ビットコインの基礎知識

ZAIFトークンを徹底解説!購入方法や使い道など聞くに聞けない疑問を解決!


仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、他にも様々な仮想通貨があります。例えば、イーサリアムやライトコイン、リップル、モナーコインなどがアルトコインとして有名です。

仮想通貨には他にも様々あり、その種類に際限がありません。ただ、そんな仮想通貨を調べていくと、たまにトークンと呼ばれるものに遭遇するのですが、そもそもトークンとは一体何なのでしょう?
トークンとはブロックチェーン上で発行された独自の通貨のことであり、簡単に言えば仮想通貨です。ビットコインの一種だと考えて特に問題はないです。

もっとも、仮想通貨といえど、発行しただけでは無価値も同然です。保有したところで利益はありません。
ただ、トークンの利用用途を広げ、世の中に流通するようになると、価値がつき、ビットコインなどの価値のある仮想通貨や、日本円などの法定通貨と交換することが出来るようになります。

トークンは発行し、それを投資家に売ることできるため、株式のIPOと似ているとよく言われています。ただ、株式と違いトークンは開発元が自由に発行量を決められるため、価格操作が容易などの特徴があります。

さらに株と違って保有しても配当金や優待はなく、株主総会を開くこともできないため、値上がりが期待できないとほとんど価値がないなどのデメリットがあります。

その一方で一旦トークンを発行し、社会に流通させることができれば、開発元は大きな利益を得られるなどのメリットもあります。
ZAIFトークンもそんなトークンの一種であり、テックビューロが開発した仮想通貨です。

Zaifトークンの特徴!テックビューロの株式と同じ扱い?

Zaifといえば仮想通貨取引所で有名です。
テックビューロ株式会社はそんなZaifを運営している会社であり、ZAIFトークンの開発元でもあります。

テックビューロは株式会社なのですが、上場していないため、ZAIFトークンはいってみればテックビューロの株式と似たような扱いかもしれません。もしも今後、テックビューロが企業として成長する見込みが高いのであれば、応援する意味でZAIFトークンを購入しても良いかもしれません。
ただし、ZAIFトークンを購入したところで、本物の有価証券ではないため、配当金や株主優待は期待できません。
それと、ZAIFトークンがあるからといって、テックビューロの経営に口出しする権利もないです。

ZAIFトークンは現状のところ、テックビューロが発行している商品券のような存在です。
もっとも、その商品券の価値は常に変動しており、現在だと1ZAIFトークンあたり0.4円前後を推移しています。

ZAIFトークンは今のところ非常に価値が低く、今後高くなる見込みがあるかどうかというと微妙なところです。ただ、将来的にZAIFトークンが社会に浸透し、広まるようになると、価値が高騰するかもしれません。

仮想通貨のトークンとの違いは?どちらも仮想通貨だと判断して問題ない?

仮想通貨とトークンとの違いは何なのかというと、正直に言えばほとんど違いはないと言っても過言ではありません。
技術的なことはともかく、仮想通貨を対象に投機をするだけであれば、トークンとは仮想通貨の一種だと考えておけば特に問題はないです。

なにより、現状のところトークンとは何かついて明確に定義されていません。あえて言うなら代替貨幣という表現がぴったりであり、仮想通貨の一種のようなものだと考えるのがもっとも妥当です。
あえて技術的なことをいうのであれば、イーサリアムやリップルなどの仮想通貨は、ブロックチェーン技術そのものが独自であり、他とは違います。

その一方で、トークンの場合、既に存在しているブロックチェーン技術を使って発行します。
オリジナルが仮想通貨ならば、トークンは二次創作だと考えるとしっくりくるかもしれません。

さらに違いをあげると、仮想通貨は発行枚数が決まっているのに対し、トークンは決まっておらず、開発元がいくらでも供給量を操作できるなどの違いがあります。このような違いがあるため、トークンは株式と似ているなどと言われています。

ZAIFトークンを購入できる場所はzaifだけ!その価値とは?

Zaifといえば日本でも有数の仮想通貨取引所です。

ZAIFトークンを購入できる取引所は、その開発元でであるZaifだけとなります。
そのため、ZAIFトークンの価値とは言ってみれば、Zaifという仮想通貨取引所の価値と言い換えても良いかもしれません。

Zaifを利用するにあたってZAIFトークンを保有しないといけないなどの制約は特にないため、保有している人はほとんどいないようです。そのため、ZAIFトークンの価値は現在非常に低い水準となっています。

ただ、Zaifでは時折ZAIFトークンを絡めたキャンペーンを行うなど、ZAIFトークンの保有者を優遇する措置を講じることが度々あります。特に費用がかかるものではないため、持っておいた方がZaifを利用するにあたり、何かとお得かもしれません。

ZAIFトークンの使い道とは?Zaif以外での利用場面はほとんどなし!

ビットコインというと投機対象というイメージが強いかもしれません。
確かにここ最近の値動きに注目し、投機目的でビットコインを購入する人は多くいることでしょう。
しかし、ビットコインに限らず、仮想通貨には決済手段としての機能があり、実社会で使用することが可能です。

既にビットコインは様々な分野で決済手段として用いられるようになるばかりか、ビットコインに対応しているデビットカードまで登場しつつあります。
決済手段として社会に定着するようになることで、ビットコインの価値は今後安定することでしょう。
それは他のアルトコインも同様で、イーサリアムやライトコインのような有名な仮想通貨ともなると投資以外の分野でも使われるようになっており、その価値を高めています。

では、Zaifが発行しているZAIFトークンはどうなのでしょう?投資以外の分野でも利用されているのでしょうか?

投資以外でも使い方がある?ZAIFトークンはCOMSA狙いの人にオススメ

ZAIFトークンは何に使えるのか?Zaif経由でCMSトークンをお得に購入できる!
ZAIFトークンといえばZaifを運営しているテックビューロが発行している仮想通貨のことで、Zaifで取り扱われています。もしもZAIFトークンを購入したいのであれば、Zaifを利用することになるのでしょう。

そんなZAIFトークンについてですが、現状のところ、使い方に関して言うとほとんどないといっても過言ではありません。
ZAIFトークンを購入する人というと、ほとんどが投機目的か、ゲーム感覚で購入している人くらいでしょう。
ZAIFトークンは他のアルトコインと違って利用する場面が少なく、知名度が高いわけでもないため、ZAIFトークン対応のデビットカードなども無いでしょう。

仮想通貨はよく株と似ていると言われます。
確かに、人気の高い仮想通貨は価格が上昇しやすく、似ているかもしれません。ただ、仮想通貨には優待や配当金はないため、長期間にわたって保有したところでインカムゲインを狙えません。

なにより、発行元であるZaifそのものがZAIFトークンをどうしたいのかが今のところよくわからず、方向性が掴みづらいため、今後価値が上昇するかどうかは未知数となります。
ただ、Zaif側で使い道を模索しているようで、様々な場面でZAIFトークン関連のキャンペーンを実施しています。

どんな使い道があるのか?COMSAトークンセールで利用可能

ZAIFトークンは使い道がほとんどない仮想通貨ということもあってか注目度が低く、かつては1ZAIFトークンあたりの価値は0.1円前後だったのですが、COMSAトークンセールのキャンペーンに活用することで注目され、一時は2円以上の価値をマークしたことがあります。

Zaifは2017年8月にCOMSAトークンセールを大々的に行ったのですが、その時にZAIFトークンが注目されたのです。
その時の内容というと、まずZAIFトークンでCMSトークンを合計で3000CMS以上購入すると、2%分のCMSトークンがボーナスとして付与されるというもので、CMSトークン狙いの投資家がこれを機にZaif経由で大量のZAIFトークンを購入したと思われます。

実際、その動きを反映するかのように、この時のZAIFトークンは急激に値上がりし、過去最高額を記録したほどです。
他にも、ZAIFトークンの保有者ランキングの上位300名に対して100CMSトークンをプレゼントするなど、COMSA関連のキャンペーンを打ち出すにあたり、ZAIFトークンが絡んで登場する機会が多いです。

このようにZAIFトークンそのものには使い道はないのですが、保有しているとCMSトークンを多めに貰えるなどの特典があるだけに、COMSAを狙っている投資家にほど、ZAIFトークンはメリットがあるのでしょう。

ZAIFトークンを購入するにはZaifにアカウント登録をする必要がある!

仮想通貨を入手する方法は複数ありますが、マイニングなどの方法に頼らずに入手する方法となると、取引所を通じて購入するというやり方がもっとも一般的です。

取引所にアカウント登録をし、口座を開設すると、そこを通じてビットコインなどの仮想通貨を取引することが出来るようになります。
ただ、銀行口座にあるお金を使っていきなり取引をすることはできず、まず先に取引所の口座に入金をする必要があります。

例えば、ビットコインの価格が1コインあたり70万円だとした場合、1コイン購入するにあたり70万円必要です。取引所の口座には最低でも70万円以上入金しないといけません。

口座に必要十分なお金があるのであれば、あとは注文をするだけです。注文が成立すれば、その時々のレートに合わせて仮想通貨を購入できます。
それはZAIFトークンも同様なのですが、ZAIFトークンを取り扱っている取引所というとZaifとなりますので、購入の際にはまずZaifの口座を開設しましょう。

ZAIFトークンを購入するにはZAIFの口座が必要!開設まで日数がかかるので注意!

ZAIFトークンを購入するにあたり、まずはZaifの口座を開設しましょう。
Zaifの口座を開設するにあたり、手続きとしてWEBサイトにアクセスします。

次に、アカウント登録の作業を始めます。登録をするにあたり、メールアドレスなどの個人情報を入力します。
手続きをするにあたり、本人確認の作業を行いますので、必ず運転免許証などの本人確認書類を用意しておきましょう。

本人確認の作業が終了したら、いよいよアカウント登録の作業は終了し、口座開設となります。
あとは入金が確認され次第、ZAIFトークンを購入できます。

申込から口座開設、さらに入金までの時間はそれなりに長く、場合によっては数日かかるかもしれません。
そのため、できるだけ早めに取引したいのであれば、前もって手続きしましょう。

ZAIFトークンの買い方取引画面でZAIFトークンを購入!

ZAIFトークンを購入するにあたり、Zaifの取引画面にアクセスします。
特にレートなどに拘りがないのであれば、成行注文することで、すぐにでも購入することができます。

ただし、購入する際には仮想通貨ペアに注意しましょう。
もしも通貨ペアを間違えると、違う仮想通貨を購入してしまったり、日本円で購入するつもりがビットコインで購入してしまったなどのトラブルに見舞われる恐れがあります。

>>もっとZaifについて知りたい方はコチラへ

さらに、注文をする際には1ZAIFあたりの価格、買いたい量などを指定します。
問題がなければ買い注文をし、約定を待ちます。
特定の価格帯で購入したい場合は、指値注文が便利です。

ZAIFトークンの購入から注文までの流れ!指値注文が便利!

ビットコインなどの仮想通貨に限らず、株にしろ法定通貨にしろ、価格が上昇すると思うのであれば買い注文、下がると思うのであれば売り注文をします。

ZAIFトークンであってもその原則に違いはありません。
ただし、ZAIFトークンは現在、非常に価格が安く、お金の動きに敏感に反応します。成行注文をすると、本来の意図とは全く異なる注文結果になる恐れがあるため、注意しましょう。
ZAIFトークンを相手に取引をするのであれば、成行は避けた方が賢明です。

というのも、現在のZAIFトークンの価格というと、1トークンあたり0.4円前後なのですが、成行の気配値を見ると、売りの気配値が高く、タイミングを間違えると想定しているよりも高い値段で買ってしまう恐れがあるからです。
気配値というのは買い方もしくは売り方がそれぞれが希望する指値のことです。成行で注文をすると、この気配値に合わせて約定が成立しまうため、想定とは異なるレートでZAIFトークンを購入してしまうかもしれません。

成行注文は値段に拘らずにすぐに購入できるというメリットがありますが、その結果として不利なレートで約定されるリスクがあります。注文する際には気配値をよく読み取ってからの方が良いでしょう。

成行にしろ指値にしろ、注文をし、約定を果たせば、ZAIFトークンを購入することが出来ます。そのZAIFトークンを売却したい場合は、今後は売り注文を出せば良いです。できるだけ高値で売りたいのであれば、指値注文で、買い注文時のレートよりも高い価格を設定しておくと良いでしょう。

ZaifならZAIFトークンをクリック一つで売買が可能!他の仮想通貨も同じ

ZAIFトークンに限った話ではありませんが、Zaifで取引をすると、クリック一つですぐに仮想通貨の売買が行えます。
それぞれの価格と、注文方法、売買の量を指定すれば、後は好きなタイミングで注文をクリックするだけとなります。一旦注文をすると、すぐに約定を果たしてしまうため、注文の際には本当にこれで良いのか、よく確認しておきましょう。

さらに、注文をする前にZaifに入金しておきましょう。いくらZAIFトークンを購入したくても、取引所の口座にお金がないのであれば、取引できません。
口座を開設し、入金し、そしてZAIFトークンが値上がりそうな気配があるのであれば、まさに買い時と言えるでしょう。

ZAIFトークンの入金方法は?Zaifのアカウントへ入金してから購入

ビットコインの高騰により仮想通貨のブームに火がついているのですが、そもそも仮想通貨はどうやって購入すれば良いのでしょう?
もっともスタンダードな購入方法というと、取引所で購入するという方法があります。
取引所で購入するためにはまず取引所にアカウント登録をし、そのあとに取引所に入金をします。その入金した金額の範囲内に合わせて、各種仮想通貨を購入することが出来ます。

そのため、仮想通貨を購入するにはまず取引所の登録と、仮想通貨を購入できるだけの現金が必要となります。
手続きそのものはとても簡単なのですが、取引所の登録に日数がかかるため、買い時に買いたいのであれば、早めに取引所に登録し、いつでも購入できるように準備しておいた方が良いでしょう。

さらに、取引所といってもすべての仮想通貨に対応しているわけではりません。
取引所によってはメジャーな仮想通貨しか取り扱っていないケースもあります。

例えば、ZAIFトークンなどがまさにそれです。ZAIFはZaifを運営しているテックビューロ株式会社が発行している独自トークンということもあってか、取り扱っている取引所はZaifとなります。
そのため、ZAIFトークンを購入したいのであれば、同時にZaifにアカウント登録をし、入金の手続きを済ませる必要があります。

ZAIFトークンの入金方法とは?Zaifで取引が可能

ZAIFトークンを購入するにあたり、まず現金が必要となります。
例えば、現在のZAIFトークンのレートが1トークンあたり0.4円とした場合、10ZAIFトークン購入したいのであれば、4円必要となります。
購入に必要な資金が既にZaifのアカウントに入金されているのであれば、あとは必要な分だけ購入すれば事足ります。

ZAIFトークンを購入するためには取引画面でBTC/JPYを選択し、「トークン」を指定します。
次に、ZAIF/JPYもしくはZAIF/BTCを指定し、成行注文もしくは指値注文などの注文方法を選び、注文します。その後、恙なく約定できれば、ZAIFトークンを必要量だけ購入できるでしょう。
幸いZAIFトークンは現在、とても安いため、それほどお金をかけずともトークンを大量に保有できるでしょう。

Zaifは日本円にも対応している?コンビニ入金やクレジットなどは利用できるのか?

仮想通貨の取引所の中には、銀行振込のみならず、コンビニ入金やクイック入金、さらにはクレジットカードでの入金にも対応している業者があります。

海外の業者となるとドルやユーロを中心に取引することになるのですが、国内の仮想通貨業者であれば基本的に日本円に対応しています。
そのため、国内業者を利用している範囲内であれば、日本人が仮想通貨取引をするにあたって困ることは少ないでしょう。

日本円に対応している業者を使用することで、日本円でビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨を購入することができます。
それはZaifトークンも同様です。
ただZaifトークンは他のメジャーな仮想通貨と違い、取り扱っている取引所がZaifぐらいのため、入金先としてはZaifに絞られます。

そんなZaifにはどのような入金方法があるのでしょう?

Zaifの入金方法とは?銀行振込以外にどんな入金方法が用意されている?

Zaifを利用するにあたり、日本円の対応力が気になるところですが、その点に関して言えば特に問題はないです。
Zaifは日本円で取引できる業者のため、日本人であっても恙なく仮想通貨取引を円で行えます。

ZAIFトークンは日本円で購入することが出来ますし、同時に売却すれば日本円にすることも可能です。売却したことで利益を得た後に出金の手続きを行えば、指定した銀行口座などに日本円を送金できます。

コンビニ入金、クイック入金、クレジットなどは対応しているのか?クレジットは要注意!

Zaifの入金方法は複数あります。
どのような入金方法があるのかというと、まず銀行振込、そしてコンビニ入金、さらにクイック入金もあります。

クイック入金があると、スピーディーに入金し、その結果を取引所のアカウントに反映させることができるため、今すぐ仮想通貨を購入したいという時ほど、役に立ちます。
なにより、クイック入金は毎日24時間対応しているため、銀行の営業時間に関係なく入金ができるなど、非常に利便性の高い入金方法です。

さらに、Zaifではペイジー入金や、クレジットカードでの仮想通貨の購入にも対応しているため、非常に便利です。
ただし、クレジットカードで購入できる対象はビットコインとモナーコインだけのようです。

そのため、クレジットカードで直接ZAIFトークンを購入することはできず、もしもクレジットカードで購入したい場合は間にビットコインを経由する形になります。

手数料は?Zaifは入出金や売買手数料に費用が発生するため注意が必要!

仮想通貨を購入するにあたり、様々な費用がかかります。
まず、仮想通貨を購入するための売買手数料が発生しますし、他にも取引所に入金をするための費用も発生します。

どのくらいの費用がかかるのかは取引所によって違いがあるため明言はできませんが、基本的にどこの取引所を使用しても確実に費用が発生するものです。
そのため、仮想通貨をできるだけ低コストで取引したいと考えるのであれば、できるだけ手数料が少ない取引所を選択した方が良いでしょう。

ただ、ZAIFトークンに関していえば、取り扱っている業者がZaifとなるため、取引にかかる費用はZaifに依存します。

ZAIFトークンの入金や出金にかかる金額とは?売買手数料は基本的にビットコイン払い

ZAIFトークンの出金にかかる手数料は基本的にビットコインをベースに計算されるため、ビットコインのレート次第ではかなり高額になる可能性があります。

ZAIFトークン
送金手数料 0.00420Btc
売買手数料 maker 0%
taker 0.1%
入金手数料 振込手数料
コンビニ入金
ページ―入金
3万円以下…486円
3万円以上…594円

購入したZAIFトークンの送受信方法!ZAIFトークンアドレス宛で送受信可能

仮想通貨を購入した時、悩まされることがあります。それは仮想通貨の保管場所です。
仮想通貨は法定通貨と違い、実体のないお金です。それだけに、オンライン上で保管をすると、不正ログインや不正アクセスをキッカケに大事な資産を盗まれてしまう危険があります。

一番安全なのはコールドウォレットと呼ばれる管理方法で、これは要するにネット環境に接続されていないパソコンなどに仮想通貨を保管する方法です。
いくらハッキングの天才といえど、ネットに接続されていないパソコンにまでは手だしできません。それだけに、ビットコインに限らず、仮想通貨を購入した際には安全性を鑑み、ネットに接続されていないパソコンなどに保管した方が良いです。

仮想通貨を大量に購入し、資産価値が増えたのであれば、オフラインのウォレットで保管しておいた方が、セキュリティ上は安全です。それはZaifトークンも同様なのですが、取引所で購入したZaifトークンはどうやって送受信すれば良いのでしょう?

そもそも送受信するときってどんな時?仮想通貨を安全に管理できる!

仮想通貨の保管場所というと、取引所か、もしくは自分が用意したウォレットの二種類に大別することができます。

単純に利便性を考えるのであれば、取引所に保管するのがもっとも簡単で、都合が良い保管方法です。
取引所に保管すれば、送受信の手間が要らず、取引したい時にすぐに使用できるため、仮想通貨を対象に取引している投資家ほど、取引所に仮想通貨を保管しています。

ただし取引所で仮想通貨を保管すると、様々なデメリットやリスクに見舞われます。
例えば、取引所にハッキングなどの不正な攻撃があった場合、保管しておいた仮想通貨を盗まれる恐れがあります。

基本的にどこの取引所も万が一に備えて安全対策を講じているものですが、メールアドレスが流出する事件が多発するなど、何かとサイバー犯罪が多い昨今、取引所だからといって必ずしも安全だとは言い難いです。

たとえハッキングに強い取引所だったとしても、そもそも会社そのものが破綻してしまうと、その余波で管理していた仮想通貨まで無くなってしまう恐れがあります。

仮想通貨は法定通貨と違い、いつ法律の規制に晒されて消えてしまうのかわからないものです。
将来性が見えづらく、大手だからといってこの先も安全に経営し続けられるとも限らないです。このように、仮想通貨を取り巻く環境はとても不安定なため、取引所にすべての仮想通貨を任せてしまう行為はとても危ういです。

万が一の事態に備えるのであれば、購入した仮想通貨は取引に使用する分を除き、オフラインのウォレットに保管した方が良いです。
ZAIFトークンに限らず、仮想通貨をオフラインウォレットに送信する理由というと、大部分の理由は安全性を確保するためでしょう。

ZAIFトークンの送受信方法!ZAIFトークン対応のウォレットへ送信

ZAIFトークンをZaifで購入した際、取引所以外の場所で保管するのであれば、ZAIFトークンに対応しているウォレットに送信する必要があります。

ZAIFトークンは、ZAIFトークンアドレス宛に送受信が可能なため、いくらでも送信できるのですが、ただ全てのウォレットに対応しているわけではないため注意しましょう。
ZAIFトークンをウォレットから受信する場合、まずZaifのアカウントより「トークン入出金」を選択します。次に入金用のアドレスを取得し、それを送信元で指定してください。すると、ZaifのアカウントへZAIFトークンを送信できます。

次にZaifよりウォレットに送信する場合、「トークン出金」を選択してください。
その後、「出金先アドレス」、「ZAIF出金金額」、「2段階認証トークン」などの空欄を指定し、「出金」をクリックすれば、ウォレットへと送信できます。

ZAIFトークンをZaifより出金する場合の手数料は基本的にビットコイン払いとなります。

ZAIFトークンの送受信での注意!ZAIFトークンを保管できるウォレットを選択!

銀行の送受金方法と違い、仮想通貨の送受信方法は特殊です。
慣れてしまえばそれほど難しくはないのですが、まだ送受信の経験が少ない人ともなると、様々な失敗を経験するかもしれません。
ただ、仮想通貨の送受信に関して言えば、多少の失敗をしたからといって致命的な問題が発生することは滅多にないです。失敗は少ないに越したことはありませんが、だからといって不必要に不安視せずとも大丈夫です。

ある程度の失敗を覚悟しつつも、とりあえずチャレンジしてみることをオススメします。
一旦送受信方法のやり方に慣れてしまえば、今後はスムーズに仮想通貨を送受信し、安全なオフラインウォレットで大事な資産を管理運用することができます。

ZAIFトークンを送受信するときの注意事項やポイント!アドレスは特にチェック!

ZAIFトークンを送受信する際の注意事項として、必ずアドレスをチェックし、間違いがないか確認しましょう。

もしも送信先のアドレスを間違えると、上手く送受信ができないばかりか、下手をすると知らない人のウォレットへ大事な資産を振り込んでしまう恐れがあります。
送受信の2つめの注意点として、送信先のウォレットを間違えないように注意しましょう。
ZAIFトークンはビットコインほどメジャーな仮想通貨ではないため、すべてのウォレットに対応しているわけではありません。ウォレットによっては、ZAIFトークンを取り扱っていないケースもあります。

そのため、ウォレットを選択する際にはZAIFトークンでも送受信ができるのか、事前に確認しておきましょう。

3つ目の注意点として、保有しているZAIFトークンをすべて送受信し、ウォレットに管理するのは控えた方が良いかもしれません。
なにしろZAIFトークンはZaifでしか利用場面がほとんどない仮想通貨です。
ウォレットに保管する意義というと、セキュリティの確保以外には特になく、ZAIFトークンを全額ウォレットに保管したところであまり利用者にメリットはないです。

それよりも、取引に必要な分は取引所に残し、いつでも運用できるように備えておいた方が良いでしょう。
特に、ZAIFトークンに関連したキャンペーンや特典が開催された時にすぐに使えるように、一定額以上のZAIFトークンは取引所にあった方がなにかと便利です。

うまく受け取れないときの対処法!万が一の場合はZaifに連絡

Zaifトークンの送受信をするにあたり、万が一うまく受け取れない時は、手続きに問題があるか、Zaifやウォレットなどの運営元に問題がある可能性があります。

手続きに問題がある場合は、一度最初から送受信の手続きをやり直した方が良いでしょう。
最初から再び送受信の手続きをやり直すことで、アドレスの間違いなどの不備を訂正することができます。
他にも、ネット環境の悪さが原因でうまく手続きできないのであれば、一度パソコンを再起動させるなどして、ネット環境を整えましょう。

Zaifやウォレットなどに問題がある場合、もはや利用者側では手に負えないため、運営元に相談しましょう。
Zaifにお問い合わせをすることで、抜本的に解決することができるでしょう。

マイナス手数料の取引所Zaif を解説!取扱通貨は12種類に

ただ、送受信といってもすぐに結果が反映されるとは限りません。
なかなか送受信が上手くいかないという時ほど、一度冷静になり、時間を置いてみましょう。時間が経過したことで送受信の結果がウォレットに反映されるかもしれません。

仮想通貨の豆知識!モバイル系のウォレットが便利でオススメ

仮想通貨を送受信するにあたり、ウォレットを用意することになるのですが、一体どんなウォレットがオススメなのでしょう。

ウォレットといってもそれぞれに特徴やメリット、デメリットが存在します。単純に保管をするだけであれば、セキュリティレベルの高いウォレットほど安心です。

ただし、利便性を考えるのであれば、スマホで利用できるような、モバイル系のウォレットが便利です。スマホで仮想通貨を管理すると、移動先でも仮想通貨をチェックし、状況に応じて取引することが出来ます。

特にデビットカード機能のあるウォレットともなると、外出先で決済も可能なだけに、とても役立ちます。
ZAIFトークンに対応しているウォレットの数はそれほど多くはありませんが、だからといって非対応のウォレットを見逃す必要はないでしょう。様々なウォレットを活用することで、仮想通貨の価値をさらに高めることができます。

オフラインウォレットに送信してZAIFトークンを安全に管理

ZAIFトークンはZaifで取引できる仮想通貨であり、その価値は時間の経過とともに上下に変動するものなのですが、それでも立派な資産です。
取引所に全額保管すると、いつハッキングなどの危険に晒され、盗まれるかわかりません。

それだけに、ZAIFトークンを大量に購入した際には、安全性を確保するためにも、取引分のトークンだけを残し、大部分のZAIFトークンはオフラインウォレットに送信しておきましょう。

送受信の手続きそのものはとても簡単です。一旦やり方さえ習得してしまえば今後、購入したZAIFトークンを素早く送受信し、安全に管理することができます。

ZAIFトークンの価値が上がっている!仮想通貨ブームの影響か?

仮想通貨というとビットコインが有名で、世界中の投資家から現在注目を集めています。
ビットコインの価格は今年に入って大きく上昇しており、一時こそ急落するなど危うい場面もありましたが、順調に価格を伸ばし、現在は1コインあたり70万円台を推移しています。

ビットコインが今後上昇するかどうかは定かではありません。
もしかしたら今後高騰するかもしれませんし、暴落する可能性もあります。ただ、ビットコインが躍進を遂げることで、今まで仮想通貨に興味がなかった人たちも無視できない状況になっています。

最近では仮想通貨は投機だけでなく、実社会で使える決済手段としても認知されるようになり、ますます今後の活躍が期待されています。
そんな飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集めているビットコインの影響もあってか、アルトコインの価格もにわかに上昇する気配を見せています。

ZAIFトークンもそんな仮想通貨の世界において注目を集めている仮想通貨の一つです。

ZAIFトークンの価値が上がってきている理由は?決済手段として認知されたから

ZAIFトークンは仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ株式会社が発行している仮想通貨のことで、主にZaifで取引が可能です。

テックビューロは株式会社ですが非上場の企業のため、Zaifトークンとはいってみればテックビューロの株式の役割を果たしているのかもしれません。
それだけに、テックビューロの会社としての業績とZAIFトークンの動きは連動しやすく、購入する際にはチャートの動きのみならず、テックビューロという会社の動向も見ておいた方が良いでしょう。

ただ、株式と違い、仮想通貨は購入したところで配当金も株主優待もありません。
ZAIFトークンはビットコインのような知名度もなく、ショッピングなどの決済手段としても使えないため、購入してみたものの、投資家から不安視されるあまり、一時は価格が大幅に下落した過去があります。

なにより株式と違い、仮想通貨は発行権限が発行者にあるため、いくらでも価格操作が可能です。
投資家からの信用が低いうちは買われ難く、ZAIFトークンは発行した当初は上昇せず、それどころか大きく下落し、低迷していました。
ただその後、テックビューロの企業努力が功を奏したのか、徐々に価格が安定し始めます。ZAIFトークンが決済手段として使える場面が増えるにつれ、価格も上昇し始めました。

この事からわかるのは、いくら仮想通貨といえど、必ずしも価格が上昇するとは限らないということです。
上昇する見込みがある仮想通貨というと、実社会で決済手段として使用できる仮想通貨に限定されるのでしょう。

ZAIFトークンが今後も価格を上昇させることが出来るかどうかは、現実社会で使用できるかどうかに大きく依存することでしょう。
決済手段として使用できる場面が今後増えていけば、それに比例して価値も盛り上がる可能性が高いです。

ZAIFトークンをチャートで見る!ビットコインブームのおかげで高騰?

Zaifといえば仮想通貨取引所として有名です。仮想通貨を対象に取引をしている投資家の中にはZaifを利用し、ビットコインなどの取引をしている人もいることでしょう。

そんなZaifは仮想通貨取引所としての認知度が高く、仮想通貨ブームの盛り上がりもあってか、今後を期待されている仮想通貨業者でもあります。それだけに、Zaifを企業として応援したいのであれば、ZAIFトークンを購入すると良いかもしれません。
ZAIFトークンはZaifを運営しているテックビューロが発行している仮想通貨のため、テックビューロの業績に合わせて上昇する見込みが高いです。

なにより、現在のZaifトークンはビットコインなどと比べ、圧倒的に安いです。
1トークンあたりの価値は1円にも満たない価格のため、将来性を見込むのであれば、今はまさに買い時と言えるでしょう。

ただ、Zaifトークンは短期視点で見ると、なかなかエントリーの場面が掴みづらい傾向があります。
Zaifトークンを対象にデイトレードをするのであれば、1分足チャートや5分足チャートをチェックし、入念に価格の推移を見守った方が良いでしょう。

ZAIFトークンをチャートで見るときのポイントや見方!膠着時は要注意!

ZAIFトークンの2017年11月時点の価格というと、1トークンあたり0.5円以下の値段を推移しています。
もっとも、2017年8月前までは1トークンあたり0.1円にも満たない価格だっただけに、5倍以上の上昇を見せているとも判断できます。

ビットコインと比較すると、上昇率は低いかもしれません。ただ、株価や法定通貨と比較するのであれば、十分に高い値上がり率だと判断できます。
そんなZAIFトークンのチャートの動きですが、動く時はよく動くのですが、動かない時はまったく動かず、完全な膠着状態に陥ることがあるので注意しましょう。

例えば、2017年10月23日から10月28日のチャートを見ると、0.5円前後で膠着し、全く動く気配がありませんでした。
この時、もしかしたら今後ZAIFトークンの価格は上がるかもしれないと思って購入すると、その後の下落に巻き込まれて大損してしまったかもしれません。
仮想通貨に限った話ではありませんが、チャートが膠着状態に陥っている時は、エントリーしない方が良いでしょう。特にレバレッジ取引のような、ハイリスクハイリターンな取引をするのであれば尚更です。

ZAIFトークンのチャートを見る際には、まずレートは動いているのか、それともレンジ相場にハマっているのかを確認しましょう。
そして動いているのであれば、上昇しているのか、それとも下落しているのか、価格の推移を見守りましょう。

長期視点で見てZAIFトークンが下落していると思えるのであれば、購入は控えた方が良いです。その一方で、上昇のサインがあるようであれば、購入してみると良いかもしれません。

ちなみに、株価と違って仮想通貨は24時間取引が可能です。
さらに、法定通貨と違い、ロンドン市場やニューヨーク市場のような概念もないです。時間帯に関係なくランダムな動きをするので、この時間帯が動きやすいといったパターンを見つけることは難しいかもしれません。

他の取引所のチャートも併用した方がいいのか?他の仮想通貨の動きもチェック

2017年8月に、ZaifよりZAIFトークンはCOMSAトークンのICOにおける払い込みに利用できるというアナウンスがなされました。

それを受けて、2017年8月頃に大きく上昇し、一時は1トークンあたり2円以上の価値を付けたのですが、その後に急落し、現在では1円未満の価格を推移しています。
アルトコインというとビットコインの動きに連動して価格が変化することが多いのですが、ZAIFトークンに関していうとビットコインの値動きとは関係のない動きをする傾向が多そうです。

もしかしたら影響が及んでいるのかもしれませんが、現在のところ、ZAIFトークンの価格そのものが低すぎるせいで、動きがわかり辛い状態にあります。

ただ、大きな変化を除き、長い目で見ると、着々と価格は上昇しているように見受けられます。
思うに、ZAIFトークンは投機マネーの動きに連動して動きやすく、大きく買われて価格が上昇しても、すぐに売却されて元の価格へと戻ってしまうのかもしれません。

そのため、他の取引所を併用する場合、他の仮想通貨の動きもチェックすると良いでしょう。
他の仮想通貨のレートをチェックし、明らかに不自然な値動きが発生している時は、投機マネーが流入している可能性が高く、それに合わせてZAIFトークンのチャートも大きく動く可能性があります。

ZAIFトークンのチャートから見る値動きのサイン!大きなローソク足の出現に注意!

ZAIFトークンは一時的に高騰するも、すぐに急落することが多い仮想通貨です。
それだけに、上昇しているからといって迂闊に購入すると、その後の下落に巻き込まれて損失を発生させてしまいかねません。

そのため、投資をする際には長期的な視野を持っておいた方が良いかもしれません。
例えば、定期的に購入してナンピンをすると、上手にキャピタルゲインを狙えるかもしれません。現在のところ、ZAIFトークンの価格が1円を超えることは滅多にないだけに、もしも価格が1円を超えた際には注意して推移を見守った方が良いでしょう。

ZAIFトークンのチャートの特徴!注意すべきサインやシグナルはある?

ZAIFトークンの過去の値動きを見ると、基本的にレートが1円を上回ることはほとんどなく、平常時は1円未満の価格を推移しているという印象があります。
確かに一時的に1円以上の値動きを記録し、2円以上の価値をマークしたこともありますが、その後すぐに急落し、結果的に現在の価格へ戻っています。

ただ、現在でこそ大きく下落しましたが、それでも1年前の価格と比較すると上昇しています。
このような過去の動きから見るに、ZAIFトークンは1円以上の値動きが発生した際には注意した方が良いでしょう。

特に、短期的に高騰し、一気に1円台を突破するような場面というと、投機マネーが流入してきた恐れが高いため、高騰も一時的なものになりやすく、すぐに暴落する危険があります。

そのため、極端に長いローソク足が出現した時などは、投機マネーの動きを警戒した方が良いでしょう。
例えば、1時間足チャートをチェックし、今まで平坦な動きをしていたにも関わらず、突如1トークン1円以上まで価格が暴騰するような場面では、どれほどチャンスに見えたとしても、購入を控えた方が良いかもしれません。

下手に高騰した時にZAIFトークンを大量に購入し、その後の暴落に巻き込まれると、大損する恐れがあります。
そんなZAIFトークンの買うべきタイミングはいつになるのでしょう?

現在の価格で考えるのであれば、0.5円以下の時が安い水準となるだけに、買い時です。
反対に、0.5円を超えると、買われ過ぎかもしれないため、投資は控えた方が良いかもしれません。

もっとも、今後ZAIFトークンの注目度が集まり、決済手段として使えるようになると、仮想通貨としての価値が高まる可能性が高いです。そうなると、投機マネーに依存せずとも価格が1円台を突破することもあるでしょう。
現在のZAIFトークンの動きは果たして投機的な動きなのか、それとも投資としての動きなのか、購入する際にはZAIFトークンの実需筋からの価値を計算し、判断した方が良いです。

投機とは関係なく、純粋にZAIFトークンの価値が高まり、レートが上昇しているのであれば、チャートの動きに関係なく買い時の場面と言えるでしょう。

ZAIFトークンは長期投資家向きの仮想通貨?チャートから見る今後の動き

ZAIFトークンはテックビューロ株式会社の株価のような存在に近いかもしれません。
ただ、ZAIFトークンは株式ではないため、保有しても配当金や優待は貰えないです。
しかし、仮想通貨が人気を集めている昨今、ビットコイン以外のアルトコインにも注目が集まり、徐々に価値を形成しています。

ZAIFトークンもそれは同様なのですが、ただ他のアルトコインと比較すると、まだまだ価格は安い段階です。
このまま低迷し続けるかどうかは、テックビューロの経営努力次第でしょう。
テックビューロが経営努力を続け、ZAIFトークンを日常レベルでも使用できる決済手段へと昇華させることができれば、ZAIFトークンの価格はさらに上がる見込みが高いです。

ただ、そのような理想が現実になるまでは低いままでしょう。それだけに、将来を期待するのであれば、今の価格は非常に安価なだけに買い時かもしれません。
もっとも、1年かけて0.1円が0.5円になった程度の上昇率のため、ビットコインのような急激な高騰は狙えないでしょう。

一時的に上昇することもありますが、すぐに下落し、元の価格に戻ってしまうZAIFトークンは、短期投資には不向きかもしれません。
その一方で、長期視点で見ると、徐々に価格が上昇しているZAIFトークンは、長期的に見ると格好の投資対象かもしれません。
一年二年と時間をかけて値上がりを期待できる仮想通貨を探している長期投資家と相性が良いでしょう。

ZAIFトークンに将来性はある?CMSトークンの盛り上がり次第では可能性あり

COMSAといえば、株式投資のIPOと似ているとよく言われます。
Zaifといえば仮想通貨取引所として有名なのですが、その運営元のテックビューロの事業内容はなにも仮想通貨の取引だけではありません。他にも、プライベート・ブロックチェーンのmijinの開発と販売を行っています。

COMSAを活用すると、今までブロックチェーンと縁もゆかりなかった企業と、仮想通貨との関係を結び付け、相乗効果を狙うことができます。仮想通貨の売買と、プライベート・ブロックチェーンの販売と開発をしているテックビューロはこの相乗効果を狙っているのでしょう。

これからICOを実施したい企業にテックビューロのmijinを使用してもらいつつ、さらに企業トークンを購入するのに必要なCMSトークンを、Zaifが発行しているZAIFトークンで購入するという仕組みを作り上げることができれば、ZAIFトークンの価値は否応なしに上がることでしょう。

まさに、ZAIFトークンの価値は、COMSAと連動しているといっても過言ではないのかもしれません。

ZAIFトークンの過去の動きをチェック!COMSAの動きと連動

ZAIFトークンは発行された当初は、使い道が全くないということもあり、ほとんど無価値も同然でした。
その傾向は過去のチャートを見ると顕著に表れています。

発行された当初は注目度もあったのか、5円以上の価値をマークしていたのですが、その後に使い道の無さなど、失望感が出たのか、暴落し続け、一時は0.1円台まで下落しました。
ただ、その後に行われたZaifのCOMSAトークンセールの動きに合わせて高騰し、2017年の8月には一時2.4円以上まで高騰しました。

COMSAを購入するためには本来、ビットコインなどの仮想通貨が必要となるのですが、ZAIFトークンで購入すると、ビットコインで購入する以上のCOMSAが手に入るということで、注目を集めたようです。

COMSAを購入するためにZAIFトークンを購入するというお金の流れが生じることで、一旦はZAIFトークンの価値は高騰しましたが、その後に再び急落し、現在では1ZAIFトークンあたり0.5円前後の動きを推移しています。

過去の動きを見るに、ZAIFトークンは実需に関して言うとほとんどなく、投機の動きに影響されやすいのかもしれません。

ZAIFトークンの現在の価値は?1ZAIFトークンは0.5円

ZAIFトークンの2017年11月時点の価値というと、1ZAIFトークンあたり0.5円前後で推移しており、たまに高騰して1円を超えることがある程度です。
ただ、1円を超えたとしても、そこにレジスタンスラインがあるのか、すぐに動きは反転し、急落するという場面が目立ちます。

反対にサポートラインに関して言うと、0.3円前後で反発しているようで、現在のレートを参考に購入を考えるのであれば0.3円から0.4円前後で買うと、キャピタルゲインを狙えるかもしれません。
2017年8月に行われたCOMSAトークンセール以降、大きな高騰はほとんどなく、低迷している状況が続いています。現在もそれは同様で、1日あたりの値動きの幅というと0.1円前後程度となります。

もしもZAIFトークンを対象にデイトレードやスキャルピングをするのであれば、利確の幅は0.1円未満に設定した方が良いかもしれません。

将来性はどうか?ZAIFトークンが値上がりするかどうかはCOMSA次第?

ZAIFトークンに将来性があるかどうかは、今後次第と言えるでしょう。
今後COMSAの人気が高まりつつ、同時にZAIFトークンでCOMSAを購入すると様々なメリットが付くというのであれば、ZAIFトークンの人気が高まり、価値が上がる可能性はあります。
いってみれば現状のところ、ZAIFトークンの価値が上がるかどうかは、今後のCOMSAの人気次第でしょう。
ただ、COMSAの人気が高くなったからといって、必ずしもZAIFトークンの人気が出るとは限りません。

なにしろ、2017年8月のキャンペーンを開催した時ですら、最高で2円を突破する程度で、それ以上の上昇は見込めませんでした。
ZAIFトークンが今後、安定した価値を実現させるためには、COMSA以外の利用用途や使い道を増やす必要があるかもしれません。

ZAIFトークンだけで見ると使い道はほとんどなし!チャートで見ると価値は上昇中?

ZAIFトークンは現状のところ、ビットコインのようにショッピングなどで使用することができず、決済手段としての価値はほとんどない状態です。使い道というと、たまにZAIFで行われるキャンペーンぐらいでしょう。

ただ、そのキャンペーンの内容次第では、今後注目される可能性が高いです。
例えば、ZAIFトークンでCOMSAトークンを購入すると、通常以上のCOMSAが手に入るというのであれば、ZAIFトークンを使いたがる人も増えることでしょう。
実際、そのような狙いもあってか、長期視点で見るとZAIFトークンの価格は若干ですが上昇しています。

2017年8月前までの価格というと、1ZAIFトークンあたりの価値は0.1円前後だったのですが、現在では0.5円前後を推移しており、高くなっています。
今でこそ使い道はほとんどありませんが、今後使い道が増え、注目度が高まると、今よりも価値が上がるかもしれません。

結局どの取引所が良いの?仮想通貨取引の選び方&最新おすすめランキング

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-ビットコインの基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.