降ポジティブなニュースが続くFactoidに対する市場の信用の高まりが後押しするものだと考えられます。

現在の仮想通貨市場に於けるFACTOM(ファクトム)通貨の仮想通貨としての位置は?

先述したように革命的な分散型公認システムとしてのFACTOMの評価は非常に高く、マイクロソフト社などの大手企業との提携や、多くのベンチャーキャピタルや投資家からの出資が相次いだことから、Factoidに対する市場の見方は概ね好意的であるようです。

ポジティブなニュースから技術力や資本力が担保されたと判断した投資家にとって、安全で確実な投資先として認められ、その雰囲気が投資の後押しをしているとも言えるでしょう。

ブロックのデータ量問題などネガティブな情報が囁かれ始めた今、ビットコインの先行きに不安を感じる投資家達にとって、アルトコインは安心できる新たな投資先として認識され始めています。

ブロックのデータ量問題の解消目的でリリースされたFACTOMは、格好の投資先として資金が流入し始めている状態とも言えます。

アルトコインFACTOM(ファクトム)通貨の仮想通貨市場に於ける値動きの動向は?

2015年のリリース当初は1FCT=10円前を推移する比較的小幅な値動きで幕を開けました。
しかし2016年には一気に高騰し1FCT=100円を突破したのを皮切りに、平均1FCT=200~300円まで成長しました。

2017年に入ってからは更に値が上がり1FCT=400円の値を付けた後、5月には1FCT=2,000円を突破し1FCT=1,500~2,000円を推移、更に6月には一時1FCT=4,000円を突破したものの7月では1FCT=3,000円前後を推移しています。

リリース2年足らずで資産価値が300倍に高騰する事態に、ビットコインからの転向、新規参入を目論む投資家が急増しています。

仮想通貨市場に於けるFACTOM(ファクトム)通貨のアルトコインとしての価格は?

現在仮想通貨としての資産の約80%はビットコインに集中している状態です。
仮想通貨と言う壮大な社会実験はひとまず大成功したと言えるでしょう。

ビットコインの後を追うように、次々と登場する仮想通貨はアルトコインとしてひとまとめに扱われている状態です。
飽和した感があるビットコインへの投資から、新しい流れとしてアルトコインの中から優良なコインを見つけ出し投資する投資家が出始め、現在のアルトコイン市場は未曾有の大高騰を見せ始め、アルトコインバブルが始まろうとしています。

2017年に入り高騰に拍車が掛かったFACTOM通貨Factoidの現在の価格は7月24日に1FCT=2,546円、7月25日には1FCT=2,136円と2,000円代前半で推移しています。

今後のFACTOM(ファクトム)通貨Factoid(ファクトイド)の値動きは?アルトコイン相場の将来予測!

繰り返しますが、社会実験としてのビットコインの仮想通貨は大成功を収めたといえるでしょう。模倣する仮想通貨が続々とリリースされる事も折込済みです。
国家が担保する現実通貨と、どこの国家や組織にも属さず影響を受けないことを標榜する仮想通貨との関係性は急速に現実的な局面に突入しつつあります。

ビットコインに対して日本政府が行った「取引に関する消費税の非課税」や「会計処理上の決算方法の1つとして認める」措置は決済システムとしては事実上の勝利宣言を叫びたいところですが、事実「金融庁の監督下に置かれる」と言う文言からも仮想通貨に対する行政の介入の野心はもはや隠せるものでは無くなったと言えるでしょう。

アルトコインとしてのFACTOM(ファクトム)通貨Factoid(ファクトイド)の可能性?その未来予想図とは!

何度も述べたようにFACTOMは分散型データ管理システムを利用し、全く新しい提案として「分散型公証システム」を世界に問いかけています。
身近なものでは、住民票や印鑑証明などの身分証明から土地の登記記録など公証システムの活用されるフィールドは多岐に渡り、その可能性に対する期待の高さは大手企業との提携や多くの出資が集まったことなどで表されています。

この期待の高いシステムFACTOMが担保する仮想通貨Factoidは、システムが普及する程需要が高まるので中短期的にはこのまま成長を続けると考えられます。

投資先としてアルトコインを見回した限りでは、Factoidは非常に固い投資案件と言えるでしょう。
FACTOMのシステムが成長を見せ続ける限り、Factoidの成長も保障されていると言うことです。

Factoid(ファクトイド)は自己完結型の仮想通貨となり得るのか?他の仮想通貨との関係性とは?

独創性のある新システムで注目を集るFACTOMの決済用という特性を持った仮想通貨として、Factoidはリリースされています。
システムの普及がFactoidの価値を担保する、自己完結型の仮想通貨の要素を持つことで非常に魅力的で将来性も感じられる仮想通貨ではあるものの、他の仮想通貨との関係性は断ち切れるものではありません。
数多く存在する仮想通貨のなかでも、特にFactoidと親密な関係を持つ仮想通貨との関係性を紹介します。

FACTOM通貨Factoidと他の仮想通貨との関係性や特性の違いとは?

ビットコインのブロックチェーンを利用して成立するFACTOMのシステムは、ビットコイン依存型の亜種と言えるでしょう。
当然FACTOM通貨であるFactoidはビットコイン亜種のアルトコインと言うことになります。独創性のある新システムで注目を集めるFACTOMの決済用という特性を持った仮想通貨としてFactoidはリリースされています。

システムの普及がFactoidの価値を担保する、自己完結型の仮想通貨の要素を持つことで非常に魅力的で将来性も感じられる仮想通貨ではあるものの、他の仮想通貨との関係性は断ち切れるものではありません。

数多く存在する仮想通貨のなかでも、特にFactoidと親密な関係を持つ仮想通貨との関係性を紹介します。

仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインの動きは、その他のアルトコインに直接影響します。
現在処理速度の問題が浮上しているビットコインですが、問題解決方法として従来のシステムやデータと全く互換性を持たないアップデートであるハードフォークを取るのか、互換性を保ちながらのソフトフォークを取るのかに注目が集まっています。

ビットコイン依存型のシステムを構築しているFACTOMにも当然影響が出ることが予測されます。

FACTOM(ファクトム)通貨Factoid(ファクトイド)には本当に弱点が無いのか?将来的なリスクの可能性とは?

非常に斬新で革命的なシステムを発表し運営するFACTOMは、順調に提携先を増やし全く不安要素を感じさせることが無い勢いで成長しています。
現在問題視されているビットコインのブロックチェーンのアップデート方法や、早すぎるとも言える事業展開には本当に盲点や問題はないのでしょうか?
ここではあえてFACTOMの不安要素を紹介してみます。

現在成長著しいFactoid(ファクトイド)は投資先として安全なのか?不安要素とはなにか?

画期的なシステムとして賛美され、新たな決済システムを構築し世界の経済に影響を及ぼすまでに急成長したビットコインが、現在ゆらぎ始めています。
急速に普及が進みすぎたために処理能力が追いつかず、標榜していた「スピード決済」が実現できなくなりつつあるのです。

ブロックチェーンに依存したシステムのFACTOMは直接この影響を受けると考えられます。
市場の流れは非常に流動的で、雰囲気に流され易いものであるとも言えます。

たとえ今回のブロックチェーンのアップデート問題が直接FACTOMのシステムに影響を及ぼすことが無いものであっても、決してポジティブなニュースではないことは確かです。

また、キャピタルゲインや投資家からの出資を獲得し、マイクロソフトなどの大手企業との提携を結ぶことが今までは追い風として作用していましたが、成長の下地が固まった現在、開発の失敗や普及速度の鈍化などの不測の事態が発生した場合、市場にFACTOMへの失望感が発生することになるでしょう。
そもそもシステム利用の決済を自社発行通貨で行う発想がどこまで受け入れられるかも大きな不安要素と言えるでしょう。

仮想通貨Factoidの資産価値は、FACTOMのシステムの普及にかかっています。
今後のFACTOMの動きから目が離せません。

FACTOM通貨Factoidは仮想通貨の概念を打ち砕く

この仮想通貨はその他の仮想通貨と違いシステムの運用という実態があるもので、仮想通貨の概念から少し外れた存在のような印象を受けます。
しかし市場では非常に好意的に受け入れられ、順調に資産価値が上昇している成長期にある仮想通貨と言えるでしょう。

ビットコインの信用がゆれ始めた現在、仮想通貨は新たな局面に突入しようとしています。
次々に新たな仮想通貨が投入され、現在は生き残りをかけた仮想通貨の戦国時代と言えるでしょう。

分散型公証システムという武器を掲げたFACTOMの健闘を祈ります。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.