仮想通貨の基礎知識

仮想通貨ビットコインを日本円に換金して出金する方法

更新日:

ビットコイン価格の急騰によって空前の仮想通貨ブームが巻き起こり、これまで金融に興味の無かった一般の方も仮想通貨取引に挑戦する時代になりました。仕事の報酬としてビットコインを支払っている会社も増えてきており、仮想通貨が将来の人類の経済活動を担う存在となること必至です。

仮想通貨はトレードに用いられているだけでなく、電子マネー決済の手段としてオンラインショップや家電量販店などで実際にショッピングの支払いに充てることが可能です。(むしろそちらが本来の用途。)購入した仮想通貨が値上がりすれば同数量の仮想通貨でも多くのショッピングを楽しめるようになるため、今のうちに仮想通貨を買い込んで将来に備えている方も多く見受けられます。

しかし、仮想通貨はまだまだ発展途上の分野です。開発に携わっている現場の方々も日々試行錯誤を繰り返している段階であり、時には先行きを不安視するようなニュースが流れて価格が暴落してしまう局面も少なくありません。

そういう時は、所有している仮想通貨を一旦日本円に換金して出金するのがベストです。法定通貨に鞍替えするだけで、簡単に相場の急変を回避しリスク管理を実現できます。仮想通貨は他の金融商品と比べて非常に値動きの激しいリスク資産であるため、あまり意地を張らず適度に利益確定の換金をすることが大切です。

ここでは仮想通貨の中心的存在であるビットコインを例にして、仮想通貨を日本円に現金化する方法をご紹介しましょう。

ビットコインを現金化する方法1:取引所で売却して得た日本円を出金する

最もメジャーなビットコイン換金方法は、仮想通貨取引所でビットコインを売り、獲得した日本円を任意の銀行口座に出金することです。日常的に仮想通貨取引を行っている方なら他のサービスを経由することなく円滑に手続きを進められるメリットがあり、非常にスピーディーです。

なお、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を換金する場合も、そのアルトコインを取り扱っている取引所で同じ方法が使えます。以下にその具体的な手順をご紹介いたします。

  1. ビットコインを取引所に送る
    取引所にビットコインを預けているならこの工程は不要ですが、取引所を全く利用していない、あるいは他の取引所で換金したいという場合は、所有しているビットコインを取引所に入金することから始めましょう。(取引所によってビットコインの売買手数料および日本円の出金手数料が異なるので、少しでもコストをケチりたい時は下記の表を参考にしてください。)

    • ここではcoincheckを例に説明します。取引所にログインしたら、メニューから「コインを受け取る」を選択。
    • ビットコイン」を選択。
    • ビットコイン通常入金用アドレス」の文字列を送り元で入力すれば、coincheckのウォレットにビットコインを入金することができます。

      その際、入金アドレスを手動入力すると間違えて取り返しのつかないことになる可能性が非常に高いので、コピー&ペーストするようにした方が無難です。スマートフォンならQRコード(二次元バーコード)を使えてさらに安心です。

  2. ビットコインを売却する
    続いて、送金したビットコインを売却します。

    • メニューから「コインを売る」を選択。
    • ビットコイン」を選択。
    • 数量」に任意の数値を入力し、「売却する」をクリックすれば完了です。

    なお、ビットコインの売却には、仮想通貨を取り扱っている企業に売却する「販売所」経由の方法と、利用者同士で売買取引を行う「取引所」経由の方法の2種類があります。今回ご紹介したcoincheckのやりとりは前者にあたり、ご覧の通り非常にスムーズに手続きを進められるのが特徴的です。しかし、売却する仮想通貨によっては高い手数料を徴収される可能性があります。

    一方、取引所を利用する場合は、株式取引のような「板」を使って市場に注文を流すことになります。上方に売り注文が、下方に買い注文が並べられており、最も高い買い注文と最も安い売り注文が合致すれば売買成立。時々刻々と約定レートが変化しているため、買いの勢いが強い時には高く売れるメリットがありますが、逆に買い手がつかない時は安いレートで強引に売却しなければならないデメリットもあります。

    販売所と取引所、どちらを利用すべきかは自分で考えて決めてください。

  3. 日本円の出金依頼を行う
    最後に、ビットコインを売却して得た日本円を出金します。

    • メニューから「日本円を出金する」を選択。
    • 自分が普段利用している銀行口座を登録し、「この口座に振り込む」ボタンをクリック。
    • 出金したい金額を入力し、「出金申請をする」ボタンをクリックすれば完了です。通常、申請から1~2営業日ほどで振り込み手続きが完了します。

      なお、日本円の出金にはSMS認証と郵送ハガキの受け取りによる本人確認が必要です。

ビットコイン入金手数料比較

取引所 手数料
coincheck 通常:無料
高速:0.002BTC
zaif 無料
bitFlyer 無料
BITPoint 無料
BTCBOX 無料
みんなのビットコイン 無料

ビットコイン売買手数料比較

取引所 手数料
coincheck 無料(キャンペーン中)
zaif 現物取引:-0.01%
maker手数料:-0.05%
taker手数料:-0.01%
bitFlyer ビットコイン簡単取引所・Lightning現物(BTC/JPY):0.01%~0.15%
ビットコイン販売所:無料(キャンペーン中)
BITPoint 無料
BTCBOX 無料
みんなのビットコイン 無料

日本円出金手数料比較

取引所 手数料
coincheck 400円
zaif 50万円未満:350円
50万円以上:756円
bitFlyer 3万円未満:540円(三井住友銀行なら216円)
3万円以上:756円(三井住友銀行なら432円)
BITPoint 振込先の銀行に準ずる
BTCBOX 出金額の0.5%、最低400円
みんなのビットコイン 500円

このように、取引所でのビットコインの現金化は非常に簡単です。ただし、仮想通貨を売却して現金化した場合、獲得した日本円は課税対象となります。仮想通貨の売却益は総合課税の雑所得として計上されるため、年間20万円以上の雑所得があった場合は確定申告しなければなりません。うっかりしていると追徴課税の恐れがあるので十分に注意しましょう。

ビットコインを現金化する方法2:仮想通貨自動両替機(ATM)から出金する


出典:cnet
六本木や渋谷、銀座など東京のごく一部の地域には「ビットコインATM」なる機械が設置されており、わざわざ取引所で売却・出金手続きを行わなくてもビットコインを直接日本円に両替することが可能です。

現在ガイアエクスチェンジが開発を進めている仮想通貨自動両替機は、スマートフォンのQRコードを読み取り、当日の円レートで自動換算して入力された金額をウォレットから引き出してくれる高性能端末です。早ければ2018年3月から各地で導入される見通しであり、仮想通貨現金化のハードルが大幅に引き下げられること間違いなしです。

まとめ

数年前までなら、駅前の雑居ビルなどに店舗を構える「仮想通貨両替所」でビットコインを日本円に両替するという方法も使えました。しかし、2017年4月の改正資金決済法により仮想通貨交換を取り扱う事業者は金融庁への登録を義務付けられるようになったため、残念ながら多くの両替所がビットコインの現金化サービスを終了してしまいました。

仮想通貨自動両替機は銀行のATMに比べたら圧倒的に設置台数が少ないものの、普及率が上がっていけば今後仮想通貨換金方法の主流となっていくことでしょう。

仮想通貨自動両替機がほとんど街中に存在しない現時点では、やはり取引所を利用するのが一番現実的です。各取引所の手数料を考慮しながら、自分にとってベストな現金化スキームを構築しましょう。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨の基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.