仮想通貨の基礎知識

KCSコイン(トークン)の買い方と将来性※KuCoinのニーズが高まれば価格高騰確率も上昇する

記事執筆 和希
bitcoinkiso 編集部の和希です。2017年11月から原資200万で仮想通貨市場に参入しました。12月中にビットコインキャッシュの急騰で1週間で500万収益アップ!!2018年中に億り人へチャレンジします!!... 続きを読む

更新日:


2017年11月に開設され、急激に利用者が増えつつある香港の仮想通貨取引所KuCoinとKuCoinの独自通貨KCSをご存知でしょうか?KuCoinは第二のバイナンスとも呼ばれるほど期待値大の取引所です。

海外の取引所や、国内でもZaifなどで取引所独自の仮想通貨を発行しています。取引所の独自通貨には、手数料の割引や配当などのメリットがあるため、実は密かに注目されているのです。取引所内での利用だけでなく、値上がりによる利益も期待できるのも魅力の1つです。

今や世界第一位の取引所となっているバイナンスのBNBの値上がりを見ると、否が応でもKuCoin発行のKCSに期待が高まります。

KuCoinが発行しているKCS(クーコインシェアーズ)のメリットや将来性、購入方法などをお伝えします。

KCSコイン(トークン)とは

KCSとはどのような仮想通貨なのでしょうか。厳密には、KCSは仮想通貨ではなくトークンですが、ビットコインやイーサリアムなどと同じように売り買いすることができます。

KCSには単に売り買いするだけではない、2つのメリットがあります。

  1. KuCoinでの取引手数料として利用すると手数料が割引になる
  2. KCSの保有量に応じて毎日配当がもらえる

独自通貨による手数料割引はバイナンスでも行われていますが、配当がもらえるトークンは、KuCoin独自のサービスです。

手数料が割引になり、毎日の配当をもらいながら、なおかつ値上がりによる利益も期待できる。そんな夢のようなKCSが買えることからもKuCoinが人気を集めています。

KCSコインの基本情報として、発行枚数、取扱取引所などを確認してみましょう。

・KCSコインの概要

発行単位 クーコインシェアーズ(KCS)
発行総数 2億 (市場流通は1億)
発行者 Kucoin Co., Limited.
KuCoin社留保分 1億 KCS
取引所と創業メンバーが所有。
半減期 4半期毎に手数料の10%を買上げ
発行日 2017年9月2日
企業拠点 香港
取扱取引所 KuCoin

現在1憶枚が市場に流通しているKCSですが、KuCoinでしか売買することはできません。希少価値の面からも値上がりが期待されています。

第二のバイナンスと評価されて大注目

ここで、KCSの取引ができる取引所KuCoinについて簡単に触れておきます。

KuCoinは香港の仮想通貨取引所で、日本語対応の海外取引所として知られています。同じく日本語対応のバイナンスとよく比較され、第二のバイナンスとも呼ばれています。

・バイナンスとの共通点

  • 日本語対応
  • 独自通貨を発行している
  • 手数料が安い
  • たくさんの仮想通貨の取り扱いがある

バイナンスは今や世界最大の取引所の1つとなっています。KuCoinはそのバイナンスと似たような機能を持つ取引所です。利用者からの評価も高く、急激に口座を開設する人も増えています。

クーコインの成長と一緒にKCS価格が上がっていく?

バイナンスとKuCoinの共通点として、独自通貨の発行があります。バイナンスではBNB、KuCoinはKCSを発行しています。

どちらも手数料の支払いに使えるトークンです。特徴が似ているため、取引所同様、KCSが第二のBNBに成長するのではないかと期待されています。というのも、BNBはバイナンスの利用者が増え、取引上の増大に伴って、その価格も急上昇したからです。

今後、KuCoinが取引所として成長するにしたがい、KCSの値段も上がっていくことが予想されています。

では、実際にKCSの値上がりの可能性はどのくらいあるのでしょうか。仮想通貨全体に共通することですが、価格の上昇はその通貨を利用する人が増えるにつれて上がります。KuCoinに口座を開設する人が増えれば、手数料支払い用にKCSを購入する人も増えます。そうなれば自然とKCSの価格は上がっていくことになります。

さらに、KuCoin にはKCSを保有することで配当がもらえる仕組みがあります。つまりKCSを持っているだけで利益になるのです。配当は保有するKCSの量に比例するので、ますます多くの人がKCSを買い求めるでしょう。

バイナンスのように利用者が増えることでの値上がり、保有することでもらえる配当狙いの値上がり、KCSには値上がりにつながる要素が2つもそろっているのです。

日本語表示にも対応していて使いやすい

さて、KCSの値上がりを期待するためには、まずKuCoinの利用者が増えなければいけません。バイナンスが利用者を延ばしたように、KuCoinも利用者を延ばすことができるでしょうか。

少なくとも日本人の利用者が増える要素はありそうです。バイナンスを利用している日本人が多いのは、海外取引所としては珍しく日本語対応だからです。KuCoinも同じく日本語対応の取引所であるため、分かりやすく、使いやすい画面表示です。

海外取引所で仮想通貨取引をしたい日本人にとって、KuCoinは有力な候補となります。

マイナーで超低価格なコインを探せる

KuCoinの利用者が今後も増え続けるであろう理由はもう一つあります。

それは取扱通貨数の多さです。2018年1月現在で、KuCoinでは70近い仮想通貨の取引が可能です。日本国内と比べるとかなり多くの種類が上場していることになります。ちなみに、バイナンスでは100種類以上が取引できますが、KuCoinでは2018年末には1,000種類の仮想通貨の上場を予定しています。

たくさんの仮想通貨が取引できるということは、何を意味するのでしょうか。

マイナーな仮想通貨は草コインと呼ばれています。草コインの楽しみは、何といっても値上がりに対する期待です。草コインはマイナーゆえに、現在価格が非常に低いものが多いです。

そして、一度人気に火が付けば一気に1,000倍になることもありえます。2017末から2018年初頭に大ブレイクしたトロンが代表例ですね。

今後急成長しそうな草コインを見つける楽しさ、それがKuCoinの魅力の1つです。

KCSコインの激安手数料体系

ここからはKuCoinでKCSを購入することのメリットについて見ていきたいと思います。
KCSを保有することもメリットはすでにご紹介したように大きく分けて3つあります。

  1. 値上がりによる利益
  2. 取引手数料の割引
  3. 保有量に応じた配当

値上がりによる利益は説明するまでもありませんね。KCSの値上がりに期待していいこともお分かりいただけたと思います。
手数料割引の割引率や配当はどの程度期待できるのかについて詳しく解説していきます。

取引手数料は世界最安水準

KuCoin取引手数料は割引がない状態でも世界最安水準です。手数料は取引額の0.1%です。手数料が低いだけでなく、Maker、Takerの区別なく手数料が一律0.1%である点も大きな特徴です。(Makerとは指値注文のことで、Takerは成行注文のこと)

KuCoinと全くおなじ取引手数料を設定しているのがバイナンスです。バイナンスが利用者を増やしているのは、この手数料の安さも大きな要因です。KuCoinの知名度が上がればおのずと利用者は増えていくでしょう。

KCS保有で最大30%も還元される

さて、KuCoinの手数料が世界最安水準であることをご理解いただいた上で、KCS保有のメリットについてです。
KCSを保有していると、取引手数料をKCSで支払うことができるようになります。そして、KCSで手数料を支払うと、通常0.1%の手数料が0.07%にまで下がります。30%分の手数料が還元されるのです。

投資家にとって手数料は少しでも安いほうが利益につながります。だとすればKuCoinを利用していてKCSを保有しないという選択肢はあり得ませんね。

手数料割引の特典がある点がKCS保有のメリットです。

板取引だからスプレッドも狭い

手数料同様に、利益に影響を及ぼすのが、売値と買値の差であるスプレッドです。スプレッドは実質的には取引所の手数料として考えることができます。

KuCoinは売値、買値が取引所によって設定されているわけではなく、板情報による取引になります。板取引は、取引参加者の需給バランスによって値段が決められるため、スプレッドはほとんど発生しません。

板取引ができるという点も、KuCoin及びKCSを利用する大きなメリットとなります。

他の海外取引所との手数料を比較

KuCoinの取引手数料が世界最安水準であることはお伝えした通りです。では、他の海外取引所と比べてどのくらい安いかを確認しておきましょう。

取引所 Maker手数料 Taker手数料 割引
KuCoin(クーコイン) 0.10% 0.10% KCS保有で割引
Binance(バイナンス) 0.10% 0.10% BNB使用で割引
Bitfinex(ビットフィネックス) 0.15% 0.20% 取引量に応じて減額
Poloniex(ポロニエックス) 0.10% 0.25% 取引量に応じて減額
Cryptopia(クリプトピア) 0.20% 0.20% なし
Bittrex(ビットトレックス) 0.25% 0.25% なし

Maker、Takerで手数料が変わらないのはKuCoinとバイナンスのみで、手数料も非常に低いことが明らかですね。

保有数でクーコインの収益が受け取れる「配当型トークン」

KCSを保有するメリットとして、注目されているのが「配当」です。KCSを保有していると、毎日一定額がそれぞれのKCSホルダーに配当として配られます。

配当は当日の取引量、保有するKCSの量によって計算されます。

・配当の計算式
1日の総手数料×(KCS保有数/総発行数1億KCS)×50%=配当額

例えば1日のKuCoinの取引手数料が100BTCで、補油するKCSが10,000KCSだとすると一日あたりの配当額は次のように計算します。

100BTC×(10,000KCS/100,000,000KCS)×50%=0.005BTC

取引量にもよりますが、実際の配当は年率で1~2%といったところです。
実際の受け取れる配当はこちらのサイトから計算することもできます。保有するKCS量を入力するだけで、受け取れる配当額を計算してくれます。

配当の受け取りはKuCoinで取り扱っている通貨の中からランダムで選ばれた通貨になります。

取引所のトークンで配当が受け取れるのはKCSだけですので、このシステムが広まればKuCoinの利用者が一気に増え、KCSの値段も爆上げするかもしれませんね。

事実、バイナンスが一時新規登録を停止していた時期にKuCoinの登録者が一気に増えた時期がありました。ちょうどその時期にはKCSの価格は5倍以上になっています。

毎日ボーナスが貰える

KCSの配当のうれしいところは毎日ボーナスがもらえるところです。自分が取引を一切しなくても配当がもらえます。
配当は保有するKCSの量に比例します。配当でもらえる通貨はランダムで選ばれるので、まったく注目していなかった通貨がタダで手に入るチャンスでもあります。たまたま配当でもらっていた通貨が急騰ということになる楽しみもあります。

さらに、KuCoinでは知り合いを紹介するとボーナスがもらえる紹介キャンペーンも行っています。自分が紹介した人が支払った手数料のうち20%がもらえます。もちろん、支払いはKCSです。取引するたびに紹介報酬がもらえるので、何もしなくてもKCSが自然と増えていきます。

イーサリアム(ETH)ペアで取引できる

海外取引所では日本円での取引ができるところはありません。ほとんどがビットコイン建てでの取引となっています。KuCoinでもビットコイン建てでの取引は可能ですが、ビットコイン以外にもイーサリアムでも取引ができます。

イーサリアムは堅実な値動きで値上がりし続けてきています。また、イーサリアムの持つスマートコントラクトが仮想通貨の機能としても大きな注目を集めています。ビットコインに比べて価格も安いことから、イーサリアムを多く持っている人も多いようです。

ビットコインだけでなく、イーサリアムでも取引できる点でもKuCoinは高評価です。

全コインのハードフォークに対応すると発表

日本でバイナンスが注目され始めたのは2017年12月に予定されていたビットコインハードフォークが話題になった頃でした。日本の取引所ではビットコインがハードフォークした通貨を配布されないことがわかり、ハードフォーク通貨が配布されるバイナンスに大量の人が押し寄せました。

KuCoinも全コインのハードフォークに対応すると発表しています。2018年1月時点で予定されているハードフォークにはイーサリアムのハードフォークである「イーサリアムゼロ」があります。
イーサリアム建てで取引できるのでKuCoinにイーサリアムを送金しておくのもありですね。

これまでの価格推移とチャートの形状

KCSの価値について、手数料の割引、配当そしてKCS自体の値上がりについて説明してきました。
実際にKCSの価格がここまでどのように推移したかをチャートから確認しておきましょう。今後の期待値を予測やKCSの可能性が分かります。

2017年末に0.00020~0.00023レベルだったのが年を明けてから2週間足らずで0.0015レベルまで高騰。

超短期間でおよそ6、7倍も価格上昇したわけです。この上昇時期は2017年末~2018年初めにかけて登録人数が伸び始めた時期と重なります。

今後のKuCoinの登録者の伸び次第では、KCSの価格はまだまだ伸びそうです。

KCSコインの買い方

ここまで読んでくださった方の中には、KCSコインを購入したいと思っている人もいることでしょう。

公式サイトへアクセスして口座開設(簡単な登録手続き)をし、承認されたら取引可能になります。

下のページでKuCoinの登録方法を詳しく解説しているのでご覧ください。

クーコイン(KuCoin)の口座開設と取引開始までの手順と方法※取引手数料が激安

基本的には、KuCoinにビットコインかイーサリアムを入金して、KCSを購入するだけです。取引画面も日本語対応なので、簡単に購入できますよ。

考えられるデメリット

KCSのメリットを中心に見てきましたが、デメリットもしっかりと理解しておかなければいけません。

・KCSのデメリット

  • KuCoinの成長と連動している
  • KuCoinが中国の取引所である
  • 配当利率があまりよくない

KCSのデメリットはKCSがKuCoin発行のトークンであることです。KuCoin独自のトークンですから、KuCoinが成長すればKCSも成長しますし、逆もありえます。

もくKuCoinの利用者が減っていけばKCSの価値も下がります。
KuCoinは中国の取引所ですから中国当局によって突然規制されることもあり得ます。KuCoinが規制対象になれば当然KCSの価格にも悪影響を及ぼすでしょう。

配当についても注意が必要です。確かに取引所独自トークンで配当がもらえるシステムは画期的です。

しかし、配当がもらえる仮想通貨は他にもあり、配当利率としては決して高くありません。配当がもらえる取引所として注目されている間はいいですが、バイナンスなどのも同じ仕組みを導入した場合、優位性が失われます。

まとめ

KCSは今後の値上がりが期待できるメジャー草コインの1つとして考えてよさそうです。取引所としてのKuCoinの実力、KCSの保有するメリットなどを考え合わせると、将来の期待が高まります。

KCSは売買を繰り返さなくても、手数料割引による還元、紹介報酬、毎日の配当によって利益が得られる仕組みになっています。

将来の価格上昇を期待して一定量のKCSを保有し、毎日の配当を受け取りながら、新しい草コインに投資するというスタイルもいいかもしれませんね。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨の基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.