ビットコインの基礎知識

海外送金が必要な場面とは?誰しも海外送金をする場面に出会う可能性がある

更新日:

手数料の高い海外送金もビットコインを使えば手数料が0〜数十円になる

グローバル化があたりまえになってきたことから、個人も業者も海外送金をすることが多くなってきました。「海外の投資用口座に送金するため」「海外留学する子どもへの生活費の仕送り」など、海外送金する理由はさまざまです。

個人や業者が海外送金が必要な時とは?どんな場面で使うのか?

海外にいる人や業者などを相手に送金を行う海外送金。現金での送金やネットバンクからの送金など方法はいくつかあります。
国内の送金よりも手数料が遥かに高いですが、海外送金が必要な場面はどのような時でしょうか。

今注目されている仮想通貨のビットコインは、海外送金でも手数料が0〜数十円で行うことができます。
低コストで海外送金ができるため、今後さらにビットコインを使った海外送金が増えると考えられています。どのような場面で海外送金が必要になるか把握した上で、現金・ネットバンク・ビットコインなど、どの手段が適切か考えるようにしましょう。

  • 個人輸入
  • amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、国内では多くのネット通販が利用できます。何れも購入できる商品の多くは日本向けの国内業者が多いです。「国内業者が扱っていない商品を購入したい」「コストを下げるために海外業者から直接商品を大量に仕入れたい」など、個人で海外業者から商品を仕入れる場合は、業者に直接海外送金を行わなければありません。

  • 海外投資
  • 将来性が見込める海外企業へ投資をしたい場合や海外企業と取引する場合などは、海外送金が必要になります。特にグローバル化が進む時代において、国内企業の多くも海外での活動に力を入れており、このような機会は年々増えています。

  • 仕送り
  • 「子どもが海外留学をしている」「兄弟・姉妹が海外赴任している」「親が海外に長期滞在している」など、さまざまな場面で海外送金が考えられます。生活費や学費などを毎月のように仕送りしている人もいます。1回の海外送金ごとに数千円の手数料がかかり、年間で手数料だけで数万円かかるという環境の中で毎月海外送金を続けている人もいます。従来の方法ではなく、ビットコインを使って海外送金をすれば手数料0円で送金することも可能です。

  • 旅行先での現金の盗難
  • 1人旅やカップル・夫婦の2人旅、家族旅行など、LCCの普及もあり海外旅行は以前より身近なものとなりました。韓国や台湾、香港、シンガポール、アメリカ、ヨーロッパ、、、など、毎年多くの場所へ日本人が海外旅行をしています。楽しく思い出に残る旅行もあれば、たまたま行った国の治安が悪く財布や荷物を盗まれることもあります。貴重品の入ったバッグごと全部盗難に遭うことも少なくありません。そんな時は日本にいる知人や友人、家族・親戚にお金を送金してもらわないと食事や宿泊もできなくなってしまいます。「普段は海外送金なんて使わないし」と海外送金とは縁がないと考えている方も、突如として当事者になることもありますので決して他人事ではありません。

  • 大規模災害時の寄付金
  • 近年、世界中で大地震などの大規模災害が起こっています。国内で大規模災害が起きた時同様に、海外で大規模災害が起きた時も多くの人が寄付金を行います。国内で起きた災害は専用の口座への銀行振込で対応できますが、海外の場合は海外送金しなければいけないことも多いです。海外の被災地へ寄付金をしたい場合や、海外にいる知人や親戚が被災して直接支援したい場合に海外送金は必要です。

    海外クラウドファイナンスへの投資
    海外クラウドファイナンスへ投資を行いたい場合も資金を海外送金する必要があります。個人というよりは企業が中心ですが海外送金が必要になる機会の1つです。

  • 事業資金の移動
  • グループ内企業同士で事業資金の移動を行う場合も海外送金を使ったりします。特にグループが大きいほど海外に子会社を展開しているところは多く、状況によって事業資金の移動を行います。

    海外メーカーへの支払いなど・・・
    海外メーカーから直接商品やサービスを購入した場合は、支払いに海外送金が求められます。特に企業の場合は、大量かつ頻繁に商品やサービスを購入して支払いを行うため、海外送金にかかる手数料は極力安く抑えたいものです。ビットコインの普及が進めば、安全かつ低コストで送金できるため企業のメリットも大きいです。

日本人が個人で海外送金をする場面とは?意外にも身近にある海外送金

日本人が個人で海外送金するのはどんな場面が多いのでしょうか。「
海外送金なんてしたことない」「海外送金はすることがない」と考えている人も、海外送金をする機会が出てくるかもしれません。ここでは、日本人が海外送金する場面について確認していきましょう。

日本人が海外送金を利用する場面はどんな時が多いか?

日本人個人が海外送金を利用する場面としては、

■仕送りや旅行先での盗難
■海外業者を使った投資
■海外業者から商品を仕入れる

上記3点が身近なのではないでしょうか。
アメリカに留学をしていて生活費を毎月仕送りしている…など、いろいろな海外送金をする場面があります。
また、投資をしている人はレバレッジの高さや手数料の安さ、商品ラインナップなどを魅力に感じて海外業者を利用していたりもします。

その際、海外の投資用口座に海外送金が必要です。
フリマアプリやネットショッピングの普及によって、仲卸業者を通さずに個人で海外業者から直接仕入れる人も増えています。業者でもそうですが、個人で海外送金を行う場合も手数料の高さには頭を悩まされます。
しかし、ビットコインで海外送金をすれば、手数料はほぼ皆無ですので節約もできます。

中国ではなぜビットコインの取引量が世界1なのか?人気な理由は?

世界で最もビットコインのマイニングや取引が行われている中国。圧倒的シェアを誇りますが、なぜ中国ではビットコインが人気なのでしょうか。ビットコインが人気な理由を知れば、中国のビットコイン取引量が今後どれくらい伸びるのか、どんな規制や出来事があれば取引量が落ちるのか予測できるようになります。

なぜ中国ではビットコインが人気なのか?その理由とは?

世界の多くの国で注目されているビットコイン。その中でも取引量が最も多いのが中国です。
中国でビットコインが人気な理由、取引量が多い理由は

■マイニンググループが多く存在している
■ビットコインが普及しており人民元への不安がある

などがあります。ビットコインを得るためには、マイニングと呼ばれるブロックチェーンの承認作業で1位を獲らなければなりません。
マイナーと呼ばれる人たちが計算競争で1位を獲得すれば、その報酬としてビットコインが支払われます。マイニングは高性能なコンピュータを使って計算を行いますが、相当な電気代がかかります。

中国の電気代は非常に安いため多くのマイニンググループが存在していると言われています。また、国がビットコインに対して消極的だったことや、ヨーロッパのようにビットコインのATMが頻繁にあるわけではありませんが、安全性・利便性の高さから中国国民のビットコインへの関心は高いです。

特に、自国の通貨である人民元に対しての不安が大きいことから、ビットコインを買う人が増えています。

グローバル化とビットコインの普及で海外送金の機会は増えてくる

業者でなく個人であっても、突如海外送金が必要になる場面に出くわす可能性があります。
仕送りだけでなく、寄付金や個人輸入などで海外送金を利用するかもしれません。海外送金は従来の方法だと多額の手数料がかかってしまいますが、ビットコインを使えば手数料は非常に安く0円も可能です。

ビットコインであれば、海外送金も身近なものになりますので、さまざまなことが今まで以上にやりやすくなります。

結局どの取引所が良いの?仮想通貨取引の選び方&最新おすすめランキング

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.