ビットコインの基礎知識

ビットコインは税金がかからないうちに購入する!ビットコインの取引ルールは

更新日:

法整備が追い付かないビットコインで税金なしのらくちん投資を始める

ビットコインは日本やアジアで換金ブームがすすんでいます。
電子マネーのように決済ができるほか、ウォレットというデジタルな財布からは他人に自分が持つビットコインを送付することができます。この時通常であれば贈与税などがかかりますが、ビットコインも移動性財産として贈与税、相続税の対象となっています。

しかしこのビットコインの流れはすべてを把握することは非常に難しく、現状では税金がかからないことで多くの投資家や資産家に人気となっています。
またこれまでは事実上本人か国の必要がなく取引が可能でしたので、実質的にはマネーロンダリング(資金洗浄)などにも利用されている可能性がありました。しかし現在ではビットコインを取り巻く環境は大きく変わっています。

特に本人確認や法律の制定など、取引を行う際に必要な決まりを作っているところです。ここではビットコイン取引にまつわるいろいろな側面から現在のビットコインの立ち位置を解説します。

取引所は本人確認の徹底、顧客の預かり資産と自社の資産の分離を求められている

ビットコインを取り巻く環境は変わってきています。
これまでは株式会社化した取引所が単独で決めてルールにのっとって取引を行っていましたが、これまでは個人情報の提出が必要とされていなかったため、マネーロンダリングも可能な状況となっていました。

また送金に関してもほぼ匿名での送金が可能となり、ビットコインでやり取りをすれば基本的にだれがだれに送ったかについて追跡することは不可能でした。
また取引所も金融商品取引法の範囲外の商品であったので、取引所にはルールはなく、顧客からの預かり資産を運転資金へと回すことも可能でした。こうした中で準通貨として制定され、取引所に関する決まりができ始めています。

事業側はマネーロンダリングを防ぐために銀行と同じレベルで仮想通貨を取引をする人の本人確認を徹底している

ビットコインは近年企業性資金の導入でも話題なっています。
平成29年4月から施工された仮想通貨交換業という名称となった取引所は、取引所を営むにあたり内閣総理大臣の登録が必要となります。そのため取引所自体の運営ハードルが上がりました。

基本的には利用者に社会的信用を与えることとなりましたが、求められる基準も上がりました。
これまで利用者は規制がない分自由に参加し取引ができました。しかしそれは裏を返せばどこの誰かもわからない人と取引をしていたことになります。もしこの参加者が資金洗浄を目的としていたら、誰もその意思を知らないまま取引が進み、マネーロンダリングが完了する状況でした。

その流れを止めるために資金法というこれまで事業者がどのように資金を扱うかを取り決めた法律を改正し、法令とガイドラインによって取引の細則を制定しました。
その結果取引所及びその参加者は投資資金の性格と取引者の本人確認を必要とするようになりました。したがってこれまでよりも金融機関と同様の取引所へと変化したといえます。これによりビットコインの自由性が少々変化しているという意見もあります。

事業者側が倒産しても利用者を守るために顧客からの預かり資産と事業の運営資産には手を出さない

一般的に金融商品を扱う取引所や販売会社は、それぞれが経営を行うための資産と顧客からの預かり資産を分別保管しており、仮にそれぞれが破綻する場合においても投資家の資産は保護されるという決まりがあります。

ビットコインを扱う企業はその決まりの対象には含まれていなかったため、取引所の倒産とともに預かり資産まで消失するという事案が発生しました。この状況に関しても法改正において、預かり資産と運転資金、自社の資産は分別預託されることで顧客の安全性の確保に寄与しています。

ビットコインの会計上の取り扱いはどのようなものか

ビットコインはこれまで誰も扱ったことがない新しい会計価値を生み出すことのできる投資方法です。
交換できるサービスの充実とともに、準通貨への指定など、利用できる環境が進んでいく一方で会計時などの細かいルールなどはまだ未策定の部分が非常に多いです。

モノやサービスへ交換された後の価値の保存性はどうするのかといったことや、その時点での交換レートの安定性などは非常に重要なところで統一化されたルールが必要になります。
こうした制度化がなければ一体化した取り扱いにはハードルが存在することになります。ここでは現状のビットコインが受ける会計上の扱いについて解説します。

取扱いについて統一された決まりが必要で、日本ブロックチェーン協会と日本会計士協会、金融などで話合いが続いている

ビットコインを会計上の帳簿に記載してその後企業が扱う資金としての性格や個人、法人を問わない仮想通貨としての位置の決定が必要になります。
簡単にたとえるならば、ビットコインは値動きがあり、単純に現金に換算される場合においてはその時価で税金を換算するのか、それとも交換した価値で計算するのかなど、利用でき店舗が増えるにつれて制度が追い付かない状況が続いています。

またマイニング作業を世界規模で行っている場合は世界中にチームがあり通貨として基準が違うと国外の収入となることも考えられます。そのため現在ブロックチェーン協会や金融の現場、会計士などが制度化を目指し話し合いが続いています。

現時点の話し合いの結果はどのようになっているか

ビットコインに関する話し合いは、現状ではコインの流通性や特性から現金としての取り扱いに近しいものとなっています。
そのため一概にこれからも現金のようにどこかの通貨の価値に幅寄せしていくかというとそういった状況でもなく、課税の対象となるようにあったのちに安定した価格帯へと突入することになるでしょう。

そうでない場合はビットコイン自体の価格が急落、つまり資金が流出することで再び投資商品としての価値が弱まる可能性があるので、今後の動向に注目です。

ビットコインに消費税は2017年7月1日からかからなくなっている

ビットコインにはこれまで様々な税金や規制がかかるのではないかということで議論になってきました。
特に問題になったのがビットコインが持つ全世界における共通価値性です。いわゆる財産的価値というもので、これまで世界規模の価値は金がその重責を担ってきました。

金にとって代わる可能性を視野に入れると購入時に消費税をかけるべきなのかの議論となります。ここではビットコインに対する消費税の流れを解説します。

ビットコインは非課税扱いとなっているが消費税がかかるとどうなるか

ビットコインにかかる税金の特徴として、資金決済法が徴用されています。

その中ではビットコインは電子的に処理されていて移転が可能なこと、不特定多数に対して利用が可能であること、財産的な価値を保有していても国家が発行する通貨建ての資産ではないことなどが挙げられています。

したがって金と違う点は電子的に処理されていて現物資産ではないことです。
金との比較から購入の際に消費税を支払う必要が発生するとの意見もありますが、2017年7月1日より、課税対象とならないことが発表されました。これは有価証券及び支払い能力を有する資産には消費税を課税しない非課税取引である取引であるとの判断から出るものです。

この面からは有価証券や通貨としての価値を有していることが推測されます。

仮想通貨に対して世界に先駆けた日本オリジナルの取り組みを解説

仮想通貨に対しての枠組みは世界中で推進されていますが、日本は世界に比べて消費税を課税していたことなど、独自のプロセスを進むことがあります。
中でも日本ならではの進んでいる項目もあれば全くと言っていいほど遅れている分野もあります。

今後世界中でビットコインが主流になることは確定していませんが、それに関連して開発された技術は間違いなく必要とされています。ここでは日本で先進的に採用されている仕組みについて解説します。

世界に先駆けた日本の取り組みとは、法改正と技術革新から読み解く

日本は世界のビットコイン情勢に比べ、政府が関与している点については先駆けとなっています。
資金決済法や消費税法などから仮想通貨としての定義を紐解き、課税するか否かといったことや金融商品としての特性的な部分を解析し取引所の仕組みを策定することができている点を鑑みると、非常に制度的には先進国といえるでしょう。

さらに世界的にはビットコインに投資するのかどうかということよりもブロックチェーン技術を利用することのほうが先進的に捉えられている傾向にあります。
したがってその面での技術革新ということに関しては後れを取っている可能性が高いです。

日本におけるビットコインは技術の宝庫というよりも投資商品としての妙味が強いことからも、投機的な性向があります。
したがって日本で先進的な部分といえば投資商品としてのビットコインの制度ということになります。

アメリカでも唯一制度として取り決めのあるニューヨーク州の規制とは?

ビットコインを取引するにあたり、日本では法制度化されて取引所がしっかりしてきています。
マウントゴックスの様なお金の持ち逃げのように顧客の預かり資産に手を出すことはできず、ほかの投資商品と同じように分別預託がされています。

そのうえで日本では金のように消費税を課税するわけでもなく、通貨とは違う扱いをすることでその位置を確保してきましたが、世界ではそのように中央政府が直接的に関与する事例は稀です。

ここではアメリカでビットコインが普及しない事例について制度の違いを解説します。

仮想通貨に対してのニューヨーク州の規制は日本と比較してどのようなものか

日本のビットコイン取引所は登録制となっています。その登録を受けることで取引所や販売所としての機能を有することとなりますが、日本でもそれなりのハードルがあります。
しかしニューヨーク州の場合は特に厳しく、予備登録費で5000ドル、さらに資金移動法や銀行法などの許可を受ける必要があるため、現在取引所を開設しているのは大手の銀行や証券取引所から出資を受けた母体組織が運営を行っています。

またこの決まりは週ごとに異なるため、全土で扱える取引所を開設しようとすると莫大な費用と時間が必要となります。
実質的にはベンチャー企業としてビットコインを支えることができないため、大手の金融機関へと任せようという意思が見え隠れしています。

ビットコインは常に成長し進化していく通貨

ビットコインは取引所の運営や法規制を見てもわかるように、世界的にこれといって基準となる制度はありません。
しかしそれでもビットコインのバイヤーとマイナーに分かれ日々経済活動の中に盛り込まれてきました。はじめはそれほど取引自体も多くなく、100ビットコインや1000ビットコインを利用できたでしょうが、その単位で使用してしますと現在価値に直すと非常に高額となってしまします。

そのため制度的にもスキーム的にも進化する必要があるため、常に議論が起こっています、この投資を始めるのであれば、完全に法規制の対処外となっている現時点であるからこそ参入する価値があります。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.