最新情報

ビットコインが8月1日から取引を一時停止されることについて

更新日:

なぜ取引停止されるのか?8月1日には何があるのか?

ビットコインを扱う多くの取引所で8月1日から取引が一時停止されることはご存じですか。
8月1日の動向によっては「受け取ったビットコインは消えることがない」という、これまでのビットコインの前提が覆る可能性があり、ビットコインひいては仮想通貨全体の信頼を揺るがす恐れがあります。多くの投資家が暴落などのリスクに備えて手仕舞いもし始めています。

これから、ビットコイン取引を考えている方は、事態が収拾するまでは控えた方がいいかもしれません。

ビットコインは多くの取引所で8月1日から取引を一時停止

ビットコインが8月1日から一時取引が停止になることが発表されました。
これは8月1日にビットコインの規格を変えようとする動きが一部にあり、実際に規格が変更となると市場が大混乱するため行われた処置です。ここでは、一時取引停止が発表された13ヵ所の取引所や停止する理由、スケジュールなどについて確認していきましょう。

国内13ヵ所の取引所が8月1日から一時的に取引停止を発表

仮想通貨の取扱事業者などで構成される日本仮想通貨事業者協会は、8月1日より一時的にビットコインの取引を停止することを発表しました。取引停止を発表したのは、協会に加盟するビットバンクなどの下記13社です。

  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • QUOINE
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • BTCボックス
  • テックビューロ
  • GMO-Z.comコイン
  • CAMPFIRE
  • ビットトレード
  • バイクリメンツ
  • 東京ビットコイン取引所
  • みんなのビットコイン

ハードフォークなどが決まり市場が混乱する可能性があり一時停止

ビットコインは、ブロックチェーンをベースとした仮想通貨です。
700以上もある仮想通貨の代表格であるビットコインの参加者が増えたこともあり、送金が非常に遅くなったりするなどのスケーラビリティ問題が発生しています。このスケーラビリティ問題を解決する方法で揉めており、どの方法になるかで今後のビットコインの価値も大きく変わる可能性があります。

ブロックチェーンのブロックサイズを変更せずにブロック内部に空きを作るセグウィットか、ビットコインを分裂するハードフォークのどちらになるか。
セグウィット2xはハードフォークも含んだ案だったりどちらにせよ、8月1日に方向性が決まり規格が変更されると相場が混乱する恐れがあるため、多くの取引所が一時停止を行います。

13か所以外の取引所でも取引停止の可能性はあるのか?

上記の13社以外にも、取引を一時停止する可能性のある取引所はあります。
まだ対応について未発表ですが、大手のビットフライヤーやZaifも8月1日から同様の対応を取る可能性がありますので、公式な対応をチェックしておきましょう。

引き出し、受付停止、取引再開までのスケジュールとは?

現時点では、8月1日の午前0時より受け入れと引き出しの受付を停止して、8月4日16時までにビットコインの取引再開時期の目処を示す予定です。そのため、いつ取引が再開するのかまだわからない状況です。

取引や利用者にどう影響するのか停止してしまう前に行う対策は?

ビットコインの取引が一時停止されてしまうと、受け入れも引き出しもできなくなってしまいます。
既に、一時停止発表前から、8月1日の分裂リスクに備えてビットコインの相場は下落が続いています。取引ができないと手仕舞うこともできません。取引所に預けておくことに不安を覚える方は、ハードウェアウォレットに預けたり、円やアルトコインに換えるなどしましょう。

こういったリスクがある場合は、円に換えるのが1番安心と言えますが、利確や損切りをしないといけませんので、その時点で大損する場合もあるため注意が必要です。

ブロックチェーンが分岐することへの懸念

8月1日にビットコインの規格が大きく変更される可能性があります。
ハードフォークされればビットコインは分裂してしまい、その後の展開は誰にも予測できません。ビットコインのマイナー達による主導権争いは続いており、ソフトフォークになるのかハードフォークになるのかわからない状況です。

ソフトフォーク側とハードフォーク側と意見が割れており、どちらが主導権を握れるかで今後の展開が大きく変わってきます。

8月1日には分裂が発生する可能性が高いと予想されている

8月1日にソフトフォークかハードフォークのどちらになるのか注目されています。
ソフトフォークは大きな変更を加えず、台帳の分裂も発生しません。ハードフォークであれば台帳自体が2つに分裂してしまいます。2つに分裂した後、どちらの方に価値が生まれるかは予測がつきません。

ハードフォーク後は、従来の古い台帳が価値がなくなるものとも考えられていましたが、少し前にハードフォークを行ったイーサリアムは、ハードフォーク後にイーサリアムとイーサリアム・クラシックが生まれ、現在どちらも取引所で取り扱われ稼働しています。

実際は蓋を開けてみなければわかりませんが、8月1日には分裂する可能性が高いと言われています。
これはハッシュパワーが強い中国側がハードフォークを提案しており、主導権を握ることになると考えられているためです。仮に、セグウィット2xにより一旦はソフトフォークで凌いだとしても、結局はハードフォークされてしまいます。

どちらにせよ、相場が暴落する可能性があるため注意が必要です。

仮想通貨取引のポジションを手仕舞おうとする投資家が増えつつある

仮想通貨の代表格であるビットコインがハードフォークすれば、仮想通貨への信頼も落ちてしまい、軒並み相場が下落する可能性があります。
ビットコインの価格自体も2つに分裂しますし、ハードフォークによってビットコインの本来の理念・概念とも離れてしまいます。

相場は必ず上がり下がりするものですが、今回はビットコインの在り方自体が変わる可能性があるため、今までにないほど市場が混乱することを想定して多くの投資家がポジションを手仕舞いしています。

またビットコイン以外の仮想通貨にも影響を与える恐れもあるため、他の仮想通貨のポジションを持っている投資家の間でも同様の対応が広がっています。

旧台帳のビットコインが使えなくなり取引や決済が無かったことになる可能性も

8月1日は今後のビットコイン・仮想通貨の在り方が変わる可能性のある日です。
もしかすると、旧台帳のビットコインが決済で使えなくなるかもしれません。これまでのビットコインの概念や前提が変わる可能性があり暴落する恐れもあるため、ハードウォレットに避難するなり現金化するなどの対策を検討しましょう。

無かったことになる可能性もありますので、事態が落ち着くまでは取引は控えた方がいいでしょう。

-最新情報

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.