仮想通貨の基礎知識

ビットコインの短期的投資としても優秀な理由とは

更新日:

短期でも中期でも利益が狙えるビットコイン投資の魅力とは

ビットコインを投資する際にまず注意することは収益と利用可能な範囲の検索であると思います。
それは値上がりするのかどうかということと、仮に収益が上がった場合はその利用先まで考えて投資をすることで、税金がかからないように利用することも可能だということを知っておく必要があるからです。

投資商品の魅力の一端は間違いなく資産が増える可能性があるということですが、利益が出ることに対して制約、つまり税金がかかるなど一概に喜べるものばかりではありません。

変動幅の比率が大きく将来的に大きな資金流入が見込めるビットコイン市場

ビットコイン市場では毎日世界中の取引所で休みなく取引が行われ、世界中から貴金属のように資金が流入しています。
その裏でマイニングを行うマイナー投資家たちはAISICを導入したり世界中のCPUを接続したりと様々な方法でビットコイン市場に参入しています。世界中を取引して回る商品はたくさんありますが、その中でもビットコインは市場が若いこともあり、資金流入によって大きく値段が変動する魅力的な市場を形成しています。

商品自体の変動幅(ボラティリティ)が高いということは、その分だけ収益のチャンスがあることを意味します。
したがって金利を生まない商品である以上はボラティリティがその商品の一番の魅力ということになります。また将来的な成長に関しては、貴金属と同様に世界的な金余りの状態であれば大きく期待がとれる状況なので、ここではビットコインの変動幅の理由と将来性について解説します。

ビットコインは変動幅の比率が大きく将来的な成長を見込める

ビットコインは世界中で取引量が増えてきています。単純な投資目的のみではなく通貨の代替用やリスク回避用として利用がなされており、世界中で貴金属と同様の扱いを受けていることもわかります。

結果として世界中から不安時や送金時に資金が集まりやすいという性格の取引となっています。
日本をはじめとするアジアの国々では決済の代替用としての人気や通貨の交換先として非常に大きな人気を博していますが、世界的な市場規模から比べるとまだ市場規模自体は小さく、資金の流入、流出に伴って比較的大きな値動きが発生する傾向にあります。

大きな値動きがあるということは上下の際に利益をとれる幅があるので、投機投資などが好きな投資家からは大きな人気を集めるきっかけともなっています。
さらに単純なところでは資金の流入額によって保有される量も増えていき、マイニングによる採掘での分配も増えていことからも多くの投資家が保有する可能性があります。

これまでビットコインを保有していなかった投資家にも参加のハードルが下がること、決済として利用され手元に残ってしまうことなどから意図せずしてビットコインを保有することにもなれば、間口はさらに広がります。その結果将来的にはさらに大きな産業へと成長している可能性があります。

為替リスクの回避先としてビットコインの立場を考える

ビットコインの主な特徴に、リアルタイムで世界中で取引がなされているというものがあります。
世界中で取引が可能ということであれば当然為替リスクの問題があります。為替リスクは国境を超える際に必ずかかる問題であり、様々な商品を扱うトレーダーや投資家にとって大きな問題でもあります。

その中でもビットコインは世界中で取引できる投資商品なので、日本から送金する際に手数料も少なく、比較的簡単に海外送金ができます。
しかし各国の通貨に変換する際は日本とその国との為替リスクが存在し、一定の価値でとはいきません。しかし換金するまでのタイムラグの中で、価値の上昇を待てるのであればリスクを回避できる可能性があります。

ここではビットコインを保有した際の為替リスクの大きさについて解説します。

為替リスクの回避先としても有効な投資先となるビットコイン

国際的に取引がなされている投資対象商品について、為替リスクは避けて通れない課題です。
ユーロ圏内であれば通貨の価値自体は変化はありませんが、その国におけるユーロの価値はユーロ圏内でもばらつきがあり、その価値は一定ではありません。ビットコインは世界中の投資家が為替リスクの逃避先、つまり日本円やスイスフランと同様の立ち位置で取引をしているわけではないので、各国の通貨安などとはあまり関連性のない値動きとなっています。

したがって仮に日本で円安が進んでいるからといって高くなるわけでも円高だから下落するわけでもありません。
いわばクロスカレンシー取引とも違い、間に別の通貨を挟むわけでもないので、世界中の通貨の値動きとは切り離されて変動している可能性が高いです。

通貨との連動性が少なければ値動きの外的要因が減ることとなるので、リスクヘッジとして有用であるということになります。

ビットコイン投資とは通貨のようで投資対象

ビットコイン投資を始める投資家の中には、電子マネーの代用として利用する投資家も少なからずいます。
そのため通常の投資商品よりも出金の割合が高くなります。この性質から通貨的な性能と投資商品的な清野を兼ね備えていることがわかります。しかしながら投資商品として人気になる理由があるはずで、それこそが投資対象としてのメリットにほかなりません。

ビットコイン投資の主なメリットについて

ビットコイン投資の主なメリットは、通貨としても利用可能であり、投資商品としても値上がりが期待できるところです。
仮に値下がりしても通貨としての利用価値があるので、現金が減るのみではなくモノに交換することで純粋な損失のリスクを軽減させています。また海外送金や国内送金においても一定金額以上であれば税金がかかるので、ビットコインを介して送金することにより節税を行うこともできます。

投下資金以上の換金が可能である可能性も含めれば、十分に投資商品としてのメリットであるといえるでしょう。

ビットコインはセンターマーケットがない「ナスダック方式」で取引を行う

ビットコインを扱う取引所は基本的に民間の株式会社が受け持っています。
単純にビットコインの販売や買取を行う販売所という形式や、レバレッジ取引を行う取引所まで幅広い商品サービスでの展開をしていますが、ほかの投資商品と違うのは、東証やNY証券取引所のような国が管理をしている取引所が存在しないという点です。

民間において開設されている取引所では、カバーできる範囲に限りがあるため、センターマーケットを解説していない特徴もありますが、ビットコインはグローバル通貨に非常に近いため、どこかが一括で管理することは実質的に不可能に近くなります。

そのためビットコインの取引はアメリカのナスダック市場で用いられているオーダーハンドリング規制にかかったナスダック方式という制度が利用されています。ここではナスダック方式の解説とそれによるマーケットメイクの方式について解説します。

ナスダック方式の基本とセンターマーケットがないマーケットメイク方式

ナスダック方式とはアメリカのナスダック市場で採用されているマーケットメイクの方式の一つで、オーダーハンドリングルールが採用されています。

オーダーハンドリングとは、ある特定の取引所が提示している買気配、売気配よりも顧客の指値を出した場合、他の取引所、公衆発信可能な気配を提示している業者、またはマーケットメーカーへと注文を回送しなければならないオーダーディスプレールール、顧客向けの気配値が顧客が出したものよりも良いものでないといけないクウォートルール、同値の指値は顧客の注文が優先されるマニングルールから成り立っており、これにより世界中での取引がつながるようになります。

この方式を採択することでセンターマーケットの開設が必要ないため、民間での管理ができるようになります。

ビットコインはレバレッジ取引も可能な仮想通貨の中でもメジャーな通貨

ビットコインで投資を行う投資家の中には、よりハイボラティリティを求めてレバレッジの効いた取引を行う投資家がいます。
もちろん証拠金取引である以上は差金決済であるため、想定以上の損失が出る可能性があります。

ちなみに2010年からビットコインを保有している投資家の中で、1万円保有していた投資家は、とんでもない価値になっているので、当時はありませんでしたがレバレッジを扱えるようになっていたら本物のビットコイン長者がいたかもしれません。

ビットコインはレバレッジ取引も可能、FXに近いため通貨として取り上げられることも多い

ビットコインを取り扱う取引所によっては、ビットコインでFXを執り行う企業も増えてきています。FXであれば通常金利の受け渡し、スワップポイントが発生しますが、ビットコインを利用したレバレッジ取引の場合は発生しません。

そのためほかのレバレッジ商品よりも値動きが大きくなっている必要性があり、ビットコインの最近の大きな値動きは非常に注目されています。
レバレッジ取引には値幅と流動性が必要になるので、最低限の取引量は確保されており、かつマイニングなどで量が増える傾向にあれば十分にレバレッジ取引として利用する価値があります。

ビットコインを投資対象として使うメリットはあるのか

現在投資は世界中でいろいろな取引がなされています。仮想通貨に近いものとして、金の取引や通貨の取引は比較的長い期間においてレバレッジ取引や証拠金取引が運用されてきましたが、その背景には世界中での大きなマネーチェンジの流れが発生してきたことがあります。
そのため常に投資の対象とは資金の逃避先でもあったのですが、積極的に資産を増やすようにシフトチェンジするための投資先としてビットコインが選ばれる傾向にあります。

つまり攻めの資金として流入しているため、ボラティリティが高まる傾向にもあるということです。こうなった商品に関しては資金が流入する限り高くなる傾向にあるため、通貨としての利用よりもさることながら投資先としての魅力は十分にあるということになります。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨の基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.