ビットコインの基礎知識

ビットコインの利便性が電子マネーを超える、電子マネーとの比較

更新日:

国際的な有用性と盗難リスク等を勘案する

ビットコインには通貨としての側面があります。一般的には電子マネーと同様の利用をされる場合が多いですが、その利便性や投資性、国際性に大きな違いがあります。
電子マネーは先払い方式なので一度交換してしまえば特定の店舗で利用することが選択肢となります。

しかしビットコインであれば再度現金化できること、運用性があることなど、利用の選択肢が幅広くあります。今回はビットコインと電子マネーの比較について触れながら、ビットコインの利便性について解説します。

ビットコインと電子マネーの特徴的な仕組みと利用方法の違い

ビットコインは中国では通貨への信用が低いため、電子マネーと同じようにキャッシュレスの代表として取引がなされており、使える店舗も増えていることから今後更に取引量が増えることになります。
もともと中国などでは日本と比較にならないほどの電子マネーの取引量があり、キャッシュレスの機運が高まっています。

その中でのビットコイン導入であればそのままの流れから取引をすることができるため抵抗なく取引ができました。
電子マネー利用する際は必要になるものがあり、ビットコインでは不必要なものがあります。

ビットコインと電子マネーの違いはカードの有無や支払いの認証方法

ビットコインでの決済を利用するときと電子マネーにより決済をする際は少し違いがあります。
電子マネーは比較的浸透しており、金額が自国通貨で表示されている点もわかりやすいです。ビットコインは通貨と比較することでおよその価値がわかりますが、その分のリスクも含めやや高めに設定されています。

また決済を行う際に、電子マネーではカードやその電子マネーが利用できるアプリ、おサイフケータイなどが必要になり、そのための資金を事前に交換しておく必要があります。
もっとも交換の方法は口座から直接振り込んだり、店頭で現金を交換する方法など、多岐にわたり利用ができます。

したがってキャッシュレスという点では同じですが、やや手間がかかったり現金以外にも準備する必要があるものなのでその分の手間は必要です。
また盗難にあった際に電子マネーでは防ぎようがなく、そのまま残高は利用される可能性が高くなります。

もちろん電子マネーの利用者コードやカード番号などを記憶しておけば利用される前に権利を停止することも可能ですが、多くの場合はそこまでの対策を行っていないため、その点でのリスクは非常に高くなります。

一方でビットコインでは、盗難のリスクは非常に低くなります
それは決済における取引の方法がその場でQRコードを生成しての取引になるため、その都度暗証番号が必要になり、単純に端末を盗難するだけではそこまでの操作は難しいです。端末の盗難というリスクは避けられませんが、少なくとも好き勝手に利用される可能性は電子マネーよりも低くなります。

もちろん端末で電子マネーを利用している場合も暗証番号さえかけて置けばその心配はなくなります。
ビットコインの場合は支払いを行うまでの準備の少なさやリスクの低さという点、さらに価値が上昇する可能性に関して人気を集めているようです。

電子マネーは国内だけの取引となるため、海外でサービスが利用できず現金が必要

電子マネーとビットコインの利用できる際の違いにはもう一つ大きな違いがあります。
それは国内限定で利用できるのか、世界で利用が可能なのかという点です。この違いは普段から電子マネーを炉用している利用者には大きな障壁となります。それは現金をあまり持ち歩かない生活をしているため、海外での現金生活では多少の不便さを伴うでしょう。

それだけでなく、日ごろ利用している電子マネー用の資金とは別に海外で利用するための資金を準備する必要があるため、ネットショッピングなどは不向きとなってしまことが多いです。ここでは電子マネーの国境とビットコインの利用可能性について解説します。

電子マネーは国内だけの利用にとどまり、ビットコインの利用可能範囲は世界にまたがる

現代社会において最も国際的にボーダーフリーとなっていないものの一つが通貨ではないでしょうか。
人の往来もモノの往来も徐々に手続きが簡素化されている中で、通貨はその国へと渡航する前や渡航した際に手数料をしっかりと支払って換金しなければなりません。一部米ドルなどのメジャー通貨に関してはそのままの利用が可能であったりしますが、基本的にはその国の通貨に換金しなければ利用することはできません。

その性質からかその国で利用されている電子マネーは世界的に対応していないことが非常に多いです。
一般的に電子マネーは大手のコンビニやショッピングセンターで利用ができますが、海外の同様の店舗であったとしても利用はできなくなります。現地通貨の対応していないということもありますが、基本的には電子マネーは国内専用のサービスとなっています。
したがって海外でもコンビニを利用する際は現地通貨の利用が必須となります。

一方でビットコインであれば、利用できる店舗は原因に比べ非常に少ないという点を除けば、国内でも海外でも分けえだてなく利用が可能です。
つまり国内でも何BTCであるとかの感覚がつかめているのであれば、海外でも同じスケールで考えることが可能となるので非常に利用に対するストレスを軽減することが可能となります。

またこの時も端末さえ準備できていればその場での購入が可能になるので、海外でもキャッシュレスで行動できるのは非常の利便性が高いといえます。
インターネットでショッピングをする人の中には海外から商品を取り寄せる個人輸入を行う人も少なくないはずですが、その際にもビットコインであれば手軽の取り寄せを行うことが可能です。

自分の口座や海外の口座を準備する必要もなく、手軽に取引が可能となる点が電子マネーとビットコインの利用可能範囲の広さを示しています。

ビットコインと電子マネーには表示単位の違いがある

国内で利用されている電子マネーはすべて国内通貨である円の単位が採用されています。
ビットコインは投資商品でもあるので、米ドルやと同様にBTCとい単位が採用されています。このように国内で量できる通貨としての単位にも違いが生じます。

様々な通貨が使えるようになえれば当然併記するという選択肢も出ますが、ビットコインは通貨として制定されていないため普通の販売店での表記はありません。

電子マネーは「円」、ビットコインは「BTC」で表現されるが、表現する価値は違いがある。

電子マネーでは国内専用のサービスであるがゆえに必ず円単位での取引となります。
入金する際も実際に入金した金額が表示されるため、とっつきやすいのではないでしょうか。単純に現金を一つのカードやアプリに入金して自由なときに使えるということがメリットなので、お釣りの計算などが必要なく、利便性は高いです。
しかし一方で海外では利用できないというデメリットを抱えていることを忘れてはいけないでしょう。この時電子マネーで表現される1円は普通に1円の価値を持ちます。

ビットコインの場合は世界で利用可能というメリットはありますが、表示単位は1BTCです。
さらに価格自体が毎日毎時変動するため、そのショップがこれと決めた単位での支払いにとなります。この時に表現される1BTCの価値は25万円~30万円前後で変動します。

それ以下の価値はSatoshiという単位で表現されるか0.001BTCのような表現のされ方をします。
ちなみに1Satoshiは1億分の1BTCなので、かなり細かい単位での支払いが可能となります。

ビットコインと電子マネーには様々表現の違いはあるが、それぞれの著書を活かすと使いやすい

ビットコインを利用するにしても電子マネーを利用するにしても同様に日本円から変換する必要があります。
電子マネーの場合はそれが単位が変わらず国内では覆う利用可能というもので、ビットコインを利用する際は単位が違うので計算が必要であるということと、価値が変動するというリスクが存在します。

いい時には高いものが買えますが、悪い時には買えなくなるというジレンマがあります。
したがってそれぞれの良い点と悪い点をしっかりと踏まえたうえでどの程度のものを購入するか検討したほうがよいでしょう。高額商品であればビットコインで利用したほうがお得になるかもしれませんが、日常利用する機会が多いものであれば電子マネーの安定性をとることも有効でしょう。

このように良い点と悪い点を取捨選択することで利便性の向上が図れます。上手に利用する第一歩といえるでしょう。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.