仮想通貨取引所

各仮想通貨のスプレッドを比較!低スプレッド仮想通貨業者ランキングTOP3も発表

更新日:

FXと同じように仮想通貨取引にもスプレッドが設定されている

FX取引の経験がある人であればスプレッドとう言葉になじみがあると思います。
スプレッドとは取引における買値と売値の差のことです。スプレッドを理解しないとせっかく苦労して売買しても利益が減ってしまったり、逆に損をすることにもなります。

今回は取引で重要となる各通貨ペアのスプレッドを比較してみました。

スプレッドは実質的には手数料と同じものですからスプレッドの仕組みやスプレッドがどの程度に設定されていることを知ることは仮想通貨取引業者を比較する上で重要なポイントです。

1. ビットコイン(BTC)
2. イーサリアム(ETH)
3. ビットコインキャッシュ(BCH)
4. リップル(XRP)
5. ライトコイン(LTC)
6. ダッシュ(DASH)
7. ネム(XEM)
8. モナコイン(MONA)
9. モネロ(XMR)
10. リスク(LSK)
11. イーサリアムクラシック(ETC)
12. ジーキャッシュ(ZEC)
13. オーガー(REP)
14. ファクトム(FCT)
15. ネオ(NEO)
16. ウェイブス(WAVES)
17. クアンタム(QTUM)

※流動性によってスプレッド値は変化します。あくまでも目安として考えておきましょう。

仮想通貨もFXと同じように通貨ペアごと、業者ごとにスプレッドが設定されている

仮想通貨を買ってその場ですぐに売ったとしても、スプレッドの分だけ損することになります。

スプレッドは通貨ペアごとに設定されており、ビットコインと円のスプレッドとイーサリアムと円のスプレッドには違いがあります。
また、業者によってもスプレッドは異なります。スプレッドは実質的な手数料なので、業者によっても設定が違ってくるのですね。

スプレッドは相場や取引量によって上下するので毎回チェック

スプレッドは買値と売値の価格差です。価格差は手数料と実質的には同じで利益を押し下げる要因になります。
取引業者を選ぶときには手数料はもちろん、スプレッドも比較しておく必要があります。

ところで、なぜスプレッドは業者や通貨ペアごとに違ってくるのでしょうか。
スプレッドを決めるのにはどんな要因があるのでしょう。スプレッドは各業者が設定するので詳細には分かりませんが、一般的には次のような2つの特徴があります。

  • 取引量が多いとスプレッドは安定し、狭くなる傾向にある
  • 相場が急騰しているときにはスプレッドは広くなる傾向にある

取引量が多いということは取引の回数も多いということですから、業者にしてみればそれだけスプレッドという手数料がもらえます。
ですからスプレッドを狭く設定しておいても十分な利益を上げることができます。

また、相場が急騰しているときには誰もが大きく利益を取るために大きく上がるまで待ちます。
結果的にスプレッドが広かったとしても利益を上げられるので、業者も遠慮なくスプレッドを広くする傾向があります。

仮想通貨取引業者スプレッド比較ランキング TOP3

各業者ごとのスプレッドの比較をしていくと各社の特徴も見えてきます。
ビットコインの取引だけに絞ってみてもスプレッドの設定には大きな差があることが分かります。やはり、取引量の多い業者ほどスプレッドが狭く設定されている傾向にあるようですね。

スプレッドを比較したうえでのおすすめの仮想通貨取引業者TOP3を発表します。

3位 coincheck -最狭のスプレッドを誇り、取扱い通貨銘柄も豊富

業者名:coincheck
スプレッド(円):160円
レバレッジ:5倍
最低取引単位(BTC):0.001

TOP3の各社ともにスプレッドが他社に比べて格段に低く設定されています。それだけ利用者に信用され取引量も多いということです。zaifのマイナス手数料には勝てませんが、無料でも十分魅力的です。

coincheckでは13種の仮想通貨の取扱いがあり、いろいろな通貨ペアのチャートを確認できる意味でも口座開設だけでもしておく価値のある業者です。

また、coincheckでは不正操作されてビットコインを失ってしまった場合の補償制度を設けています。国内業者ではまだまだ導入している業者が少ない補償制度で補償額は100万円ですから、かなり大きなポイントですね。

さらにcoincheckではビットコインの取引だけでなく、ビットコインを利用した電気料金の支払いや寄付などもすることができます。投資目的としてだけでなく、貨幣としてのビットコインを広く活用したい人にはおすすめの業者です。

2位 bitflyer -取引量日本一で安定したスプレッドが魅力

業者名:bitflyer
スプレッド(円):259円
レバレッジ:15倍
最低取引単位(BTC):0.001

スプレッドは取引量が多いほど安定し、狭くなる傾向にあります。
その点においてbitflyerは日本で最も歴史のある仮想通貨取引業者ですから利用者数も多く、ビットコインの取引量は日本一となっています。bitflyerに対する信頼は歴史の長さだけではありません。大手有名企業が出資していることもあり、安心して取引ができる取引所の条件のひとつである資本力を持っています。

bitflyerでは様々なキャンペーンを展開しており、ログインするだけでビットコインがもらえるというものも不定期で開催しています。
ログインするだけで資産が増える楽しみがあるのもbitflyerのおすすめポイントです。
さらにbitflyerには安心して取引できる制度があります。安心して取引できるということは、安心感から利用者が増えることにつながります。利用者が増えればそれだけ取引量が増えることになりますから、結果的にスプレッドが狭くなります。

その安心度を高めてくれる制度が補償制度です。国内ではcoincheckとbitflyerでしかやっていない制度で、不正アクセスなどによる被害を補償してくれます。
補償額は50万円となっています。50万円までの被害を補償してくれるわけですから、50万円分までのビットコインはbitflyerのウォレットに預けておき、それ以上は別のより安全なウォレットに移しておくというセキュリティー対策もできます。

1位 zaif -最狭のスプレッドを誇り、しかも売買手数料はマイナス0.01%

業者名:Zaif
スプレッド(円):120円
レバレッジ:7.77倍
最低取引単位(BTC):0.0001BTC

スプレッド比較の堂々一位になったのはzaifです。スプレッドは国内業者の中で最も狭く、利用者に優しい業者だと言えます。ちなみに、手数料は無料です。

しかもzaifはスプレッドの狭さだけではなく、手数料が-0,01%となっています。マイナスの手数料とはどういう意味でしょうか?売買をするたびに手数料を払うのではなく、もらえるということなのです。

スプレッドも実施的には手数料として考えられますから、売買手数料が低いということはスプレッドが狭くなるのと同じ効果を産みだします。

また、zaifの特徴として積立方式でビットコインに投資できる点です。定期的にコツコツと買い増していけるので短期の相場に左右されずにじっくりと価格の上昇を楽しみに待つことができます。

安心、お得の両方がそろったzaifがスプレッド比較のナンバー1業者にふさわしいですね。

余談ですが、zaifではモナーコインも扱っています。モナーコインの取扱い業者はまだまだ少ないですからその点でも評価されています。

仮想通貨取引業者のスプレッドを比較してみた結果

国内の仮想通貨取引業者のスプレッドを比較したところ、Zaif、bitflyer、coincheckの3社が断トツでスプレッドが狭いことが分かります。

この3社はスプレッドだけでなく売買手数料も低いために非常にお得にビットコインなどの仮想通貨の取引ができます。

仮想通貨取引業者を選ぶときにはまずは投資効率の高いところや、安心できる業者を選ぶと思います。
投資効率という面では今回TOP3に輝いた3社は申し分ないと言えるでしょう。安心面ではどうでしょう。安心をはかる目安としての取引量や利用者数がありますが、スプレッドが狭いこともあり、やはり取引量も利用者数も多いようです。
そもそもスプレッドは取引量が多いと狭くなり少ないと広くなる傾向がありますから当然の結果と言えますね。

仮想通貨の取引を始めるときには各取引業者が設定しているスプレッドを調べることで安心やお得さまで知ることができるのです。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨取引所

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.