仮想通貨の基礎知識

クアンタム(Qtum)の特徴や購入方法、将来性について徹底解説!

更新日:

クアンタム(Qtum)という仮想通貨があるのをご存知ですか?
一言で言えば「ビットコインとイーサリアムの良いとこどりをした通貨」であり、高いセキュリティ+スマートコントラクトの便利さを兼ね備えた通貨です。

ここでは、クアンタムの主な特徴や誕生からの経緯、購入方法や将来性などについて紹介しています。

クアンタム(Qtum)とは?ビットコインとイーサリアムを合わせた仮想通貨

クアンタムは2016年12月19日に発行されたプラットフォーム・仮想通貨のことで、通貨単位はQTUMです。
2018年1月17日時点の価格は1QTUM=3,200円前後で、時価総額は約2,300億円、時価総額ランキングでは20位前後に位置しています。

クアンタムは、ビットコインの高いセキュリティを保ちながら、イーサリアムのスマートコントラクトを可能としているなど、仮想通貨の代表格であるビットコインとイーサリアムの良い点を組み合わせた仮想通貨であり、それぞれの課題も解消しています。
承認システムはProof of Stakeを採用し、Account Abstraction Layer、UTXOモデルなど他にもさまざまな特徴も持っています。

ブロック生成時間もビットコインのおよそ5分の1である約2分です。まだまだ取り扱いが少ない仮想通貨ですが、注目度は高く多くの資金も集めています。

クアンタムの誕生からの経緯やICO、発行枚数上限など

クアンタムは、Patrick Dai氏率いるシンガポールのQtum財団により開発され、エンジニアチームが実用化に向けて動き、早くから注目を集めていました。

2017年3月16日にICOを開始し、ICOで調達した資金は今後4年間のQtum財団の開発費やマーケティング、管理・財務などに使用される予定です。

クアンタムは初期に1億QTUMを配布しましたが、そのうち51%(5,100万枚)がICOで買われています。
クアンタムは以前から注目されていたこともあり、ICOの前にもAnthony Di Iorio氏(EthereumやJaxxBlockchain Interfaceの設立者)やStar Xu氏(OkCoinのCEO)、Xiaolai Li氏(BitFund創設者)など、さまざまな支援者から資金調達を行っています。

クアンタムの発行上限枚数は1億Qtumで、発行上限に到達すると年に1%上昇するようになっています。

Qtum(クアンタム)
通貨単位 QTUM
公開日 2016年12月19日
発行上限枚数 1億QTUM(上限到達後は1%ずつ増加)
取引承認システム Proof of Stake
承認時間 承認時間約2分

クアンタムは公開されたまだ1年程度の通貨であり、ビットコインやイーサリアムよりも多めの発行上限枚数で、上限に到達すると打ち止めではなく1%ずつ増加する仕組みとなっています。
Proof of Stakeで承認時間は約2分とビットコインより速く、イーサリアムよりも遅めです。

気になるクアンタムの特徴とは?どんなプラットフォーム・通貨なのか?

クアンタムは仮想通貨時価総額1位・2位のビットコインとイーサリアムのいいとこどりをしたプラットフォーム・仮想通貨です。
ビットコインのブロックチェーンを活用した高いセキュリティとイーサリアムのスマートコントラクトを組み合わせています。そのため、決済だけでなく金融取引や保険などの取引にも使うことができます。

また、クアンタムはイーサリアムのように分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)の機能も備えていますので、さまざまなアプリケーションを実行することが可能ですし、他の技術への応用もできます。
ビットコインはスクリプト言語によりできることに限界があり、イーサリアムは便利ですがビットコインほど安定をしていません。

そこで、「ビットコインのメリット+イーサリアムのメリット」として開発された通貨がクアンタムです。

ビットコインとイーサリアムの特徴を活かすAccount Abstraction Layerを導入

クアンタムの特徴の1つにAccount Abstraction Layerの導入していることがあります。

アカウント抽象化レイヤーという意味を持ち、トランザクションシステムとブロックチェーンのシステムを階層で分けて仲立ちをします。

Account Abstraction Layerが、イーサリアムの仮想マシンとビットコインコアのUTXOモデルのブリッジの役割を果たすことで、それぞれが同じプラットフォーム上で動くことができます。

クアンタムは、Account Abstraction Layerを利用することで、ビットコインとイーサリアムの互いのメリット同士が邪魔し合わないようにし、高い機能を持つことができています。

UTXOモデルを採用。セキュリティも高くスピーディーな処理が可能

クアンタムはUTXOモデルを利用しているのも特徴です。
UTXOとはUnspent Transaction Outputの略で、日本語では未使用のトランザクションの出力と訳すことができます。UTXOモデルとは残高を計算する方法のことで、ブロックチェーンの二重送金リスクを解消するために採用されています。

UTXOでは、クアンタムをまとめて小切手として扱うため価格が変わりません。
1つのまとまり(小切手)となるので、金額の一部分や半分程度だけを途中で受け取ることもできませんので、高いセキュリティのもとやり取りが可能になります。

ウォレットで元々管理していたクアンタム(小切手)についても、使用済み・未使用のどちらかで判断されるなど、処理も簡単なため約2分で送金が可能です。

「ブロックチェーンの完成形」とも言える通貨クアンタム

クアンタムは、正にハイブリッド型ブロックチェーンであり、現時点でブロックチェーンの完成形とも言えるのではないでしょうか。
それくらい良いとこどりをして開発された通貨であり、拡張性のあるプラットフォームです。

クアンタムの値動き。700円前後から上昇し10,000円を超えるも1月に入って急落。

クアンタムの価格は公開直後は1QTUM=600〜700円前後で推移していました。
2017年7月には一時1,700円台に達しますが、8月にかけて400円台まで下落します。その後、9月には一時2,000円台に達し、10月〜12月初旬にかけて1,000円〜1,300円前後を推移します。

12月10日から価格が上昇し、15日には3,400円台、19日には7,600円台まで上昇します。
その後、6,000円台まで下落するものの1月6日に急騰して一時11,000円台に到達。
しかし、そこから急落しており1月18日時点で3,800〜4,000円前後まで価格が下げています。

日付 高値 安値
2017/07 10.54 3.92
2017/08 18.71 6.45
2017/09 18.10 7.38
2017/10 12.39 9.95
2017/11 15.46 9.61
2017/12 67.56 11.23
2018/01 100.22 36.02

12月10日からの上昇は、中国の大手仮想通貨取引所であるHuobiでクアンタムと米ドルのペアの取引がスタートしたことが大きな要因であると考えられています。
また、同月18日にはクアンタムのPatrick Dai氏が国連管轄フォーラムで登壇、そして、Twitterで25万ドルを献納したことも発表されました。

25万ドルはブロックチェーンに対応したIot技術のセキュリティを新しく開発・広めるために使われます。
1月に入っての値動きに関しては、クアンタムに限らずビットコインやイーサリアムなどほとんどの仮想通貨が急落しています。

韓国政府による取引所閉鎖が可能になる特別法制定の検討やドイツ連銀理事の世界規模での規制に関する発言など、世界的な規制強化の流れを市場が不安視して、投資家の売り注文が殺到したとみられています。

クアンタムの将来性とは?先の見通しは期待できるのか?

クアンタムは、WeChat Mini Apps上で仮想通貨が利用できるQuolaプロジェクトへの取り組みやビットコインとイーサリアムに強い影響を受けることから、非常に先の見通しが良いとも言われていました。

しかし、クアンタムは中国の規制や情勢に影響を受けやすい性質も持っていて、現在中国では仮想通貨取引所の閉鎖やICO禁止などの規制があるため、クアンタムや中国版イーサリアムと言われている仮想通貨NEOなどはその影響を受けています。

中国ICO全面禁止がビットコインに影響を与えるという噂は事実とはいえない?

クアンタムの創業者であるPatric Dai氏は中国の大手ECサイトであるアリババで、リード開発者として活躍した経験も持っており、中国とのパイプも持っています。
しかし、規制が緩和される目処は立っていませんので、まだ安心して投資できるような状況とは言い切れません。

クアンタムの購入方法。取り扱っているのは海外取引所のみ

現時点ではクアンタムを取り扱っているのは海外取引所のみで、国内取引所での取り扱いはありません。

海外取引所では、BittrexやYunbi、Liqui、Coinone、Binance、BTERなどで取り扱っています。
これらの海外取引所でクアンタムを取引するには、まず国内取引所で口座を開設をしてビットコインなどで送金しなければなりません。そのため、国内取引所の口座を持っていない人は、coincheckやbitflyer、Zaifなど、好きな国内取引所で口座開設をするところから始めましょう。

アカウント作成・口座開設は取引所のホームページからでき、必要書類の提出もアップロードで対応できます。
パソコンからだけでなくスマホからでも開設手続きができますので、先に国内取引所の口座を開設し、その後海外取引所で取引できる準備を進めていきます。

Binanceでクアンタムを購入する際の手順とは?

国内取引所の口座を開設した後は、海外取引所の口座開設をします。
ここでは、Binanceの手順に沿って紹介します。※Binanceの口座開設には「パスポート」か「運転免許証」が必要です。

1.メールアドレスとパスワードの登録
まずはBinanceの公式サイトで「アカウントを作成します」をクリックします。
メールアドレス、パスワードの入力画面が表示されるため、それぞれを入力して、利用規約確認やスライダーをドラッグしてパズルを合わせます。

2.メールURLから登録
登録したメールアドレスにメールが届きますので、本文にあるURLをクリックします。
表示される画面で「Verify Email」ボタンをクリックすれば口座開設・アカウント登録の完了です。

3.二段階認証
アカウント登録が完了したら二段階認証を設定しておきましょう。ログインをすると二段階認証を推奨するメッセージが表示されます。
「Google認証」をクリックして、認証コードなどを入力すれば設定が完了します。

4.本人確認書類提出
公式サイトの人型アイコンを選択して「ユーザーセンター」をクリックして、「身分認証完成」を選択します。
氏名や性別、国籍、パスポート番号、「身分証明書の表」「身分証明書の裏」「身分証明書と自身とサインが写っている」画像をアップロードします。

5.国内取引所でビットコインを買う
海外取引所の口座開設が完了したら、国内取引所で日本円でビットコインを購入します。

7.ビットコインを海外取引所口座へ送金
国内取引所で購入したビットコインを開設したBinanceの口座・ウォレットへ送金します。

8.Binanceでクアンタムを購入
ビットコインの送金が完了したら、Binanceでビットコインを使ってクアンタムを購入します。

これから伸びていくポテンシャルを十分に秘めている通貨

クアンタムはビットコインとイーサリアムの良いとこどりをした仮想通貨であり、公開当初から注目をされていた通貨です。
分散型アプリケーションプラットフォームの機能を備え、Account Abstraction Layerや UTXOモデルの採用もしており、ブロックチェーンの完成形とも一部では言われています。中国の規制の影響もありますが、これから伸びていくポテンシャルを秘めた通貨です。

年末〜年始にかけて急騰・急落していますが、これは他の主要通貨もそうであり、これからどう価格が動いていくかが見ものです。現時点で国内取引所での取り扱いはないため、取引する場合は海外取引所の口座を開設する必要がありますので注意しましょう。

興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

結局どの取引所が一番良いの?

編集部イチオシの仮想通貨取引所はここ!!
仮想通貨取引所はどれを選んでも一長一短で、自分の投資スタイルに合ったものを選ぶのがベスト。ですが、どのように選んでよいのかわからないですよね。

適当に選べば
  • 手数料が思ったより高い
  • 思った価格で注文が入らない
  • しょっちゅうサーバーダウンする
といったトラブルに見舞われ、「こんな業者選ばなきゃよかった…」と後悔する羽目になってしまいます。

取引所の特徴を8つの観点から比較しておすすめ順に紹介していますので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶようにしてみましょう。

-仮想通貨の基礎知識

Copyright© やさしいビットコイン入門講座 , 2018 AllRights Reserved.