ビットコインの基礎知識

モナーコインとは?超有名インターネット掲示板「2ちゃんねる」から発生した仮想通貨!

更新日:

巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」が遂に仮想通貨業界に進出してきた!

誰もが一度は耳にしたことがあると思われる有名インターネット掲示板「2ちゃんねる」。
掲示板に書き込まれている内容には賛否両論ありますが、「2ちゃんねらー」と呼ばれる熱狂的なマニアから絶大な支持を受け社会現象を巻き起こした過去もあります。

今となっては2ちゃんねるフィーバーも沈静化を見せ、運営者の交代劇があったものの現在も運営は続き、多くの利用者が参加する巨大インターネット掲示板として市民権を得ていると言えるでしょう。

その「2ちゃんねる」がとうとう仮想通貨を発行し始めました。

発行通貨の名称は「Monacoin(モナーコイン)」、資産価値が瞬く間に数十倍から数百倍に膨れ上がることで加熱が続き、バブルに沸く仮想通貨業界で新たに注目を集め始めているMonacoinとは一体どんな仮想通貨なのでしょうか。

今回は日本発の仮想通貨として注目を集めるMonacoinを取り上げて紹介していきます。

2ちゃんねる発信の通貨Monacoin(モナーコイン)とはどのような仮想通貨なのか?

「2ちゃんねる」と聞くだけで「信用できない!」、「胡散臭い!」とアレルギー反応を示す人も少なくはないと思います。
しかしこのMonacoinは現在仮想通貨としてすでに市場取引されており、「2ちゃんねる」の持つ「信用出来ない情報元」などのネガティブなイメージを払拭して、しっかりと見つめ直すべき将来性のある投資案件へと成長していると言えるでしょう。

まずはMonacoinについて簡単に掘り下げてみます。

Monacoinの仮想通貨としての立ち位置やそのポテンシャルとは?

Monacoinは2013年12月23日に一旦β版が発表されたもののすぐにリセットされ、2014年1月1日に正式にリリースされ、これが最初の日本発の仮想通貨の元年となりました。つまり日本国産の仮想通貨の扉は2ちゃんねらーの手によって開かれたのです。

Litecoin(ライトコイン)のシステムをベースにしたシステムで運用されるMonacoinは、既存のサイト内限定の専用ポイントとは全く異なったシステムを目指して開発されました。

サイト内に提供したコンテンツに併せてMonacoinウォレットのアドレスを表示することでコインの取引が可能となるために、2ちゃんねるやニコニコ動画、Yahoo!知恵袋などのネットコミュニティの中で提供された情報や動画などの作品に対する評価を表すために使用できます。
自分のお気に入りの作品の評価を上げるためにMonacoinを好きなだけ送れることがネットユーザーの間で評価され、コンテンツ製作者に対しての送金行為を「投げ銭」ならぬ「投げMONA」と呼び、これが浸透しつつあります。

一方実態経済の中では2014年4月には土地取引の決済に使用され、2017年6月には秋葉原のパソコンショップの店頭販売及びネット通販の決済通貨としてビットコインと供に採用されました。

創成期のMonacoinは開発コンセプトどおり、一部の熱狂的なネットユーザーの間だけで流通する、ネットコンテンツ製作者に対する評価アイテムとしてしか機能していなかったために、仮想通貨としての市場価値は高くなかったと言えるでしょう。
しかし、既に少なくない利用者数を持ち、アマゾンなどでのネット通販やPCゲームの購入、ギフト券やプリペイドなどと交換、換金することが可能となりMonacoinの価値は大きく変動し始めています。

オタク文化が作り出したMonaciunは他の仮想通貨とは違うのか?その特徴とは?

Monacoinの最大の特徴はその異色とも言える開発コンセプトと言えるでしょう。
先述したようにインターネット掲示板「2ちゃんねる」由来の発想で作られたMonacoinは、開発コンセプトが他の仮想通貨とは若干毛色が異なるものでした。

一般的な仮想通貨は「利便性が高いこと」、「匿名性が高いこと」「スピード決済が可能であること」などを掲げて開発されリリースされますが、最終的には「投機性が高いこと」に主軸が置かれているところは否めません。

これに対してMonacoinはオタクの価値観や需要を最優先し、異なるインターネットサイトの壁を越えた統一基準でコンテンツの評価を行う、ボーダーレスな評価アイテムであることを狙いとしてリリースされました。
実際に「投げMONA」で完成度の高い優秀なインターネットコンテンツや自分好みの作品製作者に対する評価を行うことができるまさに現代のタニマチシステムを狙ったものと言えるでしょう。

インターネット掲示板発祥のMonacoinの持つ特徴とは?

まず最大の特徴と言えるのがインターネットコンテンツの評価アイテムとして開発された点でしょう。
他の仮想通貨の概念と全く異なった視点から、独自の価値観を持った仮想通貨であると言えます。
ビットコイン同様P2P方式と呼ばれる分散型情報管理システムを採用しており、暗号化された情報はブロックチェーンで共有、管理されています。

システムの運営に関してもビットコインのPOW(Proof of work)を採用することで、マイニング業者であるマイナーによる運営が行われています。
2017年にSegwit(セグウィット)を他に先駆けて採用したことが評価されたからか、海外の市場からも注目され始め日本以外での取り引きも増え始めているようです。

最新システムに対して柔軟に受け入れる姿勢は、システムの支持基盤となるマイナーたちの多くがオタクであるからかなのか、積極的に最新技術を取り込むことが、海外の市場や投資家に魅力的に写り国外からの取引が増加している要因と言えるかも知れません。

ブロックの連鎖に必要なハッシュ関数の演算に必要とされる時間は、ビットコインが約10分なのに対しMonacoinは約90秒で算出できるように、ビットコインよりも演算の難易度を低めに設定していることから大規模な設備投資を行わずに手軽にマイニングに参加することが可能となります。
更にMonacoinは発行上限を1億512万枚に設定しており、2,100万枚に設定されているビットコインの約5倍の発行量が予定されています。

このことから、個人の手に届かなくなるほどの高値を期待していないことが伺えます。
開発コンセプトがインターネットコンテンツの評価アイテムで始まっていることから、投機性の低い仮想通貨と言うよりもギャンブル性の高くない、価格が安定した安心できる仮想通貨と言うべきかも知れません。

ウォレットの作成がツイッターアカウントのみで可能であることも大きな特徴と言えるでしょう。
ウォレットはいくつでも作ることが可能ですのでウォレットアドレスを使い分けることで更に匿名性が高くなるといえるでしょう。
いわゆる銀行口座番号にあたるウォレットアドレスが自動的に発行されるので、これを表示するだけで住所や氏名、メールアドレスなどの個人情報を秘匿した状態での取引が可能となり、銀行振り込みよりも手軽な送金が可能となります。

仮想通貨Monacoinが受け入れられた理由とは?そしてその発行数は?

一般生活とはかけ離れたところに存在しているイメージの強い巨大インターネット掲示板「2ちゃんねる」から発信された仮想通貨Monacoinですが、対する評価は現在のところ市場では好意的に受け入れられています。

使用用途も、もともとはインターネットコンテンツの評価目的としてリリースされたのですが、投資対象に値すると判断された結果でもあるのでしょう。
実態の無い仮想通貨の中にあっても異色の存在感を放つMonacoinが普及した要因を紹介します。

Monacoin普及の裏にはいったいどのような要因が隠されているのか?

Monacoin普及の大きな要因となるのは、次に挙げる5つが中心になっていると考えられます。

〇直接取引時の匿名性の高さ
〇取引スピードの迅速さ
〇インターネット内での取引通貨としての可能性の高さ
〇日本発の仮想通貨と言う親しみ易さ
〇一部の熱狂的な支持者による支援

このような要因に加えてリリース当初に掲げた使用用途である、インターネットコンテンツの評価以外に、ネットショッピングでの支払いやギフト券、プリペイドへの換金など実体経済に上手くリンクさせたことなども普及を後押しした要因と言えるでしょう。

更に2017年には半減期に突入することから、値上がりに対する期待買いが普及に拍車をかけたものと推測されます。

Monacoinの設定している発行上限と現在までの発行枚数は?

リリースから約3年半経過したMonacoinの発行枚数は2017年7月27日現在で約5,280万枚となっています。
Monacoinは発行上限を1億512万枚に設定しており、2,100万枚に設定しているビットコインの約5倍の発行量が予定されているので、現在の発行枚数はまだ50%程度と言えるでしょう。

2017年にはMonacoinリリース後初の半減期を迎え、コインの発行枚数の制限が開始されます。その名の通りMonacoinの発行枚数が半減されることから、半減期の期間中は通貨発行の速度は鈍化します。

Monacoinを取り巻く状況や現在の価格は?そして具体的な値動きは?

2014年の元旦にリリースされてから約3年半を迎えるMonacoinが、初めての半減期を迎えることは既に紹介しました。
日本発の仮想通貨としてのMonacoinのブランド名は、ある程度市民権を得るほどに普及したと考えられますので、通貨発行速度が鈍化することによって市場の飢餓感から価格が上昇することが予想されます。

またMonacoinは取引参入への敷居が低いこと、仮想通貨に対する投資熱が非常に高いこと、実体経済へのリンクにも成功した感があることなどから、潜在顧客の新規参入が見込める通貨と言えるのでしょう。

Monacoinの仮想通貨市場内出の現状はどうなっているのか?

現在発行されている仮想通貨の時価総額ランキングは、コインマーケットキャップドットコムで確認することができます。
2017年7月現在1,010銘柄が表示されているのですが、Monacoinは86位にランキングされています。一時は44位にまで上昇したのですが、現状では90位周辺を推移しています。

2017年7月27日付けの時価総額は約2,530万ドル(28億1,000万円相当)となっています。
仮想通貨の代名詞であるビットコインは約42億ドル、アルトコイン最大手のイーサリアムが約18億9,600万ドルです。

Monacoinのリリースから現在に至るまでの値動きとは?

Monacoinの公開当初の取引レートは1MONA=2.5円でしたが、公開後日本の有名投資家がMonacoinアドレスを保有し参戦したことから火が付き、一時1MONA=99円の最高値を付けたこともあります。
しかし、具体的な使用用途が無かったことからその価値は急速に下落し1円を切るまでの大暴落を起こしました。

2017年4月に世界初のSegwit(ブロックチェーンの1つのブロックで扱うデータ量を増やすことができるシステム)を実装する仮想通貨となったことが追い風となり、Monacoinは再び市場価値を高めて行くことになり、更には7月にはリリース後初の半減期を迎えることへの期待買いが殺到したことから、7月1日には1MONA=95.86円まで値を伸ばしました。

Monacoinの現在の時価総額や仮想通貨市場での価格は?

半減期への期待買いで一旦は1MONA=95.86円まで値を伸ばしたMonacoinですが、その後は値崩れを起こし1MONA=40円台後半~60円台前半の間での推移をみせ、7月27日現在では1MONA=52.62円での取引となっています。

過去にはLitecoinの半減期に市場価格が約8倍以上に暴騰した例もあるために、半減期に入るMonacoinの今後の値動きが注目されるところです。

今後Monacoinの置かれる立場とは?日本発のブランドとして成功を収めるのか?

世界に名だたる日本のオタクが創造した、日本発の仮想通貨として非常にユニークな生い立ちをもつMonacoinですが、仮想通貨市場での取引に本格的に参入したことから非常にシビアな局面に突入したとも言えるでしょう。

仮想通貨には「市場価値の上昇」と言う投機的な要素が非常に大きく求められます。

市場価値の上昇が望めないのであれば、敢えてリスクを背負ってまで仮想通貨を購入することはありません。政府発行通貨や電子マネーでの取引で十分完結できる現状では投機を目的として仮想通貨取引に参入する投資家が大多数と言えるでしょう。
Monacoinはこのシビアで移り気な投資家達の心をどこまで掴み続けることができるのでしょうか?

Monacoinに集まる注目は一過性のものであるのか?持続性のあるものなのか?

取引のシステムが他の仮想通貨に比べ比較的簡単なMonacoinは、新規参入を考える仮想通貨投資の初心者でも気軽に購入出来るものだと言えます。
また既に有名となった仮想通貨よりもリーズナブルな価格で有ることも、購入者増加への追い風に働くと考えられます。

近年のバブルともいえる仮想通貨ブームに刺激され、2017年に入ってからの高騰で資産価値を膨らました投資家を目指した後追い購入が今後も発生することが見込めるため、当面は大幅な価格の下落も発生しないでしょう。
日本発の仮想通貨である点も、新規参入投資家にとっての好材料と捕らえられる可能性は高くMonacoinはその存在感を更に大きくしていくものだと考えられます。

Monacoinに影響を及ぼす存在は?その他の仮想通貨との関係性は?

Monacoinは日本発の仮想通貨ですが、実際の仮想通貨の市場規模を考えると日本以外の市場での評価を無視する訳にはいかないでしょう。
システムのベーシックな部分を共有、依存しているとも言える、Litecoinやビットコインの存在感はMonacoinの価値を図る上でも強い影響力があると言えるでしょう。

ここではMonacoinを取り巻くその他の仮想通貨との関係性を紹介します。

Monacoinの市場価値を見極めるために注目すべきその他の仮想通貨とは?

Segwitを世界に先駆けて実装したことで、その評価を上げたMonacoinですが、現在その他の仮想通貨も続々とSegwitを採用し始めたことでそのプレミアム感は薄れつつあります。

一部の仮想通貨は現在気楽に手が出せないほどの高値が付き、投資のボリュームによる住み分けが始まっています。
大口の資産運用としての投資先にはビットコイン、小口の取引に関してはLitecoinの流れができつつありますが、価格的にはLitecoinよりも安いことからMonacoinは更に小口の取引やビギナーの登竜門としての位置付けの色が濃いようです。

これは仮想通貨に対する信用が低下し市場価値が下落し始めたときに、大きな影響を受けやすいと言うことになりますので、ビットコイン、Litecoinの動きには注目するべきところでしょう。

Monacinの未来予想図は?将来的にもリスクの少ない有望な投資先になり得るのか?

一定の市場価値を認められたMonacoinですが、中長期的なレンジでの投資先として相応しい仮想通貨と言えるのでしょうか?
ネットコンテンツの評価というあまりにも偏った開発コンセプトに不安を感じる人も少なくないでしょう。

現在盛り上がりをみせているMonacoinは一過性の単なるお祭りで終わってしまうのでしょうか?将来的なリスクを予想して紹介します。

Monacoinをロングレンジでの投資先に選定した場合に考えられるリスクとは?

一定の支持を得ることで市民権を得たと思われるMonacoinですが、その伸び代に対しては疑問符を付けざるを得ません。
地球規模で展開をみせている他の仮想通貨に対して、日本国内だけで展開するMonacoinはいわばガラパゴス仮想通貨と言えるからです。
熱狂的な支持者が存在するのは確かですが、全世界の人が使いたいと思えるような求心力に乏しいと感じる投資家にとっては、不満を覚える仮想通貨であることは紛れもない事実でしょう。

半減期を迎えることで相対的価値が上がるはずのMonacoinですが、ここに来て価格が下落している点は非常に気になる処です。

有名サイト「2ちゃんねる」が立ち上げた仮想通貨

公開当初は「2ちゃんねるに依存するネットオタクの悪乗りで始まった。」かのようなネガティブな印象をどうしても払拭できなかったMonacoinですが、以外にも着実な成長を見せたところで投資先としての仮想通貨に認定されつつあるようです。

これはネットコンテンツへの評価の道具としてでは無く、アマゾンとの提携やプリペイドへの換金など着実に実体経済に転換できる道を探った結果と言えるでしょう。
世界共通語となった「オタク」が発信する仮想通貨Monacoinが世界に向けて発信され、世界共通語となる日は意外と近いのかも知れません。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.