最新情報

ビットコインキャッシュはビットコインから派生し分裂した仮想通貨

ビットコインキャッシュはビットコインとは全く異なる

ビットコインキャッシュとは硬貨や紙幣などがない仮想の通貨で、ビットコインから分裂した新仮想通貨です。
現実の通貨である円やドル、ユーロなどの取引は金融機関を通して行いますが、仮想通貨は金融機関を通さない、取引所のみを通すというのが特徴です。

「マウントゴックス」は世界最大手のビットコイン取引所でありましたが、取引停止、その後破産という話は有名です。ビットコイン価格は一時的に暴落を経験していますが、数時間後には元の価格に戻るという展開になりました。

仮想通貨というとまだまだ馴染めない、怖い、危険と感じている人も多数いますが、仕組みと特徴を知れば必ずや楽しさを見出すことができることでしょう。
ビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生した新仮想通貨です。
未知の世界が繰り広げられる期待を胸に、今後も目が離せない仮想通貨となること間違いありません。

ビットコインキャッシュとは更なる価値向上のために誕生した仮想通貨

ビッドコインキャッシュとは一体何なのでしょうか。従来からあるビッドコインとは異なるものなのでしょうか。
ビットコインキャッシュとは2017年8月1日に誕生し、ビッドコインから派生した仮想通貨です。2017年8月1日、日本時間22時26分頃に分裂、誕生という歴史的な瞬間となりました。

ビッドコインが世界中で人気になったことにより、取引量が莫大に増え続けシステムの限界、取引スピードの減少、送金に遅れが発生するという事態が生じてしまいました。
そこで新しい仮想通貨ビットコインキャッシュの立ち上げということに至ったのです。
ビットコインキャッシュはビットコインの取引量を増加させ、さらに価値を高めるために生み出されたものであり、ビットコインとビットコインキャッシュ共に今後の発展に大いに期待が持てるといえるでしょう。

ビットコインが分裂して、2017年8月1日にビットコインキャッシュが誕生

ビットコインは現在、世界中で周知され注目を浴びている仮想通貨です。
その注目度が増していくのと平行してビットコインの取引量も日に日に増していき、結果、取引のスピードが落ちるという事態になってしまいました。また手数料も高騰しており、それらの問題を解決するため長い間話し合いが行われてきたという過程があります。

ビットコインの中核となるデータベースは、ブロックチェーン(分散型のネットワーク)であり中央集権ではありません。
そのため話し合いはまとまらず、2つの意見の対立という状態が続いていました。

ビットコインの開発にかかわった少数のエンジニアであるコア開発者と中国マイナー勢力のウ・ジハン氏を中心とする勢力です。2つの対立は収まることなく、結果ウ・ジハン氏が新しい仮想通貨ビットコインキャッシュを生み出したということになりました。
ウ・ジハン氏は2017年7月18日に新仮想通貨の立ちあげを宣言し、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンを分裂させたのです。これがビットコインキャッシュ誕生の由来です。

ビットコインの分裂は取引量を増加させるためであり、今後の価値をより高めるための手段であると説明する事ができます。

ビットコインキャッシュの特徴は取引量と防御対策と安全性の向上

まず、第一に取引量の増加です。
ビットコインの取引量は1MB(ひとつの取引上限)であるのに対し、ビットコインキャッシュは8MBへと8倍も拡張されています。
次に、ハッカーによる攻撃からの防御対策の向上です。
リプレイアタックと呼ばれる不正侵入からの防御対策です。暗証番号やパスワードを盗み取りそれを利用することでユーザー本人になりすます、パスワードが暗号化されていたとしても暗号化された後のデータ記録を利用するので問題なく複合できる、などという常習化への対策です。

そして、ハードウェアウォレットのセキュリティシステムの向上です。
現在、安全性と利便性とを兼ね備えた製品として、ハードウェアウォレットが世界中で使用されています。パソコンに直接接続が可能でありパスワードとバックアップコードの機能を併せ持つハードウェアウォレット(USD型ウォレット)、特にトレザーは世界100か国以上に普及しています。このウォレットなどの安全性を高める技術を向上させています。

ビットコインとビットコインキャッシュとの共通点や相違点の詳細

ビットコインとビットコインキャッシュの共通点は、仮想通貨という点であり基本的な機能に変わりはありません。
また、ビットコインとビットコインキャッシュの取引処理機能においては、処理参加者が両方に関わっているという点から仕様が似ていると言えます。
ただし、ビットコインとビットコインキャッシュは全く異なる仮想通貨である、という事は絶対に忘れてはなりません。相違点としては技術的な面が挙げられます。

ビットコインは、1MBというデータの容量範囲内での取引となっていました。
これは10分間に1MB以上の処理には対応できないことが理由です。
一方、ビットコインキャッシュは、より取引量を増やすため8MBへと拡張されています。今まで以上の大きな取引が可能となるので、流動性が増すことにつながると考えられます。

そして、開発者が異なるという点です。
ビットコインは、ビットコインの開発に関わった少数のエンジニアであるコア開発者により実用化されており、ビットコインキャッシュは中国マイナー勢力により実用化されています。

ビットコインとビットコインキャッシュの割り当てと相場、利益の詳細

ビットコインから2017年8月1日に分裂し派生したものが、ビットコインキャッシュです。ビットコインとビットコインキャッシュはどちらも仮想通貨であり、取引処理の仕様が似ているという類似通貨ではありますが、実際の関係性はどうなっているのでしょうか。

2017年8月1日の分裂以前にビットコインを所有していた人には、ビットコイン所有数と同数のビットコインキャッシュが割り当てられるという告示がありました。
分裂以前のビットコイン価格は30万円でしたが分裂後は22万円(1BTC)に大暴落、これを見越してショートポジションを積み上げ、カバーした人も存在します。
また、ビットコインと同数のビットコインキャッシュが割り当てられたことで、ビットコインキャッシュを無料で手にいれた、その分だけ利益が出たという人も存在しています。

ビットコインとビットコインキャッシュとの関係・割り当てと相場

ビットコインキャッシュが誕生することにより、2017年8月1日の分裂以前にビットコインを所有していた人は全員ビットコインキャッシュも所有することができるということです。ビットコインと同量のビッドコインキャッシュを自動的に手に入れることができると解釈することができます。

ただし、取引所によってはビットコインキャッシュを扱わないところも存在しています
大手取引所のBitfinexは一部のユーザーに対してビットコインキャッシュの割り当てには応じないと発表していました。
また、分裂直後にはビットコインの相場下落を見込む人も多数おり、分裂前には空売り(ショート)ポジションが積みあがっていたというのも事実です。その後、ショートカバーが入り買い戻され、利益につなげたという人も多数存在します。

分裂前に持っていたビットコインの割り当てによる利益

2017年8月1日まえにビットコインを所有していた人には、ビットコイン所有数と同数のビットコインキャッシュが割り当てられました。
つまり、例として10BTCのビットコインを所有していた人には、10BCHのビットコインキャッシュが割り当てられたということです。

1BTCが約30万円、10BTCは約300万円の所有になりますが、10BCH(約60万円)がプラスされたことにより合計360万円、60万円を無料で手に入れたことになります。

ビットコインキャッシュの動向と国内外取引所の詳細と対応、ウォレットの対応

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂したコインであり仮想通貨であることに変わりありませんが、全く異なるものという概念が必要です。
ビットコインを所有していた人は同量のビットコインキャッシュを受け取ることが可能になりましたが、これは取引所の対応により異なることがわかっています。

ビットコインやビットコインキャッシュの取引売買には、株やFXなどとの売買と同じように取引所が必要になります。
取引所は日本国内の取引所と海外の取引所とが存在し、それぞれが独自のルールで運営をしています。海外の取引所は英語サイトでのみ運営されているため日本国内の取引所の方が利用しやすいと思われます。

また、ビットコインキャッシュの取扱いについては取引所の発表を注視する必要があります。今後どのような展開になるのか、ビットコインキャッシュの取扱いについては目が離せません。

ビットコインキャッシュの動向と値動き、取引所により異なる価格

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインから派生、分裂しました。8月2日に取引が開始された新仮想通貨のビットコインキャッシュは、4日に急落し前日の終値と比べて約3割安の257.05ドル前後となりました。
これはコインマーケットの情報サイトによるものです。その後、ビットコインキャッシュは高騰し、現在では60000円くらいです。

日本の取引所では取引開始が遅れたため、2日時点では取引開始には至っていません。
ビットコインキャッシュを取り扱う取引所により価格は異なり、80000円を超えたところもあります。価格の差が大きすぎるというリスクが浮き彫りになっていますが、反面それ故に奥が深く楽しいということもできます。

ビットコインキャッシュに対応している国内業者主要3か所の動き

国内取引所は数か所存在しますが、なかでも主要な取引所はbitFlyercoincheckZaifの3か所です。

  • bitFlyer
  • ビットコインキャッシュの分裂を恒久的と判断しています。つまり、ビットコインの分裂は恒久的とbitFlyerが判断した場合にビットコインキャッシュが付与されることになり、実際ビットコインの誕生とほぼ同時にビットコインキャッシュが付与されています。

  • coincheck
  • 2017年8月1日のビットコインキャッシュ誕生に合わせてビットコインキャッシュが付与されました。ただし、現物のビットコインを所有している、レバレッジでロングポジションを所有している、貸仮想通貨サービスでビットコインを貸し出している人にのみ付与されています。それ以外の場合、ショートポジションの所有、信用取引でビットコインを借りている人には付与されていません。

  • Zaif
  • Zaif内所有のビットコインと同数のビットコインキャッシュ付与が決定されました。貸出しているビットコインにも付与されるため返済の義務が生じています。

ビットコインとビットコインキャッシュの入出金における各取引所の対応

国内主要取引所3か所、bitFlyer、coincheck、Zaifはそれぞれ、2017年8月1日の分裂、誕生の前後にどのような手段でこの事態を乗り切ったのでしょうか。

bitFlyer 8月1日午前10時頃に外部からbitFlyerへのビットコイン入金を停止し、8月2日12時頃に解除。
ビットコインキャッシュは、2017年8月9日に入出金が可能となった。
coincheck 8月1日午後8時よりビットコインの入出金を停止。
ビットコインキャッシュの入出金は8月7日にスタートし、取引においては8月14日が開始となった。
Zaif 8月1日の午前にビットコインの入出金を停止し、8月2日に入金のみ再開し、出金は8月4日に再開。
ビットコインキャッシュは、8月9日に取引が開始され、入出金の対応開始は8月22日。

海外取引所のビットコインキャッシュへの対応には差が出る

国内の取引所は、ほぼビットコインキャッシュをビットコインと同数を付与しており、取引も開始され売買されている状態です。
一方、海外の取引所におけるビットコインキャッシュの対応には差が出ています。

米国最大の取引所であるCoinbaseは対応しないと発表しています。世界最大級の取引所、国内利用者も多いのが特徴であるPoloniexは状況次第で判断するとのことです。ただし、ビットコインキャッシュの採用には、やや慎重な姿勢を読み取ることができます。欧州最大級のBitstampは対応しないと発表しています。

対応可能としている海外取引所は、香港のBitfinex、米国のKraken、韓国のbithumbなどです。
それぞれの取引所は独自の考えのもと対応に差が出ていますが、今後の展開は定かではありません。ツイッターやサイトをそれぞれ確認することが必要と言えるでしょう。

ウォレットの利用方法とウォレットそれぞれのビットコインキャッシュへの対応

仮想通貨を取り扱うウォレットは本人のビットコインアドレスを集約したものであり、ビットコインアドレスはビットコインを扱う為の口座のようなものです。
ウォレットには様々なサービスがありそれぞれ異なるサービスを展開していますが、基本的にはアドレスを複数所有するにあたり、それらを便利に管理することができるものです。

ビットコインキャッシュ対応のウォレットはいくつか存在しますが、ビットコインキャッシュはBitcoin ABCをもとにしています。そのためウォレット使用にはBitcoin ABCが一番難なく利用できると思われます。

ハードウェアウォレットのTrezor、Ledger、アンドロイド用モバイルウォレットCoinomiのみがビットコインキャッシュに対応しています。
現在未対応のウォレットが数多く存在していますが、今後対応の可能性があるもの、当面の対応はないというものなど様々です。

ビットコインキャッシュの将来性とリスクに注目・未知なる新仮想通貨の行方

誰もが考えること、それはビットコインキャッシュの今後、ビットコインキャッシュは価値があるのか、ということです。
仮想通貨という実態のない新仮想通貨が今後どのように世の中で価値を見出していくのか、期待と不安とが入り混じります。

世界中で一番注目を浴びている仮想通貨であるビットコインから派生した仮想通貨が、ビットコインキャッシュです。従来の1MBから8倍の8MBへと取引量は拡大しています。取引に流動性がでていることは間違いありません。
今後の価値、市場での位置づけ、どのような展開を繰り広げるのか、目を離すことなくじっくりと見定める必要があると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュの将来性、ビットコイン以上の取引量を持つ新仮想通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生、分裂した仮想通貨です。
ビットコインは最大1MBの取引しかできないためにシステムの上限に達してしまい、システムの遅れ、送金の遅れ、取引スピードの減少ということを招いてしまいました。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのマイナス面を克服した仮想通貨であるということができます。8MBという取引量の拡大、不正侵入からの防御対策強化、安全性の向上というビットコイン以上の特徴を設けています。
それがどのようなことなのか、価格が評価をしています。ビットコインキャッシュの高騰は、将来を期待させる値動きとも読み取ることができるのです。

ビットコインキャッシュのリスクは、現時点では未知の段階ということ

ビットコインキャッシュは新仮想通貨であり、ビットコインとは全く異なる通貨です。
ビットコインから派生、分裂した仮想通貨ではありますが、扱いはビットコインとは別に考える必要があります。
取引所は世界中に存在していますが、ビットコインキャッシュを扱わない取引所も多く存在しています。日本国内の取引所はほぼ対応していますが、海外の取引所では扱っていない、今後も扱う予定がないというところも少なくありません。

そのため、扱える取引所は限定されており、その範囲内で価値を高めていかなければなりません。
仮想通貨はビットコインやビットコインキャッシュ以外にも多数存在します。それらの中でビットコインキッシュがどれだけの価値を見出せるのか、まだまだ未知の段階であるという事はリスクにもなり得るということです。

ビットコインキャッシュはやりがいのある未知の世界への投資

ビットコインキャッシュはビットコインから派生し分裂した仮想通貨です。2017年8月1日にビットコインから分裂という歴史的な瞬間を遂げました。
ビットコインキャッシュの特徴は、8MBという取引量の拡大、不正侵入における防御対策強化、安全性の向上という点です、従来のビットコインとは異なる特徴であり、ビットコインよりも更に強化された仮想通貨ということができます。

取引所の制限などまだまだ不安定な要素は存在しますが、今後どのような展開を繰り広げるのか、市場での位置づけ、価値の見出し方など様々な期待を持つことができます。
取り扱い取引所の増加、取引の活発化、更なる価格上昇を今後も期待するとともに、現時点で仮想通貨のなかでも重要な位置づけであることは間違いないといえるでしょう。

将来の展開は楽しみであり、不安であり、だからこそやりがいのある未知の世界への投資と考えることができます。

-最新情報

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2017 AllRights Reserved.