仮想通貨の基礎知識

オーガー(Augur)は未来予測市場で利用できる、ほかの銘柄とは違った仮想通貨

更新日:

未来予測市場=ギャンブルで楽しみながら殖やしていくことができるオーガーを紹介!

出典:coincheck

2015年夏ごろに仮想通貨を利用した資金集めICOが行われ、開発されたのがオーガーです。
2016年に一般投資家にもリリースされてから投資家だけでなく、ギャンブルが好きな一般層にも注目されています。

そもそも投資や資産運用はギャンブルではなく、様々なテクニックを駆使して先々を分析し、確実に利益を得ようとするものです。

ギャンブルは運に任せるものでしかありませんが、オーガーはその相反する両方の特徴を持っているのです。

そんなオーガーですがいったいどんな仮想通貨なのでしょうか。

オーガーはイーサリアムのプロジェクトのひとつとして誕生した仮想通貨

仮想通貨オーガーのつづりは「Augur」で、これは占い師などを意味する単語です。

名前からしてその特徴を表しているわけですが、この仮想通貨はアルトコインでは最も市場規模が大きい銘柄「イーサリアム(Ethereum)」のプロジェクトのひとつになります。

オーガーはスマートコントラクトのプロジェクトのひとつとして誕生し、未来予測市場のための分散型プロトコルです。

オーガーのオープンソースの未来予測プラットフォームでの仕組みは以下の通りです。

  • 投資家が未来を予測
  • 結果が正しければオーガーで報酬をもらえる

これには独自のシステムとブロックチェーンが使われ、取引やデータ保存の安全性を維持しています。
もっと詳しく説明すると・・・

オーガーのプラットフォームでは投資家が自由にギャンブルを立ち上げ、それに乗った人たちと賭をする。

それに勝てば報酬がもらえるというもの。

イメージは英国にある、あらゆるギャンブルを扱ったブックメーカーのようなものです。
中央に管理者がおらず、誰でも自由に簡単にギャンブルを作り出して投資家と勝負できるシステムです。

オーガーの取引所での単位表示はREPです。

オーガー=AugurなのでAUGとかAGRとかつきそうですが・・。REPは評判のReputationから来ているようです。

やはり特徴として

・ 将来を予測できた人が評価を得て
・ できなかった人は評価を失う

といったところなのでしょうか。

ほかの銘柄とは違ったコンセプトを持つオーガーの特徴

オーガーは2016年にリリースされたばかりの仮想通貨です。

そんなオーガーには具体的にどんな特徴があるのかを見てみましょう。

オーガーの最大の特徴は未来予測市場であること。

つまりギャンブル・プラットフォームにて将来起こることを設定し、それに対した予想が的中するか否かでオーガーを得られたり失ったりします。

▼分散型ソフトウェアを使うことでえられるメリット▼

1. 誰にでも賭けの対象を作り、参加できる。            
2. 胴元がいないから、参加者全員が結果を判断できる。       
3. 仮想通貨のシステムに則って配当を自動的に低コストで分配できる。

賭けを作るところから結果認定をし配当が発生するまでのすべてを分散化して自動的に行えます。

八百長といったものがないので、公正な運営ができるのが注目されている理由です。

オーガーは果たして今後仮想通貨業界で普及するのか否か

オーガーはアルトコインの中でもシェア率はそれほど高くありません
タイミングによっては取引高トップ10に食い込んでくることもありますが、特殊な方法で殖やす銘柄になるので、投資家の間に根付くにはまだまだ時間が必要でしょう。

ではそんなオーガーがどれくらい普及しているのかをちょっと調べてみました。

日本でオーガーを扱っている取引所はまだ1カ所しかない!?

日本の仮想通貨取引所でオーガーを扱っているのはcoincheck(コインチェック)のみです。

日本の投資家の間ではまだまだ普及していないのが現実です。

やはりギャンブル性が強いという特徴がなかなか普及しない点でもあります。

投資とギャンブルは似て非なるものですが、その相反するものが同時にできることになるので、おもしろみもありますし、不安も大きいでしょう。

オーガーを利用する際には日本ではひとつしか取引所がないのがデメリットです。
海外の取引所であっても、未来予想市場、つまりオーガーを利用したギャンブルに参加するには結局ビットコインやイーサリアムが有利なのです。
ですが、それを換金した方が手っ取り早いというのもあります。

オーガーはビットコインやイーサリアムの格下といっては極端ですが、この2銘柄を超えるほどの普及は難しいでしょう。

オーガーの発行枚数は1100万REPで時価総額は余裕で億を超える!?

オーガーの通貨単位は評価という単語から取ったREP。

値上がりは順調で、ギャンブルではなくオーガーそのものを売買して利益を得るにも十分な投資対象になっていると言えるでしょう。

・総発行数 1100万REP
・単価 2000円前後
・時価総額 約220億円

ビットコインが4兆円超、イーサリアムが2兆円超と比較するとまだまだ小さな規模ですが、100万円を超えない規模の仮想通貨もあることを考えれば、オーガーの規模はそれなりに大きいと言えます。

活発な市場なので安心して投資することもできるでしょう。

オーガーの値動きは順調で、価格もそれなりに上がっている?

オーガーの市場規模は日本円で億を超えるくらい、価値も上がってきています。

取引所でも売買ができるので、オーガーそのものを取引することでその売買値差が利益になることも可能です。

流動性が低いように見えますが、それでも仮想通貨全体の投資額が上がっている昨今ではオーガーの市場も活発にみえてデメリットもあります。

  • 参加者が少ない
  • 価格の変動がかなり激い
  • 短期売買の場合はなかなか予測がつかない

乱高下が激しいので、単純に現物の売買で保有するだけの方がよさそうです。

オーガーを取引するならこの取引所がオススメ3選!

仮想通貨のオーガーは現在、1000種類以上あると言われているアルトコインの中でも、将来的に大きな値上がりが期待されている有望な仮想通貨の一つです。

安いうちに購入しておけば、将来値上がりした時に、大きな利益を獲得できるかもしれません。
ただ、いくらオーガーを購入したいと思っても、取り扱っている取引所が無ければ入手することも叶いません。

一体オーガーはどこで入手できるのでしょう?

Bittrexは海外の大手仮想通貨取引所!取扱仮想通貨が豊富!

Bittrexは海外でも有数の仮想通貨取引所です。
取り扱っている仮想通貨の数は非常に多く、ここでしか取引できない仮想通貨もあります。
そして以下のようなメリットもあり注目を浴びています。

◆セキュリティのレベルが高い
◆自動売買にも対応

ただし、完全に海外の業者なのでホームページのほとんどは英語で記載されており日本語には全く対応していません。

登録をするには語学力が求められると思います。

さらに、日本人へのサポートがほとんどないため、入金の作業が面倒かもしれません。
仮想通貨での送金は可能なのですが、法定通貨での送金はドルだけとなります。

Bittrexの口座を開設しようと思うのであれば、仮想通貨をベースに入出金をした方が良いかもしれません。

海外の取引所の中では大手なので信頼して取引できる取引所ではあります。
ですが、本社がアメリカにあるため、法律次第では何かしらの規制を受ける可能性があります。

その点を考えると日本人にはまだまだ不向きな取引所ではありますが、非常に優秀かつ便利なのでぜひおすすめしたいといえます。

手数料 ★★★ 取引手数料は0.25%と高めの設定
日本円対応力 日本円は対応していない
独自サービス ★★★★★ オーガーに対応
自動売買が可能な取引所
レバレッジ 現物取引のみ
安全性 ★★★★★ 二段階認証あり
スマホアプリ 取引用のアプリはなし
スプレッド ★★★★ 状況に応じて変動する。
ただし他社と比べて狭い
スワップポイント 現物取引のみ
情報量 ★★ 経済情報は少ない
サポート力 日本語サポートはない
チャート、ツール ★★★★ チャートはインディケーターが豊富で見やすく、テクニカル分析しやすい

 

Krakenは日本の中でも取り扱い仮想通貨数が多い取引所

Krakenも海外の取引所であり、アメリカのサンフランシスコで設立された取引所です。

日本に進出しているということもあり日本語対応していますが、法律や規制に左右されやすく、今後の政府の対応次第では取引が難しくなる恐れがあります。

日本円を入金することができるため、わざわざドルやユーロを調達せずとも、入金をすることでKrakenでは取引が可能です。

オーガーの取引は、日本円ベースでの購入はできないようです。
オーガーを含む通貨ペアは以下の通りです。

  • REP/ETH
  • REP/XBT
  • REP/EUR

3種類しか無いため、日本円を入金したからといってそのままでは取引ができません。
Krakenでオーガーを購入するためには、ビットコインやイーサリアム、ユーロなどが必要となります。

手数料 ★★★ マーケットメーカー0.04%~0.16%
ポジションテイカー0.14%~0.26%
日本円対応力 ★★ 日本円の入出金は可能
オーガーの購入にはビットコインなどが必要
独自サービス ★★★★ オーガーの取引が可能
レバレッジ ★★★ 最大5倍
安全性 ★★★★★ 二段階認証あり
スマホアプリ ★★★ スマホアプリ対応
スプレッド ★★★ 状況に応じて変動
スワップポイント ★★★ 4時間毎に0.02%
情報量 ★★ 経済情報が少ない
サポート力 ★★★★ 日本語サポート有り
チャート、ツール ★★ インディケーターが少い
使い勝手はあまり良くない

 

coincheckがオススメな理由とは?日本人投資家との相性が抜群!

国内でオーガーを扱っている業者はcoincheckだけ!

coincheckは国内の業者であるため、日本人へのサポートが手厚く投資家からの人気が非常に高いです!

入金もスムーズに行えますので、始めればすぐにでも口座にお金を入れることができますし、クリック一つでオーガーを必要な分だけ迅速に購入できます。

coincheckであればリアルタイムなオーガーのレートを日本円ベースで知ることができるため、一目見ただけで現在のオーガーの価値を把握することが可能。

  • 早急にオーガーを購入したい
  • 安全な国内業者を使いたい

そんなニーズを抱えている人にほど安心して取引ができますしcoincheckはオススメです。

手数料 ★★★★ キャンペーン適用で取引手数料が無料
日本円対応力 ★★★★★ 国内業者だから日本円の対応力は最高クラス
クイック入金は短時間で入金が可能
独自サービス ★★★★★ 国内で唯一オーガーに対応している取引所
レバレッジ レバレッジ取引に対応してるのはビットコインのみ
安全性 ★★★★★ コールドウォレット
二段階認証あり
スマホアプリ ★★★ スマホアプリの取引が可能
使い勝手は普通レベル
スプレッド ★★★ 状況に応じて変動
スワップポイント ★★★ ロングポジション0.04%
ショートポジション0.05%
情報量 ★★ 経済情報が少ない
サポート力 ★★★★ 土日、祝を除く10時~17時
チャート、ツール ★★★ オーガーのリアルタイム価格のチェックが可能
使用できるインディケーターの数は少ない。

オーガーの特殊なコンセプトに惹かれる投資家が増えれば今後は期待大!?

オーガーが登場以来堅調な価格推移を示しており、投資家は現物取引によって利益を得ることが可能です。

やはりオーガーは賛否両論あり、仮想通貨として今後も成り立っていくかどうかは不透明な部分があります。
この世の中にはギャンブルが好きな人というのは多くいます。

ギャンブルを投資と合わせることで余裕のある仮想通貨を元手にして遊ぼうという投資家も出てくる可能性も高いです。

これまでになかった新しい発想としてはとてもおもしろくもあり、そういったアイデアに乗ってくれる投資家もいることでしょう。
中にはギャンブルが好きな人はたくさんいるとおもいます。
そういった人々をオーガーというビジネスに取り込めれば・・

今後もオーガーは安定した値動きを見せてくれる可能性もありそうです。

オーガーは保険ビジネスに仕組みが似ている部分があるとされ、その分野でもオーガーが専用の仮想通貨として発展する可能性にも期待が寄せられています。

全体的に底上げが進む仮想通貨の銘柄としても期待できるのではないでしょうか。

イーサリアムの関係者が深く関わった、スマートコントラクトのプロジェクトの一環

オーガーはそもそもアルトコインの銘柄として最も人気のあるイーサリアムと深い関係があります。

イーサリアムは売買の相手との契約内容もブロックチェーンの中に書き込むことができるという、ビットコインとは違ったシステムを持っています。

そのシステムをスマートコントラクトと呼びます。

実はオーガーはこのスマートコントラクトのプロジェクトのひとつなのです。

これはオーガーのアドバイザーがイーサリアムの共同創業者のうちのひとり、Vitalik Buterin氏であることからも、イーサリアムとオーガーの関係の深さがわかるかと思います。
ここから考えてみても、オーガーがイーサリアムを超えるアルトコインとはならないと見られ、あくまでも余裕の資金があるときにオーガーでギャンブルを楽しもうという遊び心があります。

もちろんオーガーはギャンブル以外でも様々な投資の方法があります。

・現物取引
・保険関連商品 
など

新たなビジネス展開にも期待できます。

このようにオーガーは投資家のアイデアひとつで自由に創出することが可能な仮想通貨になっています。
オーガーもほかの銘柄同様に自由で魅力的な仮想通貨のひとつなのです。

オーガーが抱えている将来的に不安が残るリスクとは?

安全性や信頼性など、様々な予期せぬリスクがあります。

それは当然オーガーにもあります。
ここではオーガーに特化したリスクを見てみましょう。

これはオーガー特有の特徴からくる問題点で、場合によっては日本国内だけでオーガーの価値がゼロになることもあるほどです。

オーガーの最大の特徴は未来予測市場を利用した中央管理者のいない投資ができることです。

端的に言えば、オーガーはギャンブルに使える仮想通貨だということです。
簡単に説明すると以下の通りです。

1. 胴元がいる          
2. 賭けたい人は胴元に金銭を預ける
3. 勝てば掛け金の数倍      
4. 負ければ没収         

オーガーは中央に管理者がいないという仮想通貨のシステムの重要な要素は踏襲しているので、ギャンブルといっても胴元が勝つように仕向けられた不透明性な部分が公正化されているという魅力があります。

ですので、徐々にオーガーの利用者は増えています。

ここで気をつけたいのはオーガーがギャンブルなのか、そうでないのかが実際には曖昧な点です。

日本国内でも一時期ネット上でかなり流行っていたオンラインカジノですが、これもかなりグレーゾーンでした。
こちらの場合はオーガーと違って間違いなくギャンブルなのですが、賭けごとを禁じている日本の法律でなぜ取り締まれないのでしょうか。

胴元や実際に賭けごとが行われている現場=サーバーは日本国外にあるので、日本の法律が適用されないという解釈もあるからです。

そうなると懸念されるのが、オーガーも違法行為にあたるのではないか、ということでしょう。
実際、オーガーはかなりグレーゾーンです。

もちろんオーガーの売買をして、仮想通貨としてのオーガーで差益を狙っている場合は問題ないかと思います。
しかし、こういった法律はその国の解釈に頼ることになります。

特に銘柄として人気が出てきたりすると規制の対象になることがよくあります。
問題なのはオーガーの未来予測市場が解釈によってギャンブルかそうでないかに分かれる点です。

解釈が分かれる以上、ダメと言われたら反論ができないのです。

オーガーが大きくなり、中央集権型のギャンブル市場を開発。

システムが似ていることからオーガーが参入するのではないかとされる保険市場に乗り出したとき、警察の規制が始まるかもしれません。

オーガーは法律が変わった時、投資家が捕まってしまうなどの大きな将来的リスクに繋がる可能性があるかもしれません。

オーガーはギャンブルとしては違法性があるが、現物取引なら問題なく、むしろ期待できる銘柄!?

主要仮想通貨のコインと比較すると取引量はまだまだ少なく、日本国内では2017年7月現在で1社の仮想通貨取引所でしか売買できません。

ですが、発想のおもしろさと、ほかの仮想通貨の銘柄と同じように売買に利用できたり、保険市場に参入できる可能性もあるなど、使い方は様々で魅力があります。

ただ、ギャンブルに利用できることから日本ではかなりグレーゾーンな銘柄ではあります。
日本人ギャンブラーに人気だったオンラインカジノは胴元や実際に売買が行われるプラットフォーム。

つまり賭博場は日本国外にあるので、日本の法律が適用できないという解釈もあります。
そのため、資金の送受金をするための金融機関が、オンラインカジノへは利用を制限するなどの措置もあるほどです。

もしオーガーが同じように解釈されてしまったとしたら、仮想通貨の中でもかなり肩身の狭い銘柄になることは間違いありません。オーガーにはそういったリスクがあるのです。

ですが、注目度は高く以下のことが投資家に人気です。

▶ 発想のおもしろさ
▶ 億を優に超える時価総額

オーガーがビットコインやイーサリアムを超えることはまず考えにくいですが、今後もオーガーは成長を続け、市場としてはおもしろい存在になることでしょう。

興味がある人はリスクを理解した上で実際にオーガーを始めてみてはいかがでしょうか。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨の基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.